きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

やはり株は後出しが絶対的に有利!欲しい株を我慢する難しさ!伊藤忠商事をナンピンできなかった不思議

株は後出しが有利なわけで。

欲しい株を我慢するのが大事だというのを感じました。

 

もちろん長期で見れば、結果的には株というのは上がっていくのだと思います。

なぜなら自分が売却した株の多くが、現在は売値より上に行っているからです。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

なので長期で見れば、気が付かないうちに

「あれ?こんなに上がっていたのか」

なんて株価になっているものが多いですが。

 

細かく見ていると、下げる日のほうが多いような…。

 

 

うまく言えませんけど。

買った株が含み損になるのはしょうがなく。

でも、気が付いたら大きく上がっているというかな。

 

よく株価は下がるときは豪快で。

上がるときはゆっくりなんて言われていますけど。

最近は上がるときも豪快な気がしますね。

 

 

 

 

 

 

欲しい株を我慢する

 欲しい株があっても我慢する。

これはなかなか難しいです。

 

欲しいっていうのは、今後上がると思っているわけで。

儲けられると思っている株を我慢するっていうのは難しいです。

 

 

でも、これはあれだ…。

日本株っていうのは下がるものだと思っているので…。

 

なんていうか。

我慢した人が勝てる気がします。

 

なんとなく買うチャンスを逃したとしても、またチャンスが来てくれるというか。

そういう不思議なところがあるような気がします。

 

 

日本株はなんだかんだ言われていますけど。

上がっていっている気がするんだけどなぁ。

だから不思議ですね。

 

一部の株だけが上がっているのか。

単に自分が底値で買えたのに、簡単に手放しているから。

上がったように思えているだけで、実際は安値だったというオチなのかな。

 

 

よくわかりませんけど。

2019年は上げ相場が続いているように見えますけど。

決算のたびに強引に下げられている様子を見ていると。

まだまだ下げ相場を続けたい人たちを感じるというかな。

 

決算の後に強引に売られる様子をちょくちょく見かけます。

だから、まぁ、あれだ。

 

良い決算を出したとしても、その後上がるとは限らないので。

焦る必要は現在はないのかと。

結局株を買わない人が勝ちなのかも。

 

 

 

 

 

買い物気分

 現在株を買うのなら、儲けるために買うのではなく。

一生保持する気持ちがあるのかどうかで買うべきだと思っています。

 

じゃないと好決算を出しても売られる理不尽な相場なので…。

長期で考えないと、かなり不利のように感じます。

 

 

しかも現在は、結構株価が上がった状態になっている気がするので。

ここから買いを入れるのは結構な勇気がいるような…。

 

ただ、まぁ、もしもう暴落がこないのだとすれば。

株価は上がっていきますから。

株を買わないのはチャンスを逃すことにもつながるので。

 

 

そう考えると、やっぱり本当に欲しい株だけを少しだけ買うっていうのがいいのかと。

自分的には12月25日は絶好の買い場でしたけど。

 

マブチモーターを買おうか迷って結局買いませんでした。

でも、マブチモーターを買わなかったことよりも。

今では伊藤忠商事をナンピンしなかったことをちょっと悔やんでいます。

 

 

それはまぁマブチモーターを買うっていうのは、当時でも3200円ぐらいだったから、できなくてもしょうがないことだと思うんですが。

 

自分は伊藤忠商事の株を持っていなかったときは、かなり欲しく感じていて。

2000円ぐらいで購入したんですよね。

それが12月25日は1750円ぐらいになったのかな。

 

持っていないときは、欲しい気持ちが強かったのに。

下がった時に安く買えなかったのが、ちょっと悔やまれるというかな…。

 

 

株っていうのはもっていないと欲しくなります。

でも持ってしまうと、欲しいという気持ちがなくなってしまうので…。

それは銘柄がたくさんあるから、ほかの銘柄に興味がでるからかもしれません。

 

それが悪いわけではないんですが。

伊藤忠商事を欲しがっていた気持ちがあったのに、安くなった時に買わなかったこと…。

それがなんか違和感を感じます。

 

たしかに結果的にはマブチモーターを買ったほうが、儲かっていたと思いますが。

どうせ早売りしたと思うので、権利をとって損切りして。

「配当もらったから結果的にプラス!」

で満足していたと思うので、別にいいんです。

 

ただ伊藤忠商事は一時期すごくほしかっただけに。

安くなった時に買う気持ちがまったくなかったこと。

これが反省すべきというか、違和感を感じています。

 

 

まぁもっと下がりそうな気がしていたのかと…。

実際12月25日が底だなんてわからないわけで。

 

むしろ損切りしなかっただけ、自分はよく耐えたのかも。

12月25日に損切りした個人投資家は結構多かったと思いますよ。