きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

ブログとツイッターとの連携を諦めた話!ツイッター感想

なんかツイッターに

「更新しました!」

みたいなものだけでも表示したほうがいいかと思って。

 

f:id:totonototo:20181230162148j:plain

 

いろいろツイッターをいじったんですけど。

ロックされてました。

なので、諦めます。

 

なんかツイッターもアカウント乗っ取りとかあって。

厳しくなったのかな?

ツイッターとか、馬鹿ッターとか言われていますけど。

 

伊集院光も、いろいろなものを馬鹿にしていますけど。

自分がツイッターをしているからか、ツイッターは馬鹿にしませんよね。

もっとツイッターを馬鹿にしてもいいと思うんだけど…。

 

 

日本人はツイッターが好きですけど。

なんか自分はツイッターとか一時期やっていたら

【鬱ツイートばかり投稿していた】

ので、あわないような気がします。

 

かまってちゃんなんだと思います。

 

 

そもそもツイッターが

「いまなにしてる?」

とか聞いてきますけど。

 

なにもしていないから、ツイッターをしているわけで。

そんな無茶ぶりするなや。

 

 

 

日本人はツイッター好き?

日本人はツイッター好きだとされていますけど。

なんかそれはわかる気がします。

 

まぁすぐに飽きますけどね…。

 

 

ツイッターのおもしろいところは。

馴れ合いというかな。

そういうのがおもしろいわけですね。

 

 

今では死語になったのかもしれませんけど

「ずっともだよ!!」

みたいなものは、結構好きです。

 

お互いに

「ずっともだよ!」

「ずっともだよ!!」

と言い合うのは、なんか嫌いではないです。

微笑ましいです。

 

まぁすぐに飽きるのだと思いますけど。

自分はぶっちゃけ好きなので、ずっとそういうのやっていたいんですが。

 

これは逆にツイッター民がすぐに飽きるからダメなのかと。

自分はずっと

「ずっともだよ!!」

ってやっていたいのに、ツイッター民のほうがブームが過ぎれば飽きるでしょ。

 

 

 

 

自分がなにがしたいのかわからない

自分がツイッターをやって思ったことは

「なにしたいんだろ?」

と自分自身に思いました。

 

なんか、1つツイートすると。

そのツイートのフォローをしないといけなくなったりして、めんどくさかったです。

 

いや、だれも自分のことなんて気にしていないと思うんですが。

自分自身が、自分のツイートを気にしている

わけで。

 

なんか1人でツイートして。

1人でそのツイートのフォローっていうの?

いや、ツイッターのフォロー機能ではないですよ?

そんな機能があるとかないとか、聞いたことがありますけど。

自分はよくわかりません!!

 

 

でもツイッターって自分は結構昔からやっていた気がしますけど。

とにかくなんか、1人でツイートして。

そのツイートに

「あわわわわわ…」

となって、どんどんツイート数が増えたような。

 

というか昔はツイッターって文字制限があったでしょ。

今はないのかな?

なんかよくわからんわ。

 

 

 

 

ブームとかではなく、暇すぎるだけの話

ツイッターはブームとかではなく。

単に日本人は暇があるのだと思います。

 

いや、暇があるというか。

日本人は忙しいのが好きなので。

 

暇な時間をみつけては、ツイッターをして。

忙しいようになりたいのかと…。

 

 

暇を嫌い、忙しいのを好むのが日本人なので。

暇な人は、ツイッターをやって、時間をつぶすわけですね。

 

 

でもそれはツイッターは暇人がやっているとかではなく。

なんていうか、日本人はそういうなんでも暇があるからいろいろやるというかな。

それでしかないと思います。

 

 

よく日本人は、よく自分で命を絶つことをするとか言われていますけど。

それも暇な時間があるから、わるーいことを想像してしまうのかと…。

 

とにかく日本人は暇なことが嫌いというか。

暇な時間は不安にさせるのかと。

 

だから忙しいことを好み。

休日よりも、仕事のほうを好むのかもしれません。

 

日本人ってくだらないと思いますけど。

自分も日本人なわけで。

自分もそんな感じだと思っています。

 

平和を好んでいながら、実はどこかで悲劇を望んでいるというかな。

それが日本人だと思っています。

 

まぁ実際にひどい目にあったら、つらいんですけど。

平和すぎるので、ちょっとしたつらい経験ならしたがるわけですね。

登山とか、まさにそんな感じでしょ。

 

わざわざ危険な山に高齢者が登らんでもいいでしょ…。