きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株の初心者が失敗するあれこれ!体験談を書いてみる!狼狽買いと狼狽売りが一番!損切りが大事とか頭どうかしてる

株の初心者が失敗するあれこれとして。

自分が失敗したこととしては

【狼狽買い&狼狽売り】

があります。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

ぶっちゃけ株の初心者って現金がたくさんあるんですよ。

現金がたくさんあって、余裕があるから株をやるわけですから。

 

だから、現金があるから油断もあって。

株の初心者は、狼狽買いと狼狽売り。

この2つは絶対すると思います。

自分も狼狽買いと狼狽売りをたくさんしましたね。

 

 

そしてネットのミスリードですね。

これがいいコンボになって、大損害を与えてくれます。

 

「塩漬けは悪!」

っていうやつね。

これがミスリードになって、そこでの損切りをさせられます。

 

まじで証券会社鬼畜だわ。

 

 

 

 

 

株は下がる

 なんていうか、株は下がるんですよ。

どんなに研究して

「この株は絶対に上がる!」

と思って購入しても下がるわけ。

 

 

でも下がると思っているから

「上がるから大丈夫」

ってなるわけで、ここまではセーフです。

ここまでは初心者も正しいです。

 

 

でも、下がってなかなか上がらないと

「どうしよう」

ってなるわけで。

ここでネットのミスリードが絶大で。

 

 

「塩漬けは悪!」

なんて感じのことを言っている人が多いから

【底で損切り】

するわけですね。

 

 

株で失敗している人の多くは、おそらくこれでやられます。

いまだにネットでは多くの人が

「塩漬け株を作るのは悪!」

とか言っていて、これが初心者には響くんですよね。

 

 

で、初心者は塩漬けではなく

「1日、2日で損切りしてしまう」

わけです。

 

長期で保有しようと思っていたのに

「塩漬けはいけないことだから」

ってことで、底で損切りするわけで。

 

 

もちろん損切りしたことが正解なのか、失敗なのかはわからないですよ。

でも

【損切りは損が確定】

したわけで、損しているわけですよ。

 

 

いや、馬鹿じゃないの?

「損切りできる人は勝てる!」

って言っても、損切りしかしてなかったらお金減るに決まってるじゃん。

 

 

「損切りが大事」

と言っても、損切りだけしていてもお金が増えないんですよ。

利確しないとお金が増えないわけで。

 

 

大事なのは利確することなのに。

なぜかネットでは

「損切りが大事」

と言われているから、初心者は損をするわけですね。

 

むしろ損切りでお金を稼ぐ方法ってなんだ?

利確はお金が増えて、損切りはお金が減ると思うんですけど。

 

 

たぶん損切りが大事っていうのは

「若いうちはお金をばんばん使えば稼げる」

みたいな感じのことなんだと思います。

 

でもお金を使えばお金が減るのは当然で。

馬鹿な人ほど

「お金を使えば、将来稼ぐことができるんだな」

と、謎の理解をして損を増やしていくわけですね。

 

 

たしかに

「失敗は成功のもと」

なんて言われていますけど。

 

株で損切りしたら、損が確定するわけで。

損切りは、損なの!!

 

 

 

 

 

ホールドからの損切り

 初心者は狼狽するので、1日たったら

「損切りしたほうがいいんじゃないか」

って思うんです。

 

購入した株について、1日悩むわけですね。

「持っておこうかな」

「損切りしようかな」

なんて1日中考えるわけ。

初心者で、株をはじめたばかりだから当然ですよね。

 

 

株をはじめて、株を購入して

「損がでたけど、放置!」

なんてできる人は、株なんてはじめないでしょ。

 

株を始める理由なんて言うのは。

得をするからであって、いきなり含み損がでたら

「どうしよう」

ってなるのは当然で。

 

 

そこでネットでの

「塩漬けは悪いこと!」

っていうのを見て

「損切りしよう!」

と、損切りを決意して損をしていくわけですね。

 

 

なんでネットでこれほど

「塩漬けかぶを作らないことが大事!」

「どんどん損切りしろ!」

など、言われているのかわかりませんけど。

初心者は、損切りが正しいというか、損なのに損と考えていないところがあります。

 

 

まぁこれが狼狽買いと狼狽売りをしてしまうしくみになっていると思うんですが。

初心者が損切りしても、また損切りする株を購入するわけで。

うまい人と逆パターンなんですよね。

 

 

株のうまい人は、利確して、また利確できるような株を買っていくわけですが。

初心者は、損切りして、また損切りするはめになるような株を買っていくわけで。

 

自分もこれをやって、はじめて1週間ぐらいで確定損が5万ぐらい行ったわ。

1週間といえば、月曜日から金曜日までなわけで。

1日1万円も損しているわけですよ。

 

馬鹿じゃん。

損切りしまくって、1日1万円も損しているわけで。

 

1日1万円も利確するのも大変なのに。

1日1万円も損切りとか、ひどすぎるだろ!!

 

 

ほんと自分も

「あれ?」

って思いました。

 

 

もうこれなんども書いていますけど。

じゃあ、なぜこんなに損切りって大事だと言われているのか…。

 

 

 

 

 

 

他人に損してほしい

 たぶんこれ、ガチで

「他人に損してほしい」

という理由で

「損切りは大事」

だと言われているんじゃないかと思っています。

 

逆にいえば、損切りしなかったら、損しないんですよね。

だって買いなら、配当もらえますから。

 

 

だから、塩漬け株を作ったとしても。

配当もらっていれば、どうにかなるんですよ。

でも損切りしなかったら、だれも損しないので稼げないんです。

 

 

株というのは、損する人がいて、得する人がいるっていうのは確かなんですが。

まぁ人間の本心を言えば

「他人は損してほしい」

って思いますよね。

 

 

自分の嫌いな人がいて、その人に損させるためには

「損切りが大事」

っていうでしょ。

 

いや、じゃあ自分が嫌いな人がいて、その人に損させるために

「塩漬け株を作れ」

とは言わなくないか?

 

 

いや、わからん。

確かに銘柄によっては、くそ株もあるので。

塩漬け株が致命傷になる可能性もありますけど。

それは、そういう株を買ったやつが馬鹿だからでは?

 

 

たしかに東京電力とか、そういうところの名前を上げて

「損切りしなかったから!」

とか言う人いますけど。

 

それは違うだろ。

だって、東京電力は損切りとかのレベルではなく。

事件というか、そういうのでしょ。

だから損切りするチャンスもなかったというか。

いや東京電力は損切りするしないの話ではなくね?

 

 

でもやっぱり、何回も言っていますけど。

自分が嫌いな人がいて、その人に株で損をしてほしいのなら

【損切りしてくれないと損がでない】

んですよ。

 

株は買いが有利なゲームで。

長期で保有していれば配当がでるので、含み損があってもプラスになるわけで。

株を保持するのに金利とかかかるわけでもないんです。

 

 

なのに

「塩漬け株は悪!」

「資産の拘束は効率が悪い!」

とか言われているので、やっぱりそれはミスリードでは?

 

 

だから、やっぱり証券会社の人は

「自分以外はみんな損してほしい!」

っていう理由で損切りを勧めている気がします。

 

もちろん自分も損切りすることはありますけど。

損切りよりも、利確のほうが100倍大事だと思っています。

だって利確しないとプラスにならないし。

 

 

なんかネットでは

「損切りできるやつはセンスがある」

みたいなことを言われていますけど。

稼いでいる人ほど、まったく損切りしていない気がするんですけどね。

 

たまに稼いでいる人で、持ち株を晒している人がいますけど。

普通に塩漬け株っぽいのを持っている人も多い気が…。

 

 

だから

「損切りが大事」

っていうのは、株の初心者を損させるためのミスリードなのでは…。

 

 

 

 

 

大損を避けれる?

まぁたしかに自分も損切りしたことで、大損を避けることができたかもしれません。

たとえばカルビーは

3600円で購入して、3500円で損切りしましたけど。

今は3100円ぐらいになっています。

 

もし持っていたら、5万円ぐらい損したのに。

損切りしたことで1万の損で助かった…。

そんな感じに見えますけど。

 

 

カルビーは3600円で購入して、3500円で損切りしましたけど。

その後3800円まで上がっているんですよ。

3800円まで上がって、その後3100円の現在の株価になっているわけですね。

 

用は

  • 3600円⇒購入
  • 3500円⇒損切り
  • 3800円⇒損切りした後に上がる
  • 3100円⇒現在値

こういうわけです。

 

 

なので、損切りして1万損しましたけど。

もし損切りしなければ、2万プラスになっていたわけで。

結果論になりますけど、損切りしたことで3万円逃したということですね。

 

もちろん3800円で利確するのは無理だとしても。

プラスになったところまで我慢すれば。

十分助かったということになります。

 

 

 じゃあ

「損切りしないほうがいいんだな!」

って思うかもしれませんけど。

 

損切りしたほうがいいときもあると思うんです。

それがどういうときなのかというと

【メンタルが耐えれないとき】

です。

 

 

自分はもう何度も言っていますけど。

ファンケル株で含み損が4万できて、寝込みましたから。

ガチで、ベットの上から動けない感じになってしまって

「こりゃだめだ」

と思って損切りしました。

 

当然損切りした後に、株価が上がっていきましたけど。

あのときの精神的苦痛を考えたら

「損切りしてよかった」

と思いました。

 

 

それからは

【ずっと持っていられないような株は買わないようにする】

と決めました。

 

株価を見て

「上がりそう」

とか

「ずいぶん安くなったから」

とか、そういう理由で株を買うことは少なくなりました。

 

株価で判断するのではなく。

企業で株を買うことが多くなりました。

 

 

含み損になっても、その株を持っていられるのか。

それを考えて、株を買うことが多くなって。

含み損に耐えれるようになりましたね。

 

 

じゃあ初心者がする一番の失敗というのは

「上がりそう」

な感じで株を買ってしまうことなのかもしれません。

 

たしかに

「上がりそう」

で株を買って、上がってくれれば文句なしなんですけど。

 

そういう株は、ずっと保持するつもりではなく

【売るために買っている】

と思うんです。

 

 

売るために株を買うのはきついです。

企業が成長すると思って買うのはアリです。

だって期待しているわけで、企業が成長すれば株価も自然とあがりますから。

 

 

でも、株価を見て

「いままでずっと上がっているし」

とか

「暴落したから、そろそろ上がりそう」

とか、そういう理由で株を買うと含み損に耐えれないです。

 

おそらく株の初心者がしてしまう失敗はこれなんだと思います。

 

 

「損切りが大事!」

のミスリードに乗せられて損切りしてしまうのはしょうがないと思います。

 

初心者はくそ株を買ったり、高値掴みをしたりするので。

損切りをすることで助かることも多いと思います。

 

 

でも初心者が愚かだからしてしまう失敗は

【売るために買う】

これで株を買うことだと思います。

覚悟が足りないんです。

 

まぁそんな大層なことではないんですけど。

やっぱりずっと持っていたい株で、株価が上がっても

「売るのがもったいない」

と思えるような株を買うのが正しいと思います。

 

 

でも株の初心者ほど

「10円でも上がったら、そこで売ろう」

とか、そういう売るために買ったりするから損がでやすいのかと…。

 

ま、株の売買をしないと経験値が増えないので。

そういうくそ株を買ったり、高値掴みするのも必要なのかもしれませんけどねぇ。

 

 

そもそもくそ株っていうのは、高値掴みした株のことですよね。

くそ株だって、安くなれば

【割安の優良株】

なわけですから。

 

そうなった株は、もう上がっていくしかないわけで。

くそ株だって安くなれば、魅力的な株になるわけですね。