きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

【投資】株で長期投資が正しいわけではない!短期の考えを持つ

株は短期でやることを

「投機」

なんて言われて、どちらかというとデメリットなイメージがありますが…。

 

f:id:totonototo:20181230213503j:plain

ぶっちゃけ、株は長期投資をはじめから考えるのはどうかと。

無理に長期投資する必要はなく。

 

投資っていうのは、勝ち逃げできるかどうかの勝負なので。

もし利益がでているのなら、そこで利確して短期でもいいと思っています。

 

 

大事なのは、利確できるか。

それとも損をして終わるのか。

これだけだと思っているので。

 

もし長期と考えて、利が出たのなら。

さっさと利確して、短期で終わらせるのもアリだと思っています。

 

 

 

 

 

大事なのは得をすること

 株で大事なのは得をすることであって。

 

まぁ人によっては、損をしても

「全力投資したことを後悔していません!」

っていう人もいますけど。

それは別にいいんです。

 

でも、変な話なんですけど。

利がでていて、儲けているのに

「全力投資したことを後悔していません!」

っていうのは、当然なんですよ。

だって、儲けているんだから。

そりゃそうですよね。

 

 

これは根本的に

【全力投資⇒やるべきではないこと】

そういうイメージがあるから、全力投資をやってあーだこーだになっているのかと。

 

でも全力投資をして、その結果利がでたのなら。

当たり前ですけど、後悔なんてするはずもなく。

全力投資が成功したわけで、普通に喜んでいいんです。

 

 

それと同じで短期投資…いわゆる投機でも。

利確できたのなら、それは成功したわけで。

喜んでいいんですよ。

 

無理して長期投資にこだわる必要なんてなく。

勝ち逃げすれば、もうそこで勝ちが確定なわけで。

それは1円でもそうなんです。

もしその後1万、10万になったとしても。

 

損をしていないのなら、それは勝ちってことですね。

 

 

 

 

 

株をやらない人が勝ちのパターン

 逆に株をやらない人が勝つパターンもあります。

 

それは株で損した人と比べると。

株をやっていない人のほうが勝ちなんですよね。

 

 

用は投資をやって、損をしているのなら

【投資をしなければ勝ちだった】

というわけで。

 

まぁ投資をした経験を得られた分をプラスに考えるのもアリですけど。

結果的には損になるわけですね。

 

 

 株で大儲けをしないと勝ちだと思っていない人は。

誰かと勝負している気がします。

 

でも投資なんてやっていない人もいるわけで。

投資をやらずに、大金持っている人もいるわけで。

そういうときに

「負けた」

とかは思わないでしょ。

 

 

でも、なぜか投資に限って言えば、他人と比べたくなるので。

それなりの利益がでないと満足できない人がいるわけで…。

 

株の長期投資っていうのは

「含み損があるから」

という状態だと思っています。

 

逆に現在含み益で、得をして終われるのなら。

そこで勝ち逃げすることもできるわけで。

その意識があるのかないのかだと思います。

 

まぁ結局言いたいことは

「含み益があって、迷ったのなら売れ!」

ってことです。

その後、その株がどんどん上がったとしても。

利確したのなら、もうそれは勝ちなんです。

 

 

売った株がその後どんどん上がっていくと

「くそー、売らなければよかった」

なんて思いますけど。

 

別に損しているわけでもないので。

勝ち逃げした時点で勝利だと思いますけどね…。

 

 

勝ち逃げしたのなら、もうその時点で。

後出しじゃんけんで

「俺は勝った!」

と言えるわけです。

どんなに少ない額でも、得をしたのなら勝った事実には変わりなく。

 

でも損したのなら、それは言えませんよね。

どんなに小さな損でも、損をしたのならその事実はあまり言いたくないことなので。

利食い千人力は絶対的に正しいと思っています。

 

 

まぁ銘柄選びさえ間違えなければ。

含み損がでていても余裕で保持できるわけですから…。

 

短期とか長期とか以前に。

その株についてとことん調べるべきなんでしょうねぇ。

 

購入した後に

「買わなければよかったな」

なんて思う株は結構ありますから。

 

やっぱり株っていうのは、基本大手企業の株のほうが安心感があります。

それは長期的に考えればどうにかなるってイメージがあるからかと…。

 

 

たとえば、自分の寿命と比べて。

ドコモやら、カルビーやら、三菱商事やら。

そういうところがなくなる可能性を考えると。

 

自分のほうが先に寿命が尽きる可能性のほうが高いと感じます。

自分がなくなった後も、そういった有名企業は続いていると思うんですよね。

 

まぁそういう企業の株を買っておけば。

いくら株価が下がって含み損になったとしても。

配当やら優待がでるのなら、一生それらを受け取って。

余命が短いと思ったときに損切りすれば、別にいいんじゃないかと思ったり。