きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

なぜ暴落で購入しないで売却してしまうのか?暴落していないときがおかしい

なんか暴落して、なにも買わないで。

逆に

「ポジションでかすぎだろ」

と思って、少し売ったんですけど。

 

これはおかしくないか?

暴落で買うのが大事だと言いたいわけではないですが。

 

暴落しているというのは、安くなっているので。

ここで買うことで、チャンスが生まれるわけです。

 

 

でも株を売っているわけで

「あれ?」

と思ったわけです。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

どう考えても、これがおかしいわけで。

じゃあ、どうすればよかったのかというと。

 

【暴落来るまで購入は控える】

これが大事だったわけで。

なぜ暴落来る前に、いろいろ購入してしまったのか。

これがダメだったわけです。

 

 

 

 

 

 

暴落が来るまで購入を控える

 簡単に言うと。

「暴落したときに買えないのがおかしい」

ではなく

「暴落してもいないのに、購入しているのがおかしい」

ってわけです。

 

これもミスリードじゃないか?

よく

「暴落しているときは待て!」

なんて書いている人が多いですけど。

 

 

暴落しているときは、安くなっているので。

買うのが正しいはずで会って。

暴落しているときに買わないで。

落ち着いたときに購入するっていうのは、チャンスで買うのを控えているだけな気が…。

 

 

たとえば、楽天が楽天スーパーセールをしていますけど。

自分は楽天での買い物は、結構このスーパーセールを待って、そのときにまとめて買ったりするんですよね。

 

急いでほしいものがなかったりするわけで。

それなら安いときに買うのが当然ですよね。

 

 

でも株っていうのはなぜか

「安いセール時に買わないで、株価が落ち着いたら買え!」

って言われているわけです。

 

逆に暴落しているときは

「早めの損切りをしろ!」

なんていう人もいます。

 

 

でも暴落で損切りをしていたら、底値で損切りすることになるのでは?

12月25日も、あまりにも暴落で損切りした人は多かったと思いますけど。

それが底値での損切りになってしまった人は多かったと思います。

 

 

うーん。

だから、暴落時にあーだこーだではなく

【暴落していない普通のときに買うこと】

これがおかしいことなんじゃないかと思ったり。

 

なぜ多くの人は、株の値段が安くなった暴落時に

「様子見しろ」

とか

「損切りしろ」

っていうのかがよくわからないです。

 

 

もちろんそれは、落ちるナイフを掴むのは危険だからっていうのはわかります。

でも、通常時よりも株価が安くなっているのは当然なわけで…。

 

暴落時に購入することは、少なくとも通常時に買うよりも正しいっていうのは感じます。

だって、通常時に株を買ったもののほとんどが、暴落時にはほとんど含み損になるわけで…。

 

通常時に株を買ったから、多くの株が含み損株になってしまったのでは?

だから、そこがおかしかったのだと思います。

 

 

 

 

 

暴落時にだけ、株を買えばいい

 思うことは、お金が限られているのなら。

暴落時に株を買えばいいってことです。

 

結局株っていうのは、上がるのか下がるのかはわからないです。

暴落時に

「もっと下がるかもしれないから様子見しろ」

って人もいますけど。

 

そんなのは暴落時に買わなくても、通常時に株を購入して。

その次の日に暴落がくるかもしれないので。

「もっと下がるかもしれない」

っていうのは、暴落時に限ったことではないんですよ。

 

 

だから、なんかネットでは

【ミスリードが多々ある】

ような気がするので、そこが不思議に思っています。

 

自分的には

  • 損切り
  • 暴落時の行動

この2つは、一般的に言われていることがおかしくないか?

 

おそらくこれは、最悪を避けるための行動なんだと思いますけど。

株が上がっていても、そこからの最悪だってありえるだろ。

 

 

株が下がっているときに最悪を考えるべきなのではなく。

株が上がっているときに最悪を考えるべきなのでは?

だからそこがよくわからないです。

 

サンバイオなんてまさにそれで。

上がっているところからの、ストップ安で最悪が起きたわけで。

 

もしサンバイオを

「上がっている株は保持!」

「暴落来ていないから保持!」

ってやっていたら、普通にストップ安に巻き込まれて最悪を受けていたと思うので。

 

 

なんとなく、ネットで言われていることが正しいっていうのは感じないような…。

でも、ネットで言われていることが正しく感じるのは、なんなんだろ。

 

騙されやすいんだろうなぁ。

だから、個人投資家の9割が負けるっていうのもなんとなくわかるように感じます。

 

 

自分も株をやる前は

「なるほどね」

なんて思いましたけど。

実際そのとおりやってみたら、普通に損が増えるというか。

 

なんか楽な方向じゃないか?

「含み損は損切り」

「暴落は様子見」

これってすごい楽です。

 

含み損がでたら損切りして、暴落しているときはなにもしない。

これって精神的にすごく楽じゃないか?

 

でも株って楽して稼げるはずもないので…。

こういう楽な行動をしていたら、損ばかり増えていきます。

やっぱりネットで言われていることは、どこかおかしいように感じます。

 

実際にこれで稼いでいる人はいるのだろうか…。

含み損は損切りして、暴落の時は様子見するっていうのは…。

うーん。

 

安くなったら売って。

安く買うチャンスでぼーっとしているってことになるんだけど。

おかしくないか…。

 

 

だから、暴落で購入することが正しいとは思いませんけど。

暴落以外の通常時に株を買うのがおかしくないか?

 

暴落で安くなっているときと。

通常時の安くもなっていないときに買うのだったら。

そりゃ暴落時に買ったほうが正しいでしょ。

 

だって暴落時っていうのは、安くなっているわけで。

通常時に株を買っても、次の日に暴落がくるかもしれないわけで。

なら、暴落時の安くなっているっていうのは、絶対的な気がします。

 

通常時に

「暴落していないから、明日も暴落は来ない」

っていうのは、無責任な考えな気がしますけどね…。

むしろその考えのほうが、退場する可能性があるような。

 

うーん、わからん。