きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

なぜ日本株を買うのか?バーゲンセールで安いから?個別株は魅力的?高配当株投資に理想的じゃないか?

自分は日本株を結構買っているんですけど。

冷静になると

「なんで日本株を買っているんだろう?」

とちょっと不思議に思ったりしました。

 

f:id:totonototo:20190313024303j:plain

 

別に日本株に不満があるわけではないですし。

日本株で結果がでないってこともないと思うんです。

 

でもアメリカ株を買っていたほうが、今後に期待が持てるっていうのはわかりますし。

日本株をこんなに買っているのが自分でも謎だったりします。

 

 

たぶん日本株を買う理由というのは

【日本株が安くなっている】

からだと思います。

 

「なにこれ、安い」

と思って購入したら、さらに安くなっていくわけですね。

ダメじゃん。

 

 

逆にアメリカ株とかになると。

ずっと右肩上がりに見えるので

「安くなったら買おう」

と思っていても、買うチャンスがなかなかこないわけです。

 

 

これは日本株にひっかけられているというかな。

ハメられているような気がしないでもない。

 

いやだって、値段が下がって

「安いよ!安いよ!」

と言われていて、ついつい買ったら

「さらに安いよ!安いよ!」

ってされたらきりがないじゃん。

 

 

でも安くなっても、企業が払ってくれる配当は変わらないわけで。

そう思ったら日本株は

【高配当株投資に向いている】

ようにも感じます。

減配されたらどうにもなりませんけどね。

 

 

 

 

 

 

高配当株投資なのに含み益や含み損が気になる?

 高配当株投資なら、含み損や含み益は無視してもいいと思うんです。

 

その企業が配当を払ってくれるのなら。

その株を持っていれば、お金は増えていくはずです。

 

 

ただ日本の企業は、業績によって配当を変えるところが多いです。

よく言われているのは

「配当性向30%をめど」

なんて言われれば、EPSの30%ほどが配当になるわけで。

もし業績が悪くなれば、その分配当の額も落ちると考えられます。

 

まぁ逆にEPSが上がれば、配当の額も上がるんですけどね…。

 

 

日本株は買っても下がってしまったとしても。

配当がもらえれば、含み損や含み益は気にならないのか…。

これは間違っているように感じます。

いや、日本株を買っている自分がいうのもなんですけど。

これは間違っているんですよ。

 

 

それはなぜかというと

【どんな株も最終的には売らないと意味がない】

からです。

 

たしかに配当だけで、元の投資額を受け取ったのなら。

その株は売らなくても別にいいかもしれません。

 

でも株っていうのは、最終的に売らないと意味がないというか。

お金にしないとどうにもなりませんよね。

 

そもそもお金っていうのも、コインや紙でしかないので。

使わないと意味がないですよね。

 

 

それと同じように株っていうのも、最終的にはお金にしないと意味がないわけで。

いくら配当をもらっていても、その株がどんどん下がって含み損だらけになってしまうと、どうにもならないわけで。

 

その株を売るとき…。

そのときに、含み益になっていることが理想ってことですね。

 

逆にいえば、いくら株を持っていて含み益でも。

株を売ろうとしたときに含み損ならどうにもならないってことになりますね。

 

 

 

 

 

日本株は高配当株投資に向いている?

 日本株は高配当投資に向いているのかというと。

これは正しいと思っています。

 

なぜなら

「業績がいい株でも安くなる」

わけで、これはちょっとおかしいでしょ。

 

 

これは日本株を長期でやっている人にとっては

「こんな意味不明な日本株なんて保持している意味がない!」

ってなると思いますけど。

 

自分は2018年から株を始めましたけど。

もし日本株が正常に評価される市場だったとするのなら。

自分は買う株がほとんどなかったかもしれません。

 

 

日本株は意味不明に安くなるから。

いろいろ業績がいい株を買えたところはあったと思います。

 

前もFJネクストが上方修正されましたけど。

FJネクストもなかなか評価されない株だと思います。

おそらく不動産株だからだと思いますけど。

 

 

長谷工も、3月権利で配当70円ぐらいもらえたのかな。

その増配を2月後半ぐらいに発表したのかな?

それでもそんなに高くなりませんでしたからね。

 

いや、もう今後も80円配当を続けるのかわからないので。

もう下がってもいいと思うんですけど。

 

 

もし正常に評価される市場だったら。

おそらく長谷工とか自分は買えなかったと思いますよ。

いや、もう売ってしまったんですけど。

また買い戻そうかな。

でも9月は10円配当だしなぁ。

 

 

なんかそう思ったら、高配当株投資っていうのは。

根本的にダメなのかもしれませんけど…。

うーん、どうなんだろ。

 

 

よくアメリカ株投資家が

「アメリカ株は増配していてこんなに増えました」

みたいなことを言う人がいますけど。

 

そんなのは日本株でもいい株ならそんな感じになっていると思いますし。

日本株でもどんどん増配している企業があるので。

そう思ったら、日本株もアメリカ株も変わらない気がします。

 

単にアメリカ株の有名どころは、少額でも増配を続けていて

「安心感がある」

っていえば、その通りだと思いますけどね。

 

 

でもそれは日本株の業績がいいのに、謎の下げで安くなっている株を買っても。

「割安だから安心」

「業績がいいのに安い」

という安心感があると思います。

 

 

どっちのほうがいいのかはわかりませんけど。

アメリカのほうが、やっぱりお国的にいいような気がしますけどねぇ。

でもやっぱり日本株の

「魅力的な株なのにこんなに安いよ~」

な感じにつられて購入しちゃうのかな。

その結果、含み損がばんばん増えているんですけどねぇ。

 

積水ハウスとか配当利回り5%のときもあったんだから。

そういうときに買って、放置しておけばよかったわ。

 

 

どうなんだろ。

やっぱりアメリカ株は配当ではなく、値上がり益じゃないか?

 

だからアメリカ株の高配当株投資とかいいつつ。

株価が上がって喜んでいることをネタにしているブロガーと買いますけど。

 

別におかしいとかではなく。

結局のところ

【高配当株投資家でも、株価の上下のほうが気になる】

ってことなんだと思います。

 

 

うーん、自分ももうちょっとアメリカ株を買っていこうかな。

積立nisaと1557の2つだけで十分か。

 

アメリカ株のAT&Tとか買ったんですけど。

そろそろ売ろうと思っています。

確かに配当利回りが高いですけど。

 

なんだろ。

やっぱりアメリカは個別株とか買うより、ETFとか積立nisaとかで十分な気がします。

 

AT&Tを売って、1557を買うかな。

高配当株なら、日本株で十分というか、日本株で高配当株がごろごろしていますからね。