きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株投資は強気と弱気のときがある!調子がいいときもあれば、調子が悪いときもある!企業のホームページで「個人投資家の皆様へ」をチェックする

なんか株投資を半年ぐらいやって。

 

調子がいいときもあれば。

調子が悪いときもあるんです。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

もちろん上げ相場なら、調子が良いことが多く。

下げ相場なら調子が悪いことが多いんですが。

 

上げ相場でも調子が悪かったり。

下げ相場でも調子が悪かったりすることがあります。

 

 

現在はどうだろ。

ややテンション落ち気味って感じかな。

 

これは株っていうのは

【買い物(ショッピング)】

なわけで。

買い物をしたい気分のときもあれば、あまり買い物をする気分ではないときもあるのだと思います。

 

 

なので、株っていうのはよく、損得で語られますけど。

お買い物みたいな一面があって。

ぶっちゃけ株っていうのは、その権利を得ることができるわけですからね。

買い物みたいなもので、売ることはあまり考えなくていいような気もしています。

 

 

 

 

 

 

株をほしい欲求

 たとえば、タカラトミーの株なんかは。

配当利回りが低いですし、優待もトミカという。

自分はあまり興味がない優待だったりするんですけど。

 

でも、ゾイドが好きなので

「タカラトミーの株主になるかな」

みたいな、趣味要素でタカラトミーの株を欲しくなったりします。

まぁ一時期タカラトミーの株は買ったんですけどね。

すぐ売ってしまいました。

 

 

そういう

「その企業が好きだから」

っていう理由で株をほしくなったりするんです。

 

 

たとえば自分はアサヒ…ビールのほうね。

これは完璧自分の趣味で持っています。

 

別にビール好きとかではなく。

カルピス要素が好きなので保持しているわけです。

現在大きな含み損株になっていますけど。

 

もし買値に戻ってきても、売るのかどうかはかなり迷っています。

自分は含み損には耐えれても、含み益には耐えれないタイプなので…。

 

 

株っていうのはたしかにそういう銘柄に愛着を持つのは悪いことだとされていますけど。

株がほしいというか、株の強気なときというか、株が調子がいいときは。

そういう株をほしい欲求があるときであって。

 

そういうときについつい高値掴みをしてしまうというか。

我慢ができなかったりするわけですが。

 

それが結果的に悪い感じになったりすることは少ない気がします。

まぁどうかと思うんですけどね。

 

 

でもほかの株を購入しても、結局損する可能性があるのなら。

そういう自分が納得する企業の株を購入して、損したほうが納得はできますよね。

 

だから、好きな企業の株があって、その企業の株が欲しいと思っているときは。

結構株に対する調子がよかったりします。

 

 

 

 

 

 

株は買うと調子が落ちる

 当然、欲しかった株を購入すると。

株への欲求は満たされるわけで。

そこからは、含み損でも含み益でも耐えないといけなくなります。

 

含み益なら、耐える必要はないと思うかもしれませんが。

含み損のストレスよりも。

含み益が含み損になってしまう恐怖のほうがぞわぞわするので。

 

含み益のほうが、気になる人もいると思います。

 

 

欲しかった株でも、株を手にすると欲求は満たされるので。

そこからは

「売ろうかな」

なんて気になったりします。

 

まぁそりゃそうですよね。

なんとなくその企業が好きで、なんとなく買ったんだから。

その株を手にすると、満足して

「もういいや」

って気にもなります。

 

うまく言えませんけど。

買い物って全部そんなものでしょ。

 

欲しくて買っても、時間の経過とともに飽きて

「売ろう」

って思うというか。

新たに欲しいものができて、今持っているものがいまいちに感じたりします。

 

 

そういうときが調子が悪いときというか。

なんか

【株が汚く見える】

ようになるんですよね。

 

たとえば、自分が保持していた株の中では。

ムゲンエステート。

この株はどうも汚い銘柄に見えて、すぐに手放してしまったんですよね。

 

 

後はハードオフ。

ハードオフは結構好きだったんですが。

下方修正を出したので、そこからなんか汚い株に見えて損切りしてしまいました。

 

 

そういう株を手にして持っていると。

ネットで株を購入しているのだから、汚くなるとかないはずなのに。

保持していると、だんだん魅力的に感じられなくなることがある気がします。

 

そうなるといまいちなので。

株っていうのは

【自分が持っていて魅力的に感じる】

そんな銘柄だけで固めたほうがいいのかもしれません。

 

 

だから、自分は株を買うときは。

その企業のホームページを見て。

「個人投資家の皆様へ」

っていうページがあるのかどうかをチェックしています。

 

そのページがないと結構ショックですし。

そのページがあっても、なんか汚い感じだったらテンション落ちます。

 

 

自分はキヤノンの株はもう売ってしまいましたけど。

キヤノンの株を買おうと思ったのは。

そういう個人投資家の皆様へっていうページが、すごくみやすいというか。

好感を持てたからなところがありました。

 

 

global.canon

 

 こういうのを見ると、株が欲しくなるんですよ。

そういうときは調子がいいというか、強気になったり。

 

逆に気になる企業の株があっても。

そこのページを見て、あまりテンションが上がらなかったら買う気がでないというか。

今持っている株も少し手放したくなるというかな。

 

 

さっきも書きましたけど、株なんて言うのはショッピングみたいなもので。

最終的な判断は

【その企業に好感を持てるのかどうか】

が強い気がします。

 

というよりも。

なんか企業として好きになれない企業の株を購入して。

それで損をするっていうのは耐えれないというか。

 

好きになれない企業の株の含み損に耐えるというのは苦痛すぎると思うんです。

 

 

だから、含み損に耐えれるような。

好きな株を買うのが自分的にはおすすめに感じます。

 

絶対含み損になるっていうのを前提で株を購入して。

その含み損に耐えれる企業の株を買うわけですね。

 

株は儲けるために買うのではなく。

その企業が好きかどうかは、メンタルが弱い人には大事なことだと思います。

 

まぁはじめのうちは含み損に耐えれないと思うんですけどね。

だんだん、含み損が当たり前になって。

含み益になったほうが、すぐに売ってしまう気がします。

含み益になるっていうのは、売るのが許された状態みたいな感じですからね。