きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株の初心者は気絶投資が儲かる?健康に気を使ったほうが可能性は高い!頑張ってもお金は増えない

株の攻略法っていうのは

  • 銘柄選び
  • 長生き

この2つは基礎の基礎だと思っています。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

なので、それなりの企業の株を購入して。

そこから気絶投資をすれば、初心者はお金が増える可能性は高いです。

 

ただ初心者はくそ株を掴む可能性が高いです。

くそ株っていうのは

【株をやって知ったような企業】

ですね。

 

 

株をやる前は、聞いたこともなかったような企業。

それに投資するっていうのは、気絶投資は危険だと思います。

 

でも、日経平均銘柄に組み込まれているような大手銘柄であれば。

株を購入して気絶投資していれば、配当をもらって。

気がつけばお金が増えている可能性は高いです。

 

 

ただ気絶投資…。

いわゆる放置する投資法。

これが簡単かといわれれば、かなり難しいと思います。

だから、個人投資家の9割が勝てないっていうのもわかります。

 

 

 

 

 

 

投資はがんばってもお金は増えない

 投資は基本がんばってもお金は増えないです。

朝から晩まで、相場を見ていても。

お金が増えることはないです。

 

株っていうのは我慢のゲームであり。

動かないことで、有利になることも多々あります。

 

 

人間

「がんばる」

なんていうと、動いているイメージがありますけど。

 

株っていうのは、動かないほうが有利なことは多々あるというか。

動きすぎると、退場する可能性があるので。

気絶投資は名前が悪いですけど。

かなり勝ちやすく、難易度も高い投資法だと思いますね。

 

 

人間、どんなに

「もう気にするのはやめた」

と言っても、気になるものです。

 

で、気になって相場を見れば

「ああああああ、下がってる!」

となって、精神的に落ち込みます。

 

 

それでも気絶していられる人っていうのは、かなり少数かと。

つまり気絶投資っていうのは、限られた人だけが実践できる。

とてつもない投資法だと言えるわけですね。

 

まぁ気絶投資というか、株価が下がった時点でもう手遅れなんですよ。

だから株価が上がったり下がったりした時点で、もう出遅れているので。

できることってないんです。

 

 

株でがんばるっていうのは、利食い千人力でしかないと思います。

なので、株でがんばるっていうのは、コツコツドカンを生み出す可能性も高いです。

 

自分はまんまこんな感じになっていますけどね…。

 

 

 

 

 

 健康は大事

 気絶投資法は、とても有力な投資法なんですが。

気絶したまま、そのまま目を覚まさなかったら大変なことになります。

 

結局気絶して、忘れていても。

【生きているときに売却する必要がある】

わけで。

気絶投資をするのなら、生きていることが大前提です。

 

 

気絶していても、最終的にその株は売らないといけないので。

どこかで目を覚まさないといけないわけで。

 

気絶したまま、退場したら、結局株券だけ持ったまま。

お金が増えたことにも気づかず終わります。

 

 

だから、気絶投資をするのなら

【リアルの健康に気をつける】

ことが大事です。

そして、お金よりも体のほうが大事だと自分は思っているので。

 

 

気絶投資をすることで、日々の健康に気をつけるようになったのなら。

それはとても価値があることだと思います。

 

投資っていうのは、時間が経過すれば経過するほど有利になります。

配当が振り込まれますから、その分損を埋めることも。

利を増やすこともできます。

 

 

ただ時間の経過っていうのは

「なにもしなくても時間は経過する」

と言っても、それは生きていることが大前提です。

 

あたりまえのように思っていても。

それがわかっていない人が多いです。

 

 

人間はいつかは死にます。

いつかはお墓に入るんです。

いつまでも生きていられるはずがないです。

 

だから、株が下がって

「0円になるかも」

と不安になる人もいますけど。

 

大企業の株を持っているのなら

【企業の倒産より、こちらの命が尽きる可能性のほうが高い】

のは当然です。

 

たとえば、任天堂の株が馬鹿高いですけど。

任天堂と、自分の命だったら、どっちが長生きするのか…。

やっぱり任天堂のほうが、長生きしそうなイメージがあります。

 

まぁゲームというか、そういうハイテク関係がどうなるのかは知りませんけど。

でもやっぱり任天堂という企業は、マリオという有名なものを作ったので。

そう簡単になくなったりはしないような…。

うーん、どうだろ。

 

 

でもカルビーとかでも。

ポテトチップスやらじゃがりこやら。

そういうお菓子が

「倒産でなくなります」

って聞けば

「え?あのカルビーが!?」

なんて思いますから。

 

そう思えば、自分自身の命と、それらの企業がどちらが長生きするのかというと。

企業側だと思うんです。

だからこそ、こちらも長生きして対抗する必要があります。

 

 

もちろん、自分の命が尽きても。

その株を遺族に残すっていうのなら、別にいいのかもしれませんけど。

 

まったく株をやらない人に、株券を渡すっていうのは。

かなり迷惑な行為だと思います。

おそらく

「株ではなく現金でくれ」

って思う人がほとんどだと思います。

 

いや、株をやっていない人が

「株をくれ」

なんていうか?

 

 

だから気絶投資をするのなら、健康に気を使うこと。

というか

【健康であればお金が増えること】

これを意識しないといけないかと。

 

 

気絶投資といえば

「なにもしなくていいから、簡単だ」

って思うかもしれませんけど。

 

長生きすることっていうのは、投資以上に難易度が高いことだと自分は思っています。

だから若いっていうのは、それだけで武器になるわけですね。

 

 

お金を増やすことより、10年寿命を延ばすこと。

こっちのほうが、何倍も難しいです。

 

逆にいえば、どんなにお金を持っていても。

寿命を延ばすことはできないわけで。

お金よりも、健康が大事というか。

 

 

そもそもお金っていうのは、人生の生き方の可能性を広げる道具でしかないので。

お金をどんなに稼いでも、短命で終わるのなら。

それは意味がないとは言いませんけど。

どうにもならないように感じます。

いや、別に負け惜しみではないですけど。

 

 

自分も20代に結構体調問題で、あーだこーだなったからわかりますけど。

体調を崩せば、なにも楽しめませんし。

治療にお金がかかりますし。

 

健康であることが、絶対的に勝利なわけです。

 

 

だから、気絶投資を

「簡単だ」

と思っていても、気絶投資っていうのは難易度が高いというか。

いつまで続けられるのかわかったものではないので…。

 

難しいことだと思いますね。

やっぱり株価は気になっちゃうでしょ。