きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株をやめたいと思うのは初心者だから?含み損や塩漬けが悪いことだから?儲けていれば続けるのか?

自分も株を始めた時は

「株をやめたい!」

って思いました。

 

f:id:totonototo:20190321195528j:plain

 

でも、今となっては

「株をやめるってなんなんだろ?」

って思ったりします。

 

 

たとえばお金っていうのは、どんなに嫌っていても、なくては生きていけないです。

だから

「お金は嫌い!持ちたくない!」

と言っても、持たないといけないです。

それが電子マネーであってもです。

 

もしお金が0だと人間は生きていけないです。

 

 

そして

「お金なんてないほうがいい!」

なんていう人もほとんどいませんよね。

 

一方で株をやめたいと思うのは、株価が上下するので。

価値が変わるので、それが精神的に疲れるからだと思うんです。

 

でも、まぁ、結局はお金なわけで…。

うまく言えませんけど、ケチのさらに上の感覚なのかな…。

 

 

「トイレットペーパーを買うのはもったいない!店屋や公園のトイレから盗む!」

みたいな人にとっては、トイレットペーパーを買うのがすごく気持ち悪いと思います。

 

おそらく株をやめたいと思うのは、株をやっていると。

そういう気持ち悪さを感じているんじゃないかと思ったり。

 

 

 

 

 

株も貯金もあまり変わらない?

 株をやめたい人は、株で損するのが嫌だからだと思うんです。

 

多くの人は

「なくなってもいいお金で株をやれ」

なんて言いますけど。

なくなってもいいお金なんて、存在しているはずがありません。

 

500円でも大金です。

500円もあれば、100円マック5個も買えますからね…。

 

 

だから、なくなってもいいお金なんてあるはずないんです。

そういうことを言う人は、パクリというか。

日本人特有の、テンプレ解答をドヤ顔で言っているだけかと。

 

 

なんとなく思うのは。

株がもうかるものだと思えない人にとっては、株は気持ち悪いのだと思います。

 

一方で貯金が損しないものだと思える人にとっては。

株よりも貯金のほうが魅力的なのかと。

 

 

株を始めるときは

【株>貯金】

こうなんだと思います。

 

でも、株をやめたい人というのは

【貯金≧株】

こうなんだと思います。

 

「負けを取り戻して株をやめたい!」

って状態になっているわけですね。

 

 

株は損をすると思っているのなら、そりゃーやめたいですよね。

個人投資家の9割は損をしているっていうのも確かだと思いますし。

 

株の場っていうのも、退場者が落としていったお金の上で繰り広げられているというのも感じています。

 

 

なので、株は損をする場っていうのは案外正しいのかもしれません。

損するぐらいなら、株をやめたいと思うのは当然です。

 

なので、株をやめたいと考えるのは正しいことなのかもしれません。

株はお金が増える方法である一方、減らすこともできますから。

 

実際株っていうのは、売らないとどうにもならないので。

実際の損失の額というのは、含み損ではないんですよね。

実際の損失は

【株を購入している金額】

これが損失なんですよ。

 

結局最終的には売らないといけないわけで。

売らなかったら、そのお金は拘束されたままなわけで。

使っている状態と同じなわけで。

 

 

株の損っていうのは、含み損ではなく。

株を購入している総額だと自分は思っています。

 

 

 

 

 

含み損株や塩漬け株が気持ち悪い?

 株をやめたい人の理由として

  • 含み損が気持ち悪い
  • 塩漬けは悪いことだから

こういうのもあると思います。

 

これはネットの情報のミスリードじゃね?

どちらも、株のうまい人はダメなこととして紹介しています。

 

だから、含み損株があると

「塩漬け株を作る前に損切りして、株をやめよう」

こうやって退場していくのかと。

でもこれがミスリードな気がします。

 

 

まぁ個人投資家が損切りして、株から退場しようが。

別にどーでもいいことなんですけど。

 

そういう人が増えることで、株で儲けている人にとっては。

優越感を感じたりするのかなぁ。

 

少なくとも株っていうのは、簡単なものだと思うんです。

売買でしかないですから。

 

 

上がる下がるはうまい人にもわからないです。

株は安いところで買って、高くなるまで待つゲームです。

 

でも株のうまい人は

【はったりで株を安いところで売らせる】

ことに一生懸命になります。

まぁヤフーファイナンスの掲示板なんてまさにそうですよね。

 

これは当然なんですよ。

他人なんて、儲けるより損してくれたほうがうれしいに決まってます。

 

 

だからブロガーとかも、コメントとかで

「利確できました!」

とか報告して。

ブロガーがコメント返しで

「おめでとうございます」

とか言っていても、そんなのおめでとうでもなんでもなく

「くそ」

と思うか、いやそんなのにもまったく興味がないに決まっているだけで。

 

おめでとうとか、よかったですね、みたいなことは。

まったく思っていないはず。

いや、知らんけど。

でも他人とかどーでもいいじゃん。

 

 

いや、知らんよ。

含み損や塩漬け株を作るのがダメなことかはわからないです。

ダメなのかもしれません。

 

でも、含み損や塩漬け株っていうのは自分だって作りたくないのは当然なんですが。

それができてしまうんですよ。

塩漬け株はできる前に損切りで回避できたとしても。

含み損はかならずできるでしょ。

 

 

なので株をやめたいと思うのかどうかというのは

【含み損にどれだけ耐えれるのか】

だと思っています。

含み損に耐えれない人は

「株をやめたい」

って思うはず。

 

 

ヤフーファイナンスの掲示板の住民とかあほだから。

株価が下がったら、なんかギャーギャー騒いでいますけど。

損切りしなければ、別に損でもないんだから。

どっしり構えていればいいのに。

 

なんかやけにうるさくないか?

いちいち株価が下がっただけで嘆いていたら疲れるし。

いちいち株価が上がっただけで喜んでいたら身が持たないでしょ。

 

いちいち損切りを報告していたらきりがないですし。

いちいち利確を報告していてもきりがないです。

 

 

なんとなく株っていうのは、そんなに気を使わなくていいと思うんです。

自分も株をはじめての3か月ぐらいは。

株価の上下に一喜一憂していましたけど。

 

半年ぐらい経過してから、なんか崩壊したというか。

やっぱり2018年12月25日が一番大きかったと思います。

 

なんか12月20日ぐらいから、1日ごとに含み損が10万ずつ増えていきましたからね。

もう株価が上がっても、下がっても。

「知らんわ」

って気になったところがあったような…。

 

 

でもやっぱり今でも含み損が増えると

「うわー」

って思うところがありますし。

それがきついから、株をやめたいっていうのもわかります。

 

 

でもあるところから、そういうのが崩れてしまうので。

株をやめたいと思っていても、なにか1つの株を持っていて。

その株で含み損に対する鈍感さっていうかな。

それを身につけるべきなのかもしれません。

 

 

 

 

 

儲けていて「株をやめたい」は正しい

 自分的には

「株をやめたい」

って思うのは正しいと思っています。

 

株をやめて、ほかのことに一生懸命になったほうが。

人生いい感じで生きていると思いますし。

株で儲かっても、結局そのお金をどう使うのかであって。

株が人生っていうのは、別に悪くはないですけど。

株での成功がゴールっていうのはどうかと思うんです。

 

 

なので株で儲けている人よりも。

株をやらないで、人生楽しんでいる人のほうが、いい感じだと思っていますし。

 

もちろんそんなのは人それぞれの価値観なので

「お金がすべて!」

って人もいます。

それは日本人には特に多いように感じています。

 

ニートなんて聞くと、お金を稼いでいないから。

ゴミムシみたいに扱う人もいますよね。

バイトがニートを馬鹿にする現状とかも普通にあるでしょ。

 

 

 でも、株をやると、自分はなんども言っていますけど。

株での攻略法は

【他人を気にしないこと】

だと思っているので。

 

そうなってくると、いくら稼いだとか。

他人は損しているとか、そういうのも馬鹿らしくなってくるような…。

 

 

だから、株をやめたいと思っているのなら。

株をやめればいいんです。

本人がそう思っているのだから。

 

 

ヤフー知恵袋に相談したら、おそらく

「続けたほうがいい」

「続けることで損失を取り返せる」

とか言う人もいると思います。

 

でも自分自身が

「やめたい」

と思ったのならやめるべきというか。

それができないと、株っていうのは勝てない気がします。

 

 

それは自分の判断で株を取引きするとかではなく。

株っていうのは

【他人を無視できるメンタルがあるのかどうか】

だと思うからです。

 

 

株は1円でも利確できれば勝ち。

1円でも損切りしたら負け。

それがすべてだと自分は思っています。

 

まぁ例外として

「配当を考えれば損切りだけどプラス」

っていうのもありですし。

 

「損切りしたけど、いままでの累計を考えるとプラス」

っていうのもアリだと思います。

でもそれも、結局は利確をしたからでしょ。

 

 

だから

「小さな利確は負け」

とか

「小さな損切りなら勝ち」

とか、そんな他人の言葉はミスリードでしかないと思っています。

 

 

 株に限らず、人生っていうのは自分自身が満足できるかどうかがすべてだと思います。

 

どんなに立派に生きても、名前が残るような故人になるのは難易度が高いと思いますし。

お墓に入れば、思い出されるのは墓参りの時ぐらいだと思います。

 

そもそも生きているときだって、他人にそんなに関心なんてもたないです。

 

 

だから、株で他人のことなんてどーでもいいわけで。

その思考が持てるのかどうかだと思います。

 

含み損や塩漬けは確かにつらいです。

でもそれがつらいと思うのは。

それが悪いことだと考える情報を得てしまっているからな気がします。

 

 

もちろん買った株が0円になったらと思うと恐怖しかないです。

自分も買った株が含み損になれば

「今買えば、もっと安く買えたのに!」

なんて、株を始めたころはよく思って、タイムマシンがほしいと思ったりしました。

 

 

でも、そんなこと後悔してもどうにもならないので。

なら、株をやめるか、長生きして配当でどうにかするか。

それぐらいしかできることってないと思うんです。

 

祈っても株価なんて上がらないわけで。

こちらにできることは、損切りして株をやめるか。

長生きして、配当をもらって損失を埋めるのか…。

用は塩漬け株の誕生ですね。

 

 

株のうまい人は、この2択だったらおそらく損切りのほうを正と考えると思います。

長生きして、配当をもらうのは誤だと思うはずです。

そういうところも

「株をやめたい」

という、損切りに誘導されやすい原因なのかもしれません。

 

いや、もちろん株をやめるのが正解だったりする可能性もあるんですけどねぇ。

 

 

自分も損切りして、大きな含み損を回避できたパターンもあるわけで…。

損切りは案外正しいのかもしれません。

でも損切りしなければ、利確できたパターンのほうが圧倒的に多いです。

 

 

 だから株っていうのは

【どうやって「株をやめたい」と相手に思わせるのかどうかの勝負】

なのかもしれません。

 

そして株のうまい人ほど、株をやっている人に

「株をやると損をするよ」

と思わせるか知恵を絞っているように感じますね。

 

 

株をやめたいっていうのは

【自分の考えではなく、他人に誘導された考え】

なのかもしれません。

 

 

もし株で大儲けしているのに

「株をやめたい」

って思ったのなら、それこそが本人の意思というか。

自分自身で出した考えなのかもしれません。

 

 

確定損や含み損まみれで

「株をやめたい」

と思うのは、他人に誘導された考えな気がしますねぇ。

そりゃ損をしているのなら、やめたいと思うのは当然ですから。

 

 

「全力投資したことを後悔していないです!」

っていうのは、大損した人が言えることです。

 

たまに馬鹿がいて、利益がでて

「全力投資をしたことを後悔していない!」

っていうのは当然なんですよ。

だって儲けて後悔するほうがおかしいでしょ。

 

 

だから、株をやめたいっていうのは。

たしかに本人がそう思ったのなら、株をやめることは正しいと思います。

 

でもそれが

【他人にそう思わされた可能性】

もあると思わないといけないのかもしれません。

実際知らんけど。

 

でも確定損や含み損がでかくなって

「株をやめたい」

って思うのは当然のことだと思います。

むしろ損していて

「もっと損をしたい」

とか、思うのはおかしいでしょ。

 

でもそう考えても。

やっぱり株は損切りよりも利確が正しいと思います。

小さな損切りの連続は、メンタルを蝕んでいくでしょ。

 

だからネットの株情報というのはミスリードがあふれているように感じるんですけどねぇ。