きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

個人投資家の9割が負けるのはミスターマーケットに惑わされるからでは?詐欺にあう

ああああああああああああああああ!

個人投資家の9割が株で負けるというのなら。

それはミスターマーケットの影響が大きいのでは?

 

f:id:totonototo:20190115231753j:plain

 

ミスターマーケットというのは。

もちろん株価のことであって。

 

もし聞いたことがないのなら、グーグルで検索してみてください。

ミスターマーケットについて調べるだけで、かなり株に勝てるようになると思います。

あ、ブロガーの人じゃないですよ。

 

「バフェット ミスターマーケット」

で検索してみてね!

 

自分はこのミスターマーケットの話が大好きだったりします。

株価を見ないで、企業を見るってことね。

いや、当たり前なんですけど、それができないんですよねぇ。

 

 

じゃあ、それで負けるとするのなら。

投資で勝つためには

【株価をみない】

ってことなのかもしれません。

 

株価をみなければ勝つことができる?

たしかにその通りな気がします。

 

有名企業の株を購入して、放置すればどうにかなるのでは?

ということは、ネット取引になったからダメなのか?

 

実際株って放置というか、気絶投資していれば勝てるというか。

損切りした株も、損切りしなければいつかは値が戻ってくるものが多いんですが。

 

よくわからない企業の株になると無理じゃん。

だから、そういう企業の株を買わなければどうにかなる気がします。

 

 

 

 

 

 

上がっている株が魅力的に見える謎

 個人投資家が負けてしまうのは、おそらく

【企業ではなく株価を見ているから】

だと思います。

 

たとえば自分が株をやりはじめたときはJTは30万ぐらいだったかな。

でも1年前はJTは40万ぐらいだったんですよね。

あ、3000円と4000円ってことね。

 

でも、自分が株をやりはじめたときは、JTは約3000円で。

4000円なんて

「え?誰、そんな値段で買うの?」

って感じです。

 

でもそれは自分が現在のJTの株価が3000円が普通というか。

現在は2700円になっているから

「4000円で買うやつなんていないだろ」

ってなっていますけど。

 

4000円だったときは、まさか3000円になると思って購入している人はいないと思うので。

結局それは企業ではなく株価のほうに影響を受けているのかと…。

 

 

で、まぁ、個人投資家はもちろん高くなる株が欲しいので。

ぐんぐん上がっている株をほしくなるわけで。

実際上がっている株を買うっていうのは、さらに高くなるはずなんですが。

 

なんか個人投資家がその上がっている株を買うと。

一気に下がるっていうの?

そういうのがあるから、個人投資家って負けるような気がします。

 

 

用は個人投資家はババを押し付けられているっていうの?

メンタルがあーだこーだではなく。

誘導させられているところがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 損切りは早く、利食いは遅く

 一般的にネットでは、株のコツとして

「損切りは早く、利食いは遅く」

なんて言われています。

 

でもこれをやっていたら、利確はできず。

損切りばかりになってしまいます。

結果損ばかりが増えていきやめていくのかと…。

 

 

だから、こういう

「損は早く切る」

「利は伸ばす!」

とか言っている人は、おそらく初心者を負けるほうに誘導しているのかと…。

 

 

たぶんこれ、なんだろ。

うまい人は、そりゃー株価の適正値がわかっているから

「利を伸ばす」

とか言っていると思うんですが。

 

個人投資家が株で勝つためには

【とにかく勝ち逃げ】

だと自分は思っています。

 

損切りは知ったこっちゃありませんけど。

利食い千人力というように、コツコツでもいいから利確するのが大事だと思うんですけどね。

 

 

なぜか小さい利確はネガティブなイメージがあるから。

個人投資家は負けてしまうのかと…。

 

まぁコツコツドカンなんて言われていますけど。

ぶっちゃけ、株で買っている人なんてコツコツ利食いしているだけで。

単にドカンを食らっていないだけな気がします。

 

変な株を購入して損切りしなければ、ドカンなんてありえないわけで。

変な株を購入した時点で負けってことか。

 

 

 

 

 

有名企業の株だけでいい

 個人投資家の9割が負けてしまうのは。

よくわからない企業の株を買ってしまうからだと思います。

 

有名企業の株だけでいいんですよ。

そういう株が10倍とかにはならないと思いますが。

そういう株が10分の1になることもないと思います。

 

 

でも個人投資家はよくわからない企業の株を買うから。

そこで大損するのかと…。

 

有名企業の株を購入して。

後はだらだらと長期で保有すれば、利確も損切りもしていないわけで。

それなら配当をもらえる分、個人投資家は長生きすれば勝てるはずなわけで。

 

 

個人投資家の9割が負けているというのは。

損切りしないと負けではないというか、損は確定しないわけなので。

損切りが早すぎる可能性があるんじゃないかと思ったり…。

 

そもそも個人投資家の9割が負けて。

1割が勝ちなのか、知りませんけど。

横横ぐらいの人もいると思うので…。

 

個人投資家の9割が負けているっていうのは。

ミスターマーケットや、ネットの株ブロガーのダサい投資法に騙されて。

損切りさせられたからだと思います。

 

 

自分も2018年の12月25日には含み損が50万を超えたと思いますが。

現在は含み損が25万ぐらいかな。

半分ぐらいまで減りましたから…。

 

まぁ確定益は2万ぐらいなんですけど。

12月配当が2万ぐらい入ってくるはずなので…。

そう考えると、4万ぐらい増えているのかな。

 

 

やっぱり配当が偉大というか。

配当をもらうために株を買うって意識が低いような気がします。

 

株価が下がって

「あわわわわ、もっと下がりそうだから売らないと」

と思うのは、含み損を損と勘違いしているからな気がします。

 

含み損というのは

「もっと安く買えたのに!」

という悔しさというかな、そういうものだと思っています。

 

しかも買い増しすることもできるので。

含み損があるのなら、その株をもっと安く買うチャンスなわけですね。

 

 

まぁ、でも自分もわかりますけど。

100株以上買う気があまりないっていうのはわかりますけどねぇ。

安い株なら話は別ですけど。

 

10万以上する株になってくると、買い増しするのは結構勇気がいりますからね…。

 

 

個人投資家が株で負けるのは、別に頭が悪いからとか。

勉強不足だからとかではないと思います。

 

株で負けるのは、そういう負けパターンに誘導させられているからであって。

それは

「詐欺なんてあうやつは馬鹿だ」

と思っていても、実際にその場にいあわせると詐欺られてしまうっていうかな。

その恐ろしさを感じます。

 

 

結局株のチャートとかも【神の目】なんて言う人がいますけど。

その通りだと思います。

 

詐欺なんていうのも、詐欺られた後に

「詐欺だった」

と気づくわけで。

 

詐欺にあっているときに

「詐欺だ!」

と気づくほうが難しいわけですね…。

 

 

自分的には株っていうのは確定損がある程度でかくなるとわかると思うんですが。

「あれ?この損で株をいくつか買えたのでは?」

なんて気づいたりするんですよね。

 

 

たとえば、他の大損ブロガーが

「株で1000万損しました」

なんて言っていたとしたら。

 

そのお金があればJTであれば約3000株ぐらい買えたわけですよね。

100株30万ぐらいと考えて。

で、100株で年に1万円の配当がもらえるとするのなら。

 

 

もし1000万株で損をしたのなら。

3000株で年に30万もらえる権利があったわけで。

 

 

結局株っていうのは、そういう権利を買うって考えるべきかと。

で、損をするっていうのは、そういう権利を安く手放すことなので。

 

だから、損切りとかする時点でおかしいのに。

ネットでは

「損切りは早く!」

なんて言われているから、個人投資家の9割は勝てないというか。

 

これはある意味、個人投資家の9割は詐欺にひっかかると言えるのかもしれません。

いや、マジで。

 

自分も株をはじめて1週間ぐらいで4万ぐらい確定損がでましたからね。

いや、1週間で4万も損を出すってすごいわ。

年50週と考えて、200万の損を出すペースですからね…。

 

 

株っていうのは余裕資金で、有名企業の株を購入して。

含み損がでても、配当をもらって銀行以上の利息だと思えばいいのに。

 

なぜかその権利を安いところで手放してしまうから損がでるわけで。

個人投資家の9割はおそらく株というのを

「安く買って高く売る」

ってことだけを考えているのだと思います。

 

実際それは間違えではないんですが。

ネットであまりにも

「損切りは早く!」

なんて言われているから、どんどん確定損が増えてしまうのかと…。

 

そして含み損を見ていると、損切りしたくなるので。

個人投資家の9割は負けてしまうのかと。

 

 

だから株価というミスターマーケットに惑わされず。

損がでたのなら、そのお金で株を買い切ることができたと思えば。

損切りもしなくなってくると思うんですけどね。

 

損切りっていうのは株を手放すことですから。

利確っていうのも株を手放すことになるので。

 

株を持ちつつ、お金を増やす方法として配当&優待があるわけですね。

なのに多くの人は配当&優待の存在を知らないというかな。

そんなところからのスタートだから、負けてしまうのかと。