きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は下がった時…安いときに買わないとどうにもならないかも?株が下がるのも必要なこと

株は下がった時に買わないと効率が悪いです。

日本株になると、戻ってこないこともあるので注意しないといけません。

 

そういう点で、やっぱりアメリカ株のほうが安心できるっていうのはあるのかもしれません。

 

f:id:totonototo:20190312235526j:plain

 

JTなんて、もう戻ってこないだろ。

いや、3000円はワンチャンあっても。

4000円なんて、もう考えられないです。

 

 

なので株は下がった時に買わないと効率が悪いというか。

日本株なら、買値に戻ってこない可能性もあります。

 

だから、日本株は

【損切りが大事】

なんて言われるのかもしれません。

逆にアメリカ株なら損切りはいらないのか…。

 

 

だから冷静に考えると、日本株で配当0円の株を買うとかリスク高すぎるんですよ。

単なるギャンブルをしているだけで。

買った後に

「上がれ~」

と祈るぐらいのことしかできないというか。

そんなことをしても、無意味なので…。

 

 

でも、そういう配当0円の株でも。

下がった時に買わないと、どうにもならないような…。

まぁさらに下がったらきついですけどね。

 

 

 

 

 

 

アメリカ株でも買った後に下がるときつい

 アメリカ株でも買った後に下がるときついんです。

たしかにアメリカ株は値がもどってきますけど。

買った後に下がると、戻ってくるのに時間がかかるので…。

 

 

たとえば、アマゾンは一時期2000ドルでしたけど。

今は1800ドルぐらいなので、まだ値を戻していません。

一時期1400ドルぐらいまで落ちたのかな。

 

まぁアマゾンはまた2000ドルになると思いますけど。

アメリカ株でも、買った後に下がってしまうと、戻ってくるのに半年ぐらいかかるってことになるのか。

 

 

日本株になると、戻ってこない株もあるかもしれないので。

そう考えると、アメリカ株のほうが安心感があるかもしれませんが。

 

アメリカ株でも、ものによっては日本株のほうが戻りが早いものもあるのか。

 

 

日本株は、頻繁に株が安くなっているので。

安くなったら買えばいいので、高いときに買う必要はないと思うんです。

 

じっくり安くなるのを待つのが日本株の攻略法かと。

特に2018年から、日本株はとにかく安くなるので…。

銘柄にこだわりがないのなら、安くなっている銘柄は見つかるはずです。

 

だから、2019年は日本株の買い時なのかもしれませんね。

結構イージーモードなのかも。

 

たしかにアメリカ株は右肩上がりで。

ずっと上がっているイメージがありますけど。

 

 

2018年の12月25日のような暴落があると。

アメリカ株は右肩あがりゆえに

【高値掴みからの暴落がくる】

ってことになってしまう可能性があると思います。

とにかく買うタイミングが難しく感じます。

 

ちょっと今もダウが上げすぎているので。

いつ暴落がきてもおかしくないような気もします。

 

 

もちろん、日本株だって安くなっている株が、暴落によってより安くなるわけですが。

どうだろ…。

 

そう考えたら、やっぱりアメリカ株のほうがいいのかな。

基本右肩上がりで、下がることがほとんどなくて買い時がわからないけど。

うーん。

 

 

でも、やっぱり株は

【下がった時に買わないと効率が悪い】

と思います。

 

アメリカ株のように右肩あがりだから、特に下がってもいないときに購入すると。

高値掴みで、効率の悪い結果になる可能性があるってことですね。

 

 

積立nisaっていうのがあるように。

安いときも高いときも、一定で買っていくっていうのは正しいように感じます。

 

それは右肩上がり系のチャートのもので威力を発揮するわけで。

ちょくちょく下がったりしている系のものでは、常に買うより。

下がった時にピンポイントで買ったほうがいいのかも。

 

 

 

 

 

 株が下がることも必要

 思ったのは株が下がることも必要なんだと思います。

 

良い株が安く買えるのは、下げ相場です。

日本株は業績がいいのに下がっている株も多くあります。

 

 

「安い」

と思って購入した後も、下がり続けるので意味不明なんですが。

 

でも、やっぱりこれは下がっているときに買わないとどうにもならないと思いますし。

運がよければ、より安くなったところで買うこともできるので…。

 

 

結局その底付近で買えた人が大勝利ってことか…。

うーん、株ってわけがわからないわ。

 

株はどの企業の株を買うのかが大事なのではなく。

底で株を買うことで、最高の効率を出すことができるわけですね。

 

 

どんなにいい企業の株を買ったとしても、高値掴みをすれば。

暴落がくることで、買値に戻るのには時間がかかります。

 

でも暴落が来た後の底で買うことができれば。

イマイチな企業の株でも、それなりに儲けられるってことになるので。

 

 

株で大事なのはタイミングなんだと思います。

安く買って高く売る。

でもこれはタイミングも必要になるので。

やっぱり株は運ゲーになります。

 

こちらができることは、どの企業の株を買うのか。

そしてどのタイミングで株を買って、どのタイミングで株を売るのか。

これなわけですね。

 

 

じゃあ、暴落が来るまでは良い企業の株を探し。

暴落が来たら、株を買えばいいわけですね。

 

簡単なことなんですけど。

常に株取引をして、利を出そうとすると損をしてしまう可能性もあるわけで。

確かに暴落なんて頻繁にきたりしないので…。

 

 

自分は

「株は損切りが大事」

っていう人が多いですけど。

これはなんかピンとこなかったんですよ。

 

でも日本株は買値に戻ってこないものもあるっていうことと。

株を買うのはタイミングが大事ってことを考えると。

高値掴みしてしまったと思ったら、早めに損切りしたほうがいいのかもしれませんね。

 

 

つまり損切りをすべきときっていうのは

「あ、高値掴みしてしまった」

と思ったときなのかと。

 

おそらくですけど。

株のうまい人は上がっている株を買うのだと思います。

株のうまい人は、順張りを勧めていますよね。

 

だから、損切りも必須になるのかと。

順張りになると、上がっている株を買うことになるので。

高値掴みもしやすいのかと。

 

 

でも個人投資家なら、安くなった株を逆張りでいけるので。

それなら損切りってそこまで必要ないんじゃないか?

 

 

なんか、そのとおりな気がします。

株のうまい人は

「暴落しているときは様子を見ろ」

な感じで、安くなった時は手を出さない人が多いです。

 

それは落ちるナイフがあーだこーだもあると思いますけど。

それ以上に、株のうまい人は順張り派であって。

もし下げてきたら損切りして、手じまいするからなのかと。

 

 

うーん、そう思ったらいろいろ違うものだと思います。

なんかアメリカ株って、自分が買ったら、自分が買った瞬間に暴落しそうです。

だから、買う勇気がでないなぁ。

買うとすれば円高になったときに、買うのがいいのかな。

 

たしかに株価は右上がりでも。

ドル円は動いていますから。

 

ドル円で円高になったときに株を買うことで。

株価が上がっていたとしても、それなりに安くアメリカ株を買うことができますからね。

 

 

そう思ったら

  • 日本株⇒安いときに買う
  • アメリカ株⇒円高になったときに買う

こういう風に覚えておけばいいのかと。

株価が上がるのか下がるのかはわからないです。

 

それなら日本株は5年チャートを見て、安い水準にあるのなら買い。

アメリカ株はドル円を見て、円高になった時に買い。

こんな感じになるのかな。

 

ただやっぱりアメリカ株は、買った後に暴落がくると。

ちょっときつい気がします。

それでも、値が戻ってくるだけいいのか…。

時間をかければ、確実にプラスになるのがアメリカ株ってことか。

 

日本株は安くなった時に買いを入れれば、反発して短時間で結構な利がでるので。

ギャンブル要素が強く、買いタイミングもわかりやすいってことになるのか。

 

 

安牌はアメリカ株ですけど。

リスクをとって、短時間で大きく稼ぎたいのなら日本株ってことになるのかな…。

 

ほんと日本株ってちょくちょく安くなるので。

結構強気で多めに買えば、短期間で結構稼ぐこともできそうですが。

 

自分の考えどおりにいかなかったら。

大損というか、身動きとれなくなるので…。

うーん。

 

 

でも、やっぱり下げ相場が多い日本株って。

下げ相場が多いからこそ、魅力的なのかも?

 

変な話ですけど。

株は買っても売らないとどうにもならないので。

日本株は

「どうせすぐに下がってくるでしょ」

な感じで、利確しやすいからいいのかもしれません。

 

まぁそんな感じでアイアールジャパンやらコーエーテクモとかは。

自分が売った後に上にぐいぐい進んでいってしまったんですけどねぇ。

 

 いろいろ書きましたけど。

日本株の魅力は、株価が下がりやすいところなのかもしれません。

 

それは株を長期で安心して持てない相場なのかもしれませんけど。

短期で株をやろうとしている人にとっては、日本株って魅力があるのかも。

でもある程度資金がある人にとっては、アメリカ株なんだろうなぁ。

 

自分もまずは5000万ぐらい貯めて。

そのぐらいになったら、アメリカ株で増やしていけばいいのか。

 

 

でも日本株で1000万が5000万ぐらいになるか?

5倍だぞ!?

無理じゃね?

 

5倍にするには、暴落したときに底で結構な量を買いを入れるしかないか。

うーん、厳しい。

失敗したら減るし。

 

 

だからやっぱり日本株よりアメリカ株だわ。

でもアメリカ株は暴落したときではないと、もう買う気がしないなぁ。

 

逆に暴落した株はチャンスなので。

そういう株を見つけて買っていけばいいのかな。