きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

含み損に耐えれる株と耐えれない株がある!暴落が来てわかること!その企業に愛着はあるか?

株っていうのは買う前はよくわからないんですが。

買ってみて、気づくことがいろいろあります。

 

f:id:totonototo:20181230213503j:plain

 

その中で株っていうのは

【含み損が気になる株と、気にならない株】

っていうのがあるってことです。

 

 

たしかに自分は含み損には結構耐えれるようになりましたけど。

それは含み損が気にならない銘柄だからなわけであって。

 

含み損が気になる株もあるっていうのが。

久しぶりの暴落で気づきました。

普通に底で損切りしてしまいました。

 

 

まぁようはボロ株っていうの?

安い株を買ったんですけど。

 

その株を購入した理由が

  • 安いから
  • 利回りがいいから

こういう理由だったんですよね。

 

でもそういう理由で含み損になった株は。

含み損に耐えれないです。

 

その理由は簡単で

「そんな株でお金を減らされるとストレス」

ってことです。

 

どんなに安くても。

どんなに利回りがよくても。

自分が愛着を持てない企業にお金を減らされるのはイラっとします。

 

嫌いな人に、100円あげるのも嫌だっていうのと同じです。

いや100円は大金ですけどね!

 

 

 

 

 

 

好きな企業に投資は大前提

 自分はタバコは嫌いです。

でもJTの株は持っています。

 

それはJTが、テーブルマーク…。

いわゆる加ト吉を子会社として持っているというか?

そういう感じだから

「冷凍うどんおいしいしいいか」

なところが結構あります。

 

まぁ一番は配当利回りだったり。

JTという企業が結構な大手だからという理由が大きいんですけど。

 

 

だから、そういう企業に愛着があるのなら。

ある程度の含み損は気にならないというか、耐えれるんですよね。

 

でも、まったく知らない企業だったり。

どうもうさんくさい企業の株になってくると、含み損になると

「こんなところで損するのが嫌だな」

っていう気になって、イライラして損切りしてしまいました。

なんかアホらしくなったので…。

 

傷が大きくなる前に損切りしたら。

底で損切りしていました。

いや、底なのか知らんけど。

自分が売ったら、上にあがっていきました。

 

 

だから、株を買う前に考えるというか、それ以前の前提として

【その企業を好めるか?】

そこは大事だと思いました。

 

 

逆にいえば、その企業のパンフレットが届いてうれしくなるようなら。

多少損をしても買いな気がします。

 

前も書きましたけど。

株は楽しめればいいと思っているので。

 

www.hatenyu.com

 

買い物を好む人がいるように。

株も買い物だと思えばいいんです。

 

安く買えれば、うれしいし。

高く売れればうれしいです。

 

でも買い物っていうのは、その買い物の製品を好めるのかどうかだと思います。

なので、いくら

「この株安い!」

と思っても、その製品を好めないのなら意味はないというか。

 

そんなものはほかの人も

「安くてもいらない」

って感じになるのだと思います。

 

 

だから、その企業を好めるのかどうかというのは大事だと思います。

売るために株を買うのではなく、その株を一生保持できるのか?

一生保持するのなら、その株には少なくとも愛着がなくてはいけないと思います。

 

 

 

 

 

 

高くても愛着があるのならいける!

 株を高値掴みしても、その株に愛着があるのならどうにかなると思います。

 

ただどうしても人間、愛着がある株でも

【含み損になるというのは怖い】

ので、踏み出せないところがあります。

 

 

でもどうせ、なにを買っても損するような相場だとするのなら。

買うのなら、愛着のある株を購入したほうがいいような気がします。

 

自分が配当権利が近い株を好むのは。

どうせなにを購入しても含み損になるのなら。

配当権利が近い株を購入して、パンフレットでももらえば楽しみがあるからなところもあります。

 

まぁそういう郵便物を邪魔くさく感じる人もいますけどね…。

 

 

こういう含み損に耐えれるのか、耐えれないのかは。

暴落が来て、含み損になってわかることが多いです。

ちょっとした含み損ぐらいなら、汚らしい株でも持っていられます。

含み益なら、汚い企業の株でも持っていられますし。

そういう企業の株は、簡単に含み益で簡単に売却できます。

 

 

ただ、汚い企業の株が含み損になったとき。

そのとき

「あぁ、こんな株持っていられないわ」

と思い、簡単に損切りしてしまい、結果損をすることが多いので。

暴落のときにそういうことに気づくと思います。

 

 

だからやっぱり株を買う前に

【その企業のホームページぐらいはチェックすべき】

なんですよ。

 

自分は何回も言っていますけど。

キヤノンの「個人投資家への皆様へ」っていうページは。

丁寧によく作られているので、キヤノンの株をあまり抵抗なく買えたところがありました。

まぁすぐに売っちゃいましたけど。

 

global.canon

 

 でもこうやって、きちんと株主のことを考えてくれる企業の株なら。

含み損になっても耐えれますし、こちらとしてもその企業の株を持っていることが自信になるというか、誇れるところがあるような気がします。

 

まぁやっぱり含み損より含み益のほうがうれしいわけですが。

その企業に愛着があるのなら、含み益でも含み益でもあまり関係ないような気がします。

 

いや、自分はどちらかというと含み益のほうが耐えれなくて。

愛着がある企業でも、含み益になると売っちゃうんですけどね…。