きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は真剣にやらないほうがいい理由!適当にやっても結果は変わらない

なんかよくネットでは

「投資を適当にやったら退場する」

なんて言う人がいますけど。

関係なくないか?

 

f:id:totonototo:20190417002636j:plain

 

投資を適当にやっていた人が、退場しているのかというと。

そういうわけでもない気がしますし。

 

投資を真剣にやれば、退場しないのなら苦労はない気がします。

 

 

だから、株を真剣にやるやらないっていうのは。

結果に何も影響しないです。

 

そりゃー資金力があって、自分で相場を動かせるのなら影響があると思いますけど。

 

株を売買するときに、真剣なのかどうかなんてまったく関係ないです。

真剣にやれば、儲かるのなら苦労はないですよね。

 

 

 

 

 

変わらないのなら適当でいい

 真剣にやってもやらなくても、変わらないのなら。

真剣にやらないほうがいいような気がします。

疲れないから。

 

 

日本人は、真面目な気質があるからか

【真剣にやる人が成功する】

みたいなイメージがありますけど。

 

真面目な顔して、パソコンで株を買えば儲かるのなら苦労はないです。

自分も最近までそういうところをちょっと勘違いしていたんですよね。

 

 

真剣にやっても、無理なものは無理。

なら、真剣ではないほうが

【その後の対応にも適当しやすい】

ように感じます。

 

真剣に株を買えば、その後下がったら狼狽する可能性が高そうです。

「あんなに真剣になっていたのに!」

と思っても、別に関係ないわけで。

 

 

むしろ真剣にやらないほうが結果が出るのでは?

自分は株で結果がでる購入っていうのは。

リアルタイムで購入した株ではなく

【指値を入れていて、気が付いたら買えていた】

っていうものが圧倒的に多いです。

 

 

なら、株なんて言うのは真剣にやらないで。

指値を入れて、適当にやったほうがいいのかもしれません。

 

そもそも真剣と適当の境っていうのがよくわからないです。

 

 

 

 

 

疲れる

 最近とにかく疲れるんですよね。

ちょっとうつっぽくなっていたんですけど。

 

それはいろいろ真剣にやろうとしていたからなのかもしれません。

 

 

でも株っていうのはもっとも

【がんばる必要がないもの】

なのかもしれません。

 

「がんばって含み損に耐える!」

とか意味不明じゃね?

 

そんないちいち含み損に耐えずに。

適当に放置していればいいのでは?

 

 

がんばって含み損に耐えることで、それが結果につながるわけでもないし。

適当に含み損を放置することで、それが失敗につながるわけでもないでしょ。

 

でも日本人はなぜか

【真剣にやらないからうまくいかない】

と、そういうイメージがあるからおかしいわけで。

 

 

あほくさ。

無駄に疲れたわ。

 

別に含み損があったら

「精神的に苦痛を味合わないといけない!」

とか、そんなことでなくてもいいと思うんですよ。

 

 

適当でいいと思います。

株っていうのはお金を扱うので、真剣にやったもの勝ちなイメージがありますが。

 

どうせ真剣にやっても、こちらはどうすることもできないので。

適当にやったほうが、疲れない分いいと思うし。

案外柔軟な対応ができて、結果がでるかもしれません。

 

 

特に適当にやったほうが、下げ相場においては最もいい対応ができるんじゃないかと思ったり。

 

真剣にやっていたら、下げ相場は狼狽するでしょ。