きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

含み損が10万以上あるが、日本株投資はそんなにひどいわけではないよ!感想を書いてみると趣味としてみればいい

今現在含み損が10万以上あって。

まぁ得をしているのか、損をしているのかというと。

普通に損しているわけですが。

 

株投資っていうのはそんなにひどいわけではないと思っています。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

株をはじめた当初は含み損に頭を抱えたことがなんどもありました。

含み損がでては

「タイムマシンに乗って、過去に戻って買うのを止めたい!!」

と強く思いましたね。

 

 

でも今現在は、株をはじめたときより含み損が莫大になっていますけど。

「株投資はそんなにひどくはない」

って感想を持っています。

 

まぁ決算前とか、決算がでてもいないのに株価が下がって

「漏れてるな」

って感じるのはひどく感じますけどね…。

 

でも、下がったとしても。

もうそれはしょうがないじゃん。

 

確かに他人と比べれば

「ずるい!」

って感情は生まれますけど。

結局自分だけで考えれば、損する路線にいたわけでしょうがないかと。

 

 

 

 

 

 

株投資は損をするものだと割り切る

 もう自分の中では株投資は損のするものだと割り切っています。

 

たしかに含み益だった株が、含み損になったら

「含み益のときに売っておけばよかったな」

なんて思いますけど。

 

まぁそういうのはなんていうか。

慣れてくるのかと…。

 

 

たしかに高いところで売って、安いところで買い戻せば最高なんですが。

 そういうのは無理なところもあると思っています。

 

逆に株価が下がってくれば

「買っておけばよかった!」

と思った株を再び買うチャンスがでたりするので。

そういうところは、株は優しいと思いました。

 

 

うまく言えませんけど。

株価が下がっても、株っていうのはどちらかというと上がるものなんだと思います。

企業さえ間違えなければ大丈夫だと思います。

 

三菱商事や、三井住友フィナンシャルあたりは。

配当政策がしっかりしているので、よほどのひどいことがないと大丈夫な気がします。

 

そして株価が下がっても配当をもらえることができるのなら

「長生きすればどうにかなる」

って思えるので。

そういう企業に投資すればいいわけで。

 

最近のブロガーが

「アメリカ株の増配企業に投資をしよう!」

なんていうのもなんとなくわかる気がします。

 

 

配当っていうのが最高なシステムだというのは自分も納得しています。

なら自分もアメリカ株を買えばいいわけですが。

アメリカ株よりも日本株のほうが絶対的におもしろいと思っていたりします。

 

 

 

 

 

アメリカ株は限界がある

 自分も一時期そういうアメリカ株ブロガーに影響を受けて。

アメリカ株とか購入したんですよ。

今でもコカ・コーラとマクドナルドは狙っています。

 

Tとか持っていますけど。

これは買わなきゃよかったわ。

 

 

で、そんな増配を続けるアメリカ企業なんですが。

「配当が好きならアメリカ株を買えばいいじゃん」

って思う人も多いと思います。

 

 

自分的には日本株とアメリカ株の差というのは。

選べる種類の差にあると思っています。

 

用は日本株になると、いろいろ選ぶことができるのに対し。

アメリカ株なんていうのは、ブロガーがおすすめする株しか選択肢がないわけですね。

 

もちろんアメリカ株に詳しい人なら、山ほど選択肢があると思うんですが。

 

 

自分は日本人で英語はさっぱりですし。

アメリカについてもそんなに詳しくないです。

 

 

そうなってくると、日本株になると選択肢が多いのに対して。

アメリカ株になると選択肢が少ないわけです。

 

そういう点で日本株のほうがいろいろなところに投資できるというかな。

そういう面白さがありますね。

 

 

そして、日本株は配当をもらえばいろいろ郵便物が届くのですが。

これが多くの人は

「いらんわ」

って感じなんですが。

 

自分はこれが結構好きなんですよね。

まぁ、郵便物が届いても開封していないものも結構あるんですけど…。

 

 

でもそういう投資した企業から、郵便物が届くっていうのが。

なかなかおもしろいというか。

趣味的要素としても、株っていうのは悪くないと思っています。

 

三菱商事や伊藤忠商事の株がほしかったのは

「社員にはなれないけど、株主にはなれる!」

ってところがあったからだったりします。

 

 

まぁ株っていうのは、ほぼすべての人が儲けるためにやっているわけですが。

少し視点を変えて

「損してもいいから楽しもう」

と思うと、結構気楽におもしろいゲームができると思います。

 

 そこがアメリカ株と日本株の大きな違いな気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 株は逃げ場を与えてくれる

 サンバイオの株なんかを見ていても。

株っていうのはそこまでひどくなく。

ちゃんと逃げ場を与えてくれるというか。

そこまで鬼畜ではないと思っています。

 

 

好決算なのにひどいまで売られて、株価がだだ下がりになって

「うーん」

と思ったりすることもありますけど。

株っていうのはそこまでひどくなく。

放置していれば、どうにかなったりすることが多い気がします。

 

 

どうしても株に慣れていない人は。

そういう株価の下げに耐えれないというか。

自分もまだまだ株価の下げに耐えれなかったわけですが…。

 

何度も言いますけど。

2018年の12月25日の下げっぷり。

あれを味わったら、なんかどーでもよくなったところがありました。

 

あれで、含み損がマイナス50万とか行った気がします。

日本株だけならマイナス30万とかだったかな。

 

 

だから、まぁ、あれだ。

やっぱり人間っていうのは、いろいろ想像しますけど。

実際につらい目にあわないと耐性ってでないんですよ。

 

どんなにいろいろなことを覚悟していても。

つらい目にあわないと、そのつらさはわからなく。

そのつらい目を体験して、耐性ができてくるわけですね。

 

 

でもそんな感じで含み損が50万ぐらいになりましたけど。

現在は含み損が合計20万ぐらいで。

日本株は含み損が10万ちょっとかな。

そのぐらいありますけど、かなり減ったわけなので。

 

日本株投資はそんなに悪いものではないと思っています。

まぁ含み損が10万以上あるっていうのが

「大したことがない」

みたいなものがおかしいと思うんですけど…。

 

一応確定益も3万ぐらいあるし、配当も今後入ってくると思えば。

まぁ投資っていうのは、長生きすればどうにかなるような気がします。

 

 株なんて言うのは、うまくても下手でも結局どーでもいいんですよ。

大事なのは信用できる企業に投資して、長生きすれば。

ちょっと上がったり下がったりしても、長生きしていればそれなりの結果はでるわけで。

 

 

投資に大事なのは長生きすることだと思っています。

むしろなんで多くの人は、そのことを声を大にして言わないのか不思議です。

 

大事なのは損切りではなく、長生きすることでしょ。

もちろん配当0円とか、くそ株を買っていたらどうにもなりませんけど。

 

自分と有名企業なら、どう考えても有名企業のほうが長生きすると思うので。

そう思ったら、投資が悪いものだとは思えないんだよなぁ。

 

もし

「自分よりこの企業のほうが早く倒産しそう!」

と思うのなら、投資はしないほうがいいと思いますが…。

どうなんだろ。

 

 

イオンとか、今では有名ですけど。

こういうスーパーって結構栄枯盛衰が激しい気がするので。

もしかしたらイオンはダメになるかもね…。

 

だって自分が子供のころは、ダイエーがすごい流行っていましたけど。

10年ぐらいでダイエーが消えていった気がします。

当時はダイエーホークスとかいう名前だったのに。

今ではソフトバンクだし…。

 

だから、イオンはちょっとやばいかもしれませんね。

イオン株を高値掴みしているのですが、どうしましょ。

まぁそこらへんも株っていうのはそこまでひどくはないと思うので。

大丈夫だと思うんですけどねぇ。

 

少なくともイオンもあと10年ぐらいは大丈夫だと思いたいですし。

10年っていうのは長いので…。

ま、大丈夫でしょ。

 

イオンももうスーパーだけではなく。

いろいろな事業をしているからなぁ。