きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は暴落で買えば3か月後には7割は儲かる!3割は値を完全に戻さないから注意!落ちるナイフを掴むをやったときのメンタル

なんか2018年12月の暴落から3か月ぐらいたったのかな。

まだ2か月ぐらいか。

 

大体7割は値をもどしているというか。

値をもどすどころか、暴落からのリバウンドをきっかけとして。

暴落する前以上に値を上げている銘柄もあったりします。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

で、自分は思ったのは

「暴落したときに買えばなんでも儲かるなぁ」

ってことです。

 

ただ7割ぐらいはそうでも。

2割ぐらいはなかなか値を戻さず。

1割ぐらいは、暴落よりも株価が下がっているから怖いですね。

 

ま、セガサミーみたいな赤字決算を出してしまったものとかはしょうがないと思うんですけどね。

セガサミー買うかな。

どうしよう迷うな。

 

 

でも、12月25日と26日ぐらいかな。

そのときに勇気をもってセガサミーを購入して。

その後にその暴落時より値が下がってしまったというのは。

なんか悲しいので…。

 

やっぱり暴落時に勇気を持って購入しても。

それが絶対に報われるわけではないって思うと、ちょっと馬鹿らしくなってきますね。

 

だから暴落は買いって言いますけど。

それは7割ぐらいでしか、成功しないと言えるわけですが。

まぁ7割成功すると考えると、やる価値は十分にあるってことでもあるんですよね。

 

 

 

 

 

暴落以外での買いが成功しない

 これは前の

「初心者は買うタイミングに全力を出せ!」

っていうのでも共通していることだと思うんですけど。

 

www.hatenyu.com

 

株っていうのは、安く買えればトランプで強いカードを手札に持っているってことになるので。

初心者でも、安く買うことができれば勝てるゲームなんですよ。

 

なら暴落で買うっていうのは、安く買えるわけで。

単純に考えれば、手良い手札を手に入れるタイミングだったりします。

 

 

でも、多くの人は

「落ちるナイフはつかむな」

とか

「暴落は様子見が正解」

なんて言っているわけで。

実際、自分もこれは正しいような気がしないでもない。

 

 

それはさっきも書きましたけど。

暴落で購入すれば7割は成功します。

でも3割は失敗するので。

 

その暴落で勇気を振り絞って購入したのに、失敗したら。

かなりショックだからです。

ま、それは自分の心が弱いからだと思います。

 

 

冷静に考えれば、暴落していないときに買うよりも。

暴落しているときに購入したほうが、株っていうのは勝ちやすいのは当然です。

もちろん、不祥事とか、くそ決算で値が下がっているのは論外ですよ。

 

 

でも

「ダウが下げているから暴落」

とか

「円高で暴落」

とか、そんな理由での下げは、買っていっていいはずなんですよ。

 

 

だからやっぱり冷静に考えれば

【暴落は買い】

ってことになります。

 

でも暴落が買いだって思えないのは。

どうしても、購入した後にぐいぐい下がった経験があるからだと思います。

 

購入した瞬間にぐいぐい株価が下がっていくのを見ると

「なぜ、待てなかったんだ!」

と強く後悔しますからね…。

やっぱり暴落時は終値付近で買うのが正しい気がします。

 

暴落時は安いところで買うことではなく。

終値で買うのが正しいってことですね。

いや、そのほうが精神的に負担が少ないって意味です。

 

 

 

 

 

 

株の本質

 株の本質は、損切りが大事とか、資金管理が大事とか。

そういうのではないと思うんです。

 

株の本質というか、一番大事なところは

【底値で買うこと】

だと思います。

 

底値なんて誰にもわからないです。

底値だと思って購入しても、そこからどんどん下がっていくかもしれません。

 

 

でも少なくとも、底値にこだわって購入した位置は。

高値掴みではないことは確かなはずです。

 

もしそうなら、それより高い位置でその株を購入していた人たちは。

自分よりも悪い手札を持っているということになるので…。

うーん、どうだろ。

 

 

でも株っていうのは、前も書きましたけど。

ソロゲーなんですよ。

自分はそう思わないと無理だと思っています。

 

他人が得をしようと、他人が損をしようと関係ないんです。

自分が得するか、損をするかがすべてです。

 

 

だから、底値で安く買えたと思っても。

その株がどんどん下がってしまって、買値に戻ってこなければ結局損になってしまうわけですね。

いや、配当や優待で、損を埋めることは可能ですけどね。

 

 

株の暴落は様子見するのが大事っていうのは。

その後の株価がどうなるのかわからないからだと思います。

まだ下がるかもしれません。

でもそんなことをいえば、暴落時でなくても、明日暴落が来るかもしれません。

だから、株を買うっていうのはいつでもリスクがあるはずなんですよ。

 

なら暴落が来て、安くなっている株っていうのは正しいと思うんですけどね。

なぜ多くの人が、あまりチャンスだと思っていないのかはわからないですけど。

 

 

でも実際に暴落を体験すると、株を買う勇気はなかなかでないですよ。

だから、暴落時に

「株を全力で買ってやりました」

っていう人は、変態だと思います。

それか口だけで、実際は全力買いはしていないかと。

 

自分は12月26日に、500円ぐらいの株を3銘柄ぐらい買いましたね。

今では全部手放しましたけど。

 

銘柄名を言うと、覚えているものは

  • ゲンダイエージェンシー
  • プラマテルズ

この2つです。

もう1つは名前を忘れました。

学習塾っぽい名前です。

 

プラマテルズは、最初にちょっと書きましたけど。

暴落時前より株価が上がっている、暴落からのリバウンドが上昇のきっかけとなった銘柄だと思います。

 

まぁ今ではそんな株全部手放しましたけどね。

いや、また暴落が来ると思ったら、握ってられないでしょ。

 

 

もう何度も言っていますけど。

アマダとか、930円で買って950円で売りましたからね。

ま、利食い千人力ですよ。

 

いやチャートを見ると、それはおかしいから。

たぶん950円で買って、980円ぐらいで売ったんだわ…。

 

というか、今のアマダはちょっと上がりすぎな気がする。

暴落のリバウンドをきっかけに株価が通常より上がるって意味が分からないんですけど。

よくあることなのかなぁ。

 

まぁどこかで底をうつわけで。

暴落で底をうったということなのかな。

うーん、こんなの無理ゲーだわ。