きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株投資は孤独にやらないとストレスが貯まる!うまい人と比べても落ち込むだけ

株をはじめるきっかけは、おそらく株で大金稼いだ人がいるからだと思うんです。

 

だから株っていうのは、どうしても他人と比べてしまうというか。

他人を考えて取引してしまうものだと思っています。

 

チャートを見ても、他人を考えてしまうわけです。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

たとえば利確した株があったとして。

その株を手放した後どんどん上がっていったとする。

 

それを見ると

「持っていればもっと稼げたのに!」

って思いますけど。

それは、他人を考えているからな気がします。

 

 

実際、株をやっていて思いますけど。

株を持つっていうのはリスクもあるわけで。

株を手放すっていうのは、そういうリスクから解放されたというわけでもあるわけで。

 

そう考えると、利確した株が上がっていったとしても。

それで悔しい思いをするのはおかしいと思うんですけどね。

 

 

 

 

 

他人と比べて落ち込むこと多し

 株をやっていると他人と比べて落ち込むことが多いです。

 

そして他人はとにかく

【うまくいったことを大声で叫ぶ】

ので、ついついそれを真似したくなりますけど。

なんかそれは違う気がします。

 

うまくいった人の周りには、たくさんの屍があるわけで。

世の中もそうですけど、生きている人は目にしますが。

生きていない人や、体を悪くした人は、目にしづらいので。

生きていることがあたりまえに感じます。

 

 

株も儲けている人が目につきやすいので

「儲けるのが当たり前!」

って気になりますけど。

 

その周りには多くの損した人も存在しているわけで。

それが見えていないというか、見えにくいので…。

どうしてもストレスが貯まってしまうんですよね。

 

 

 

 

 

 

実際に株をやってみて損するほうが普通

 実際に株をやってみて思うことは。

株って損することのほうが普通というか。

 

個人投資家の9割は損をしてやめていくって言いますけど。

実際自分も現在すべての株や投資を手じまいにすれば。

20万ほど損した状態で終えることになります。

 

たしかに一時期は勝ち逃げするチャンスもありましたけど。

そのチャンスを逃し、一時期は50万ぐらいの含み損もあった気がします。

なんか1日で10万ぐらい含み損が増えていった記憶が…。

 

 

なので、株って損する人も多いというか。

損する人が見えない世の中なゆえに、株投資は孤独にやらないといけないと思います。

 

ネットをみれば、多くの人が

「こんなに儲けました!」

とアピールしているものばかりです。

 

だから、損した人を見ても

「この人は才能がない」

と思って、自分とは別だと思いますが。

実際株投資なんていうのは、初心者は損する確率のほうが高いゲームだと思っています。

 

 

じゃあどうすればいいのかというと。

やっぱり孤独に株をやるってことだと思います。

 

がっぽがっぽ稼いだ人をうらやましく思うのは当然。

自分だって、チャートを見れば

「もっとうまくやる方法があった」

というのを感じてストレスを感じます。

 

でもそういうのも、やっぱり自分だけの孤独の点で見れば

【利確したのなら100%勝ち】

なんですよ。

 

逆に言えば

【損切りしたのなら100%負け】

なんです。

 

もちろん総合して、利益を出せばいいので。

利確を1回しかしなくて、損切り100回でも。

資産がプラスになっているのなら、それは勝ちだと言えます。

 

 

利確した後に、その株が上がっていても。

孤独に考えれば、それは悔しがる必要はなく。

利確した時点で、勝ちなわけですね。

そう思えないから、どうしてもストレスがたまってうまくいかないのかと…。

 

実際株で大儲けしている人も。

利確した後に、その株があがっていくことは何回もあったと思います。

 

でもそういうのが気にならないのは。

自分に絶対に自信があるからでは?

 

 

そもそも株ブログとかやっている時点で。

自分に自信がなければやらないと思うので。

そういう自分自身に自信を持つというかな。

もっと株投資は孤独に自分を誇ってやるべきなんだと思います。

そうしないと、取引にも不安がでてしまうのかと。

 

他人を気にせず、自信をもって取引すれば。

含み損も気にならないと思いますし。

失敗しても、反省して次につなげられると思います。