きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

普通に今でも株で気づくことはある!勉強は終わらない!経験を重ね自信をつける!カルビー株で考える

株をはじめて半年ぐらい経過しましたけど。

今でも気づくことっていろいろありますよ。

 

f:id:totonototo:20190203222332j:plain

 

そもそも株をはじめて半年なので。

日本株の銘柄だけでも4000以上あるのかな。

すべて把握できるはずもないですし。

 

アメリカ株とかになると、英語がわかりませんから。

ブロガーのいう株ぐらいしかわからないので。

自分はそういうのが嫌だからアメリカ株は結構冷めました。

 

 

だって

【株は自己責任なのに、ブロガーのいう銘柄を買うしかできない】

ってどうかと思うんです。

 

まぁBTIとかいう、くそ株を掴んだからアメリカ株に冷めたところもあったと思います。

いやBTIはイギリスなのかな?

アメリカ企業ではないみたいですけど。

 

でもまぁ外国株はそういう理由で買う気がかなり失せました。

なので日本株に集中しているんですが。

 

 

半年経過して、かなり自信をつけていましたけど。

今でも学ぶことは多く、勉強は終わらないと感じました。

 

 

 

 

 

経験を積むメリット

 経験を積むメリットは、自分自身に自信をつけれる点だと思います。

 

自信をつけることで、ちょっとしたことで狼狽しなくなります。

むしろ値段が下がったら

「なにこれ、安い!」

と自信をもって買い増しすることができると思います。

まぁそれで退場したらどうにもなりませんけど。

 

 

でも、自分はやっぱりそんなに性格はよくないので。

他人を出し抜きたいというか、他人が知らない情報を仕入れたときにうれしくなるというか。

それで株が成功できたらうれしくなると思うので…。

 

やっぱり株は勉強であり、それを知ることで。

他人より有利になるところはあると思っています。

 

 

もうこのブログで何回も名前を出していますけど。

カルビーという企業でもそうだと思うんです。

 

株をやる前のカルビーと。

株をやった後のカルビーの見方も変わったところがありました。

 

 

 

 

 

株をやる前とやった後のカルビー

 たとえば株をやる前のカルビーといえば。

ポテトチップスやら、かっぱえびせんといったお菓子でおなじみのメーカーということで。

 

「好きだし買ってみるかな」

な感じで買いました。

 

でも、結局それは

「高く売れればいいな」

な感じで買ったわけで。

結局1回の利確と、1回の大きな損切りで。

結果的には、大きなマイナスとなってしまいました。

 

 

で、その後いろいろ株を勉強したことで。

カルビー株の良さや悪さも見えてきたわけですね。

 

カルビー株の良さは、株をやっていない人も知っているほど知名度抜群の銘柄ですから。

「まさか倒産はないだろ」

みたいなことを思うことができます。

 

自分が生まれた時からカルビーというメーカーはありましたから。

業績が悪化することがあっても、自分が生きている間に倒産することはないと思っています。

 

なら、カルビー株を購入して含み損がでても。

株が0円になることはないと思うんです。

そこは安心できる点だと思います。

 

 

そしてカルビー株のデメリットは、単純に配当利回りが低いという点だと思います。

持っていてもあまり恩恵がないので…。

ほんとうに趣味というかな。

 

「カルビーが好きだから!」

という理由で買うか。

 

「株価が下がったし買ってみるか」

な感じで、今後株価が上がることを信じて買うぐらいしかメリットがないと思っています。

 

 

株をやる前は、カルビーという銘柄は

「知ってるし買うか」

な感じだったのが、株を半年ほどやって気づくことは

「倒産はなさそう、でも保持していても恩恵は少ない」

みたいなことを思っています。

 

 

もちろん、カルビー株が魅力的なのかどうかは、その人によって変わります。

人によっては

「倒産なんてありえないから、一生保持で購入だ!」

って人もいるかもしれませんし。

 

「配当利回りが物足りないから、もっと配当を出してくれるところを買おう!」

なんて思う人もいるかもしれません。

 

 

結局自分もそういうことを考えて、銘柄を選ぶことができるので。

株の経験っていうかな、それは大事なことだと思いました。

 

 

 

 

 

 今後も勉強は終わらない

 自分は株をはじめて半年経過しますけど。

ぶっちゃけ、株の本は1冊も読んでいないんですよね。

情報は全部ネットで集めました。

 

まぁ、ヤフーファイナンスの掲示板という。

ゴミみたいな情報場を一時期使ってしまっていたので。

かなり出遅れた感がありますけど…。

 

www.hatenyu.com

 

 でもやっぱり株っていうのは、後出しが有利なんですよ。

それは株価を見ることができる点のほかにも

【時間の経過とともに自分が成長する】

ってところもあると思っています。

 

後出しのほうが、株価がどうなるのか見ることができる点のほかに。

時間の経過で自分自身が成長した状態で株を買うことができるわけですね。

もちろん、株を見送ることもしやすくなると思います。

 

 

自分が株を始めた時は、株価が上がっていくと

「こりゃ、買わないと乗り遅れてしまう!!」

な感じで、高値掴みをしてしまったことも多々ありました。

まぁ今でもたまに高値掴みをしたりするんですけど。

 

 

後は株を始めた時は

「この銘柄は自分ぐらいしか知らないんじゃないか?」

みたいなことを思っていたりもしました。

 

でも今になれば、そんなことはなく。

自分より長く株をやっている人は、自分の知らない株のことも知っているわけで。

自分のほうがカモなわけですね…。

 

 

だから、ここ最近は結構株が安定してきて。

「株がうまくなったなぁ」

とか、変な自信をつけていたんですけど。

やっぱりまだまだですよ。

 

 

そして自信をつけても、株で利益を上げれるわけではないです。

株で自信をつけたことのメリットは

【底で損切りしなくなった】

ぐらいです。

 

 

自分でも思いますけど、2018年の12月25日。

ここで損切りした人は結構多かったんじゃないかと思います。

そして、自分も結構揺さぶられました。

 

でも、2018年の12月25日に損切りしなかったのは。

半年ほどの株の経験があったからだと思います。

 

もし2018年12月から株を始めていたのなら。

2018年12月25日の暴落はメンタルが耐えれなくて、損切りしていたと思います。

 

 

まぁその後も、早売り早売りになってしまって。

まったく稼いでいないんですけど。

 

それでも、2018年12月の暴落で損切りしなかったのは。

今までの経験のおかげだと思っています。

 

もちろん、損切りしないせいで、その後さらに株価が下がっていた可能性もありますけど。

自分は配当利回りを考えて株を購入していたのだから。

損切りする必要はなかったというか。

 

 

やっぱり経験というか、学ぶことって大きいですよ。

ミスターマーケットの話とか、それを知らなければ損切りしていた可能性は高かった気がします。

 

www.hatenyu.com

 

 もちろん損切りしなかったのが、正解っていうのも。

結果論でしかないんですけどねぇ。

 

さらなる暴落になっていたら

「損切りして、もっと安いところで買い戻しておけばよかった!!」

なんて思ったかもしれませんけど。

 

 

たぶん自分の力量では、安くなったところで買い戻す勇気がでなかったかと…。

今でもそういう株たくさんありますから。

 

安くなったところで買い戻しておけば。

買値撤退をした株のほとんどが、いい儲けになっていたんですけどね…。

そこらへんも、まだまだ経験が足りないのだと思います。