きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は優しい人は勝てない仕組み?人目を気にしていては厳しい

株は個人戦であって。

買いであっても、売りであっても、自分以外はみんな敵です。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

自分も好きな投資ブロガーさんとかはいますけど。

結局そういう人たちも投資をしているのなら、敵であるわけで。

 

どうやってその人たちより安く株を購入して。

その人たちに、高く株を売りつけるのかの勝負なわけです。

 

 

だからというわけではないですが。

株は優しい人は勝てない仕組みな気がします。

 

なぜなら優しい人は、自分もそうなりたいと思って。

無茶なことをする可能性が高いからかと。

 

 

うまく言えませんけど。

うまい人と同じ株を買うのはアリだと思います。

 

でも、それで100%成功するはずもなく。

すべて同じ銘柄を同じ値段で買えるはずもなく。

どうしても、いつかは萎えてしまうと感じます。

 

 

だからもし、投資がうまい人を見つけたのなら。

その人と同じ銘柄を100%安い価格で買うことで成功の道は見えてくると思います。

 

ただそうなると、それなりの資金量も必要となりますし。

結局無理があるってことに気づくと思います。

 

 

 

 

 

 

他人を気にしている時点で無理

 株を半年やって思うことは。

他人のことを気にしていては、投資は無理ってことです。

 

www.hatenyu.com

 

 株で勝つためには、他人がどうとかではなく。

自分がどうなのか、それがすべてだと思っています。

 

それにこだわることができるのなら

【確定損が出ていても、損ではない】

と思っています。

 

 

たとえばTVゲームとかも、エンディングに到達するのがすべてではないように。

本人が満足できればそれでいいと思います。

 

ゲームというのは人によっては

「チートをすれば初めから最強!」

とか

「最強セーブデータを使えばいいじゃん」

みたいな人もいますけど。

それでは楽しくないってところもありますよね。

 

 

投資を100%、損得として考えるのなら。

損が出ていることは負けなんだと思います。

 

でもそんなことをいえば、お金を使うことすべてが負けになってしまいます。

物を買うときに

「これを買ったらお金がなくなるから負け!」

とは思わないと思います。

 

ゲームセンターで格ゲーをやれば、勝ってもエンディングまで行けばゲームオーバーですし。

そうなると、100%負けのゲームとなってしまいます。

 

 

でも、他人を気にしていれば。

「利益がでていないのなら、損!」

となるわけで。

その思考になると、どうしても余裕がなくなってしまう気がします。

 

 

自分も株をいくつか損切りして、その株がさらに下がったりしていますけど。

一部の株は

「今後どうなるのだろう」

と気になったりしています。

 

そのぐらいなら、その株を買って。

そのゲームに参入したほうが、楽しめるんじゃないかと思ったりもしています。

 

 

他人を見れば、結局上がるのか下がるのか。

その一点だけを注視しているように感じるので。

 

 

あるブロガーは、どう考えても相場が悪いのに。

株を持ち続けて、他人が不思議がっているかもしれないけど

【その株を持たないことが気持ち悪い】

なんて言っていました。

 

それはポジポジ病なんて言われるのかもしれませんけど。

株を持つことをゲームとして楽しんでいるのかと思います。

それは他人の上がるのか下がるのかの価値観ではなく。

その企業がどうなるのかを楽しむゲームに参加したいってところが強いように感じます。

 

 

だから株っていうのは、損切りするときは

【その企業が嫌いで嫌いでどうしようもなくなったとき】

であって、そこまで嫌いではないのなら。

株をゲーム感覚で持ち続けるのもいいのかもしれません。

 

実際含み損が大きくなっても、その企業に対して好意的に見ている人も多いですし。

そう思うためには、他人を気にせず個人で株をやる意識を持たないと無理だと思います。

 

 

 

 

 

 

利益を上げることだけが勝ちではない

 もちろん一番の目的は利益を上げることだと思うんです。

 

でも、株をゲームだと思ったりすれば。

その株を持ち続けること自体が楽しいというか。

損失がでても、後悔しないことができると思います。

 

 

トルコリラでロスカットされた人も

「勉強代として納得します」

とか。

 

仮想通貨で大損した人も

「いい経験になりました」

なんて人もいるわけで。

 

 

もちろんそういうのを、損得で考えている人からしたら

「負け惜しみだろ」

と思う人も多いと思います。

 

でもそういうのが優しいというか、他人のことが気になっている人は勝てない理由だと思います。

 

もし個人で投資をやっているのなら

「損をしましたけど悔いはないです」

と言っているのなら、それはその人の中で間違いなく悔いがないというか。

本人がそう思っているのなら、そうとしか言いようがないわけです。

 

 

もちろん、そりゃお金は減るより増えるほうがうれしいので。

増えれば最高だったと思いますけど。

 

投資というのは、お金が減っても、それが100%の負けだとは言えないというか。

失敗しても、そこから反省して次に続ければいいと思います。

 

 

でも優しい人は、そういうのがどうしても見えないのかと。

それは他人のことを気にしすぎるから。

 

他人に合わせようとして。

自分の中での投資のポジションがわからなくなっているのかと…。

 

 

別にそれが悪いってわけではなく。

結局利益を得ないと満足できない人にとっては。

それはかなり分が悪いゲームだと思います。

 

でも

「損をしても楽しめたからいいや」

と思えるのなら、それは損をしてもある程度の額なら納得できるだけ。

有利になるわけで…。

 

 

でもそう思うためには、やっぱり個というかな。

孤独で自分だけにこだわらないといけないと思います。

じゃないと無理でしょ。

 

 

日本人は他人に合わせようとしますから。

株ブログとか見ていても、多くはがっぽがっぽ稼いでいるので。

「株で儲けないと意味がない!」

ってなりますけど。

 

それはやっぱり他人を気にしすぎだと思います。

じゃないと、さっきも言いましたけど。

物を買うときに

「お金を使うのは負け!」

って思考になってしまうかと…。

 

まぁ自分もほとんど稼いでいないので。

いつか稼いでいない投資ブロガーとかになりたいわ。

 

 

ただ、やっぱり投資は長期でやれば、いつかはプラスになると思っているので。

やっぱり健康が一番かな。

そういう点で、投資のことを考えるより。

自分の健康を考えることが大事だと思っています。

 

結局命が尽きれば、それらの株もその後どうなるのかわかりませんし。

そこでゲームオーバーなわけですから。

 

逆にいえば、株というのは今後もなくならないと思うので。

命が尽きなければ、永遠に参加できるゲームってことですね。

退場だけは避けなければ…。