きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は無理だと思っているのに続けている理由とは?希望なのか舐めているのか?未来がわからないってことだけはわかる

なんか株を半年ぐらいやって

「あ、これ無理だわ」

と思っているんですけど、株を続けています。

 

f:id:totonototo:20190123235243j:plain

 

株を続けていることで

「あのとき買っておけばよかったな」

とか

「こんな株買うんじゃなかった」

とかいろいろわかるわけですが…。

 

 

どうなんだろ。

やっぱり現在も株に対して思うことは

【未来はわからない】

ってことです。

 

 

いや、過去のことを思って

「あのときこうしていればよかった」

とは思えるんですが、未来のことはわからないんですよ。

 

いや、なに言っているのかわからないかもしれませんけど。

人間反省しますけど、同じ失敗をしたりもしますよね。

そんなものなんですよ。

 

 

たとえば、同じ失敗をしないようにしようと思っていても。

同じ状況になると、同じ失敗をする癖がついているかもしれません。

 

もしかしたら、同じことをして今度は成功するかもしれません。

失敗したのがたまたまだったのかもしれませんよね。

 

 

だから、なんだろ。

株っていうのは儲けている人もいますけど。

個人投資家の9割は損をしているというのは、なんとなくわかる気がします。

 

株は無理だと思っています。

それは得することができないというわけではなく。

未来がわからないから、無理だってことですね。

 

 

たぶん株は

「先のことを考えることができる人が勝つ」

って言われていますけど。

どうなんだろ…。

先よりも、現在のほうを直視できる人が勝てるような気がします。

 

 

 

 

 

現在を直視する

 現在を直視するっていうのは、決算短信なんかもそうですけど。

 

自分はFJネクストの株を持っていて。

最近上方修正をしましたけど、これはなんとなく

「上方修正するんじゃね?」

とか

「増配されるのでは?」

なんて思っていました。

 

 

逆にイオンは

「決算いいけど、予想の額には足りなくね?」

とか思っていましたけど。

案の定、下方修正を出されました。

 

 

たしかにそれは先のことを考えていると言えますけど。

結局それは、現在を見ての先のことを考えているわけで。

なんだろ。

大事なのは未来を見ることではなく、現在を見て、そこから先を考えることだと思うんです。

 

 

株価も、上がりそうとか下がりそうではなく。

高いのか安いのかを考えての購入が重要になると思います。

 

自分は配当利回りから底を考えるのが使えると思っています。

逆にいえば、どんなにアゲアゲの株でも、配当が0円の株は怖くて買えないわけで…。

いや、底がどこにあるのかわからないので。

 

 

なので、株っていうのは業績を見つつ、配当利回りを見つつ、株価を見るって感じになるのかな…。

 

短期投資の人にとっては、まったく必要がないですけど。

自分的には短期の才能はまったくないというか。

未来のことがわからないので、短期は無理なので。

 

そういう底を考えて

「この株価なら買ってもいい」

みたいなものになるのかな。

 

 

だから、未来を考えての購入っていうのは失敗しやすい気がします。

株が無理だっていうのは、現在の株価がわからないんじゃないかと思ったり。

いや、株価がでていますけど、その株価が安いのか高いのかがわからないわけで。

 

株が上がるのか下がるのかしか考えず。

現在の株価が見えていない人には、株は無理に感じるっていうかな…。

 

 

だから株をやっていない人は、そういう傾向が強い気がするんです。

今後の株価がどうなるのかを考えるばかりで。

現在の株価がどうなのかは考えないっていうかな。

 

だから、ソフトバンクなんかは常に

「高い高い!」

「下がるぞ、下がるぞ」

ばかりですよね。

 

おそらくソフトバンクが1円になっても。

「まだ高い!」

とか言っている人がいそうな気がします。

 

 

用は、現在の株価が見えていなく。

その銘柄のイメージというかな、そういうので取引しているっていうかな。

 

 

だから素人ほど

「上がる銘柄を教えてくれ」

な人が多そうですけど。

どんな株も上がったり下がったりしているわけで。

ずっと上がり続ける株は存在しないわけですね。

 

 

 

 

 

 

株を舐めている?

 自分は株を舐めているのかもしれません。

株を無理ゲーだと思っているのに続けているのだから。

なんとなく株を舐めているところがあるのかと…。

 

 

本当に株が無理ゲーだと思っているのなら。

株はやめているはずなので…。

 

 

株はなんだろ。

ほんとよくわからないです。

 

チャートというのは、神の目というか。

過去を一瞬で過ごしたような気になるものなんです。

 

 

でも、株を買ったら、一秒が長く感じるので。

含み損の時期に、不安がでてきて売ってしまったりします。

 

チャートを見れば

「ここで買って、ここで売ればいいじゃん」

って思いますけど。

それは長い年月を一瞬で考えているからそんなことが言えるわけですね。

 

 

「毎日ジョギングすればいいじゃん」

とか

「毎日勉強すればいいじゃん」

って、そのとおりなんですけど、それをできる人はなかなかいないですよね。

 

株が無理だっていうのは、そういうところなのかもしれません。

株が簡単だっていう人は

「勉強毎日すれば、テストでいい点とれるよ」

と言っているのと同じなのかも。

 

いや、株は逆なんですよ。

株は放置をすればするほど結果が出せるものだと思います。

株は力を入れれば入れるほど、結果が出にくいものかと。

 

 

結局株なんていう物は

【含み損の時間をどう過ごすのか】

だと思います。

 

 

自分は

「積立nisaってクソじゃね?」

と思っていたんですけど。

今では含み益になっています。

 

長い間積立nisaって含み損だったんですけど。

やっぱり、時間をかければプラスになるんですよ。

含み損のときに耐えていれば、いつかはプラスになるわけですね。

 

 

もし積立nisaだけやっていれば。

含み損のときに損切りなんてやるはずがないので。

積立nisaだけやっていれば、現在プラスの状態だったわけですよ。

含み益で利確0なわけですから、プラスの状態になるわけですね。

 

 

積立nisaもいつかは利確しないといけないわけですから。

利確しないとどうにもならないので。

その利確タイミングが難しく感じますが。

 

あれだ。

やっぱり投資っていうのは正しくやっていればどうにかなるのかも。

 

 

 自分も積立nisaが含み損のときは

「積立nisaとかゴミだわー」

とか思っていましたけど。

含み益になると

「やっぱり正しいわ」

って思うわけで。

 

人間そんなものなわけ!!

 

 

 

 

 

自分の人生どうなるのかわからない

 株に限らず自分の人生がどうなるのかわからないものだと思います。

 

株は含み損や含み益が数字ではっきりでますけど。

人生に関しては、数字で表すことができないです。

 

 

もしかしたら、現在は恵まれている状態かもしれませんし。

もしかしたら、今は含み損の状態かもしれません。

そんなこともわからないわけです。

 

本人が

「今幸せだ」

と思っていても、今後さらなる幸せがあるかもしれませんし。

 

本人が

「なんて不幸なんだ」

と思っていても、今後さらなる不幸が待っているかもしれません。

 

 

でもやっぱり未来はわからないんですよ。

だからこそ、現在の自分を見るしかできないような気がします。

 

株で勝てる人というのは、自分自身の現在の状態をわかっているというか。

そういう能力が優れているのかもしれません。

 

 

逆に株で負けてしまう人というのは、自分自身の状態がわからず。

ちょっといいことがあると、強気になったり。

ちょっと悪いことがあると、弱気になったり。

そんな感じなのかと。

 

 

株っていうのは、株価が上がると強気になりがちで。

株価が下がると弱気になりがちです。

 

スポーツなんかでも、流れなんて言われて。

いいプレイがあると、いいプレイがでやすくなるとかいう不思議現象があったりしますけど。

 

 

どうなんだろ。

やっぱり未来のことはわからないので。

株で勝つっていうのは無理に近く感じます。

 

 

ただ大勢の人が言っている

「なくなってもいいお金でやるべき」

っていうのは矛盾しているようで正しいように感じます。

 

人間なくなってもいいお金なんて1円もないです。

いや1円ぐらいなら、落としても惜しいと思わない人もいるかもしれません。

でも500円ぐらいになると、落としたら

「もったいない」

って思うでしょ。

 

だからなくなってもいいお金なんてないんですよ。

 

 

でもなくなってもいいと思わないと。

株なんて、不安で損切りの連続になってしまうので。

結局矛盾しているわけですね。

 

 

自分が

「株は無理だろ!」

と思っているのに、現在も続けているのは。

そういう矛盾したところがあるのかもしれません。

 

 

なくなってもいいお金なんてあるはずないのに

「なくなってもいいお金で株をやるべき」

っていうのが正しいっていうかな。

 

株は無理だと思っているのに、現在も株を続けているのも。

そういう、よくわからない理由というか、感覚なのかもしれません。

 

 

 現在もよくわからないんですよね。

ポジションを一回0にして、短期でトレードしたほうがいいのか。

 

それとも長期で株をやって、配当もらいつつそれであーだこーだしたほうがいいのか。

 

 

含み益も伸ばしたほうがいいのか。

さっさと利確したほうがいいのか。

わからないんですよ。

そもそも正解なんてないわけで。

 

 

そういうのも株が無理ゲーって思う理由かな。

でも株っていうのは、損の額は含み損ではなく、株を持っている額だと思うんです。

 

結局売らないとお金にできないわけで。

含み損の額ではなく、株を持っている額が損と同じっていうかな。

 

だからポジションがでかすぎる人は、危険な気もするんですけどね。

1億持っていて、1億株を買っていたら、1億の損ってこと?

それもなんか違和感がありますけど、なんとなくそんな気がします。

 

1億の資産が拘束されているのなら。

それって1億損をしているのと同じようなことな気がするので…。

 

 

だから、短期の取引は

「投資ではなく投機だ!」

とか否定したりする人もいますけど。

自分は株の必勝法は

【勝ち逃げ】

だと思うので、短期を否定するのは単なる勝ち逃げがイラつくだけな人のような…。

 

 

利を伸ばせっていうのは、たしかに魅力的ですけど。

リスクもでかいような気がするので。

なんだろ。

 

やっぱり株は利確できるのなら利確したほうがいいわけで。

迷ったのなら買わないほうがいいです。

 

株はお金が増える可能性を秘めていますけど。

まったく魅力的なものではないと思っています。

 

 

だから、そういうのも無理だと思っていたり、魅力的ではないと思っているのに。

株を続けている矛盾ってことなのかな。

株を舐めているのかなぁ。