きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

損切りしない投資家は脅威!損切りしなきゃ負けじゃないもん!損切りすべき人はどんな人か?

よく損切りできない投資家に対して

「損切りしなきゃ負けではないと思っている投資家は間違っている」

なんていう人もいますけど。

 

自分は損切りしないのなら、それは負けではないと思っています。

損切りしたときに負けが確定するっていう考えに賛同します。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

これは前もちょっと書きましたけど。

 

もし自分が嫌いな人がいて

「この人には損をしてほしい!」

と思っていても。

 

その人が大量の含み損を抱えていても。

損切りをしないのなら

「この人、損しそうにないな」

って思うからです。

 

 

だから、損切りばかりしていて

「100万損をしました」

って人がいても。

 

その人が急に投資法を変えて、損切りをしない投資法になったとしたら

「もうこの人は、大きな損は抱えないだろうな」

って思います。

 

 

なぜなら、含み損を大きく抱えることっていうのは、だれでもあると思っています。

でも含み損を大きく抱えても、そこで損切りしなかったら。

含み損が小さくなる可能性は十分にあるわけで。

 

 

たぶんこういうのも証券会社が、多くの人に手数料を払ってもらうためというか。

利益をあげるためのミスリードだと思っています。

 

 

 

 

 

 

損切りしなきゃ負けではないの考え

 損切りしなきゃ負けではないっていうのは。

まぁ、前もちょっと紹介しましたけど。

株価なんていうのは影絵なんですよ。

ミスターマーケットなわけですね。

 

だから株価が変わっても、企業が1日で変わったわけではないので。

株価が下がったから売るっていうのは。

企業ではなく、株価を見てしまっていることになります。

 

 

そして自分は確定損が増えた時に思ったこと…。

その確定損で、安い株なら買い切れてしまうこと。

その違和感を感じて、株を損切りすることは少なくなりました。

 

www.hatenyu.com

 

 なんか同じことばかり書いているような気がしますけど。

 

もし

「100万損切りしました」

なんていう人がいたら。

100万円もあったら、いろいろな株を0円になるまで持っていられますよね。

 

たとえば、日産なら10万ぐらいですから。

1000株買えますし。

 

ドコモは25万ぐらい?

なら400株買えますし。

 

後はなんだろ。

三菱商事なら30万ぐらいなので、300株ぐらい一生持っていられるわけです。

 

 

でも含み損っておかしいのは。

たとえば自分もファンケル株を購入して含み損が4万ぐらいになって損切りしてしまいましたけど。

 

その時は

「これ、株価0になるんじゃないだろうか」

とか思って不安になったりしました。

まぁ若かったというか、半年前なんですけど。

 

用は、そういうことになったら不安になる株を購入したからダメだったわけで。

前も書きましたけど(こればっか)。

やっぱり株を買うときには、その株を一生保持できるような。

好める企業の株を買うべきだと思いました。

 

もちろん人によってはファンケルを好めるから一生保持できる人もいると思います。

でも自分は化粧品とかあまり興味がないので、ファンケルとかそこまで好みではなく。

株価が上がるから購入したところがあったので、含み損に耐えれなかったわけですね。

 

www.hatenyu.com

 

 だから、損切りする人がいるっていうのは違和感を感じます。

 

もちろん損切りしないことで、ますます含み損が増える可能性はあると思います。

買値に株価がもう一生戻ってこないかもしれません。

でも損切りすれば、その株を買い戻さない限りは関係が終わります。

 

そんなことになるぐらいなら。

その株を一生保持と思って、持っているほうが、配当やら優待をもらって。

長生きすれば、取り戻せるはずなんですよ。

 

 

 

 

 

余命短い人は損切りすべき

 じゃあ、逆に損切りすべき人はどういう人なのかというと。

  • 株のうまい人
  • 余命が短い人

 こういう人かと。

 

株のうまい人なら、少ない損で損切りして。

さらに下がったところで、買い戻すことができると思います。

 

でも一般人にはこれは難しいです。

一度損切りした株は、安くなってもなかなか手を出せないものです。

また損する可能性を考えて、安くなっても手を出せないんですよね。

 

相性の悪い株より、相性の良い株のほうが買いやすいです。

だから、株のうまい人なら株を損切りしても。

その損切りした株を、安いところで買い戻せると思うので。

そういう人は、損切りすべきかと。

 

 

後は余命短い人は、株を持っていてもどうにもならないと思うので。

損切りして、現金化したほうがいいと思います。

 

まぁ遺族に株を残そうとしても。

自分も株をやっていないときに、株なんて残されても

「めんどくさいもの残すなよ」

って思うので。

なら、株を損切りして現金化したほうがいいと思いますね。

 

 

株っていうのは、損切りしなければそのゲームに残れるので。

悪くないゲームだと思います。

 

パチンコで何万も損をするより、1つの株を購入して。

その株価の動きをみて、一喜一憂していたほうが長く楽しめそうです。

 

むしろ初心者はまずはそういう風に株を楽しむべきなのかもしれません。

自分はミスったわ。

 

 

ただやっぱり損切りすれば、損失は確定するので…。

初心者は損切りしないほうがいいと思っています。

 

初心者で

「株で100万損しました」

系の人は、損切りしなければ100万も損をすることはないと思うんですけどね。

 

少なくとも今まで株をやって、含み損が100万になったことはありませんし。

確定損100万っていうのは、こつこつ損切りしないと到達しにくいものな気がします。

 

用は損切りして、そのお金で再び株を購入して、また損切り。

そういうことを続けていかないと、100万の損って初心者は到達できないでしょ。

 

お金には限りがあって、株を買う量も限界があるんですが。

損切りをすることで、お金が戻ってくるので、また新たに株を買うことができるわけで。

 

そうやって損切りを重ねて、損って増えていくと思うので。

【損切りをしないことで、損失を軽減できる】

ことにもつながっていると思います。

 

 

用はうまい人は、損切りをすることでどんどん増やすことができるのに対して。

初心者は、損切りをすることで、さらなる損切りを増やすことができるわけですね。

 

なら、新たな損切りを増やさないためにも。

損切りをせずに、お金を拘束されていたほうがいいような気がします。

いや、これ、今気づいたけど、まさにそうだわ。

 

 

損切りしていたら、お金に余裕ができてくそ株とか買っていたかも…。

損切りしないから、くそ株を買わず助かったところもあったかもしれませんよね。