きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株を売るために買うと損をする!含み損になるとメンタルが持たない!株は一生保持が理想!長期投資が有利なわけ

株ってはじめるときは

「儲けるぞ」

な感じでスタートするので、株を売るために買うと思うんです。

 

f:id:totonototo:20190421010717j:plain

 

でも、売るために株を買うっていうのは

【含み益になるのが前提】

なわけで、含み損になったら困るんですよね。

 

 

本人の中では

「この株は上がる!」

と思って買ったわけですが。

その通りに上がる保証なんてないわけで。

 

もし売るために株を買ったのに、下がって含み損になってしまったら。

メンタルが持たなく、大きな損をしてしまう可能性が高く感じます。

 

 

おそらく株の初心者が、初めに直面するのがこれだと思います。

そして多くの人が言っている

「損切りが大事」

というミスリード的なものに惑わされて、損切りして納得して。

 

でもやっぱり損切りは損を確定させているわけですから。

お金を無駄にしたと思って、そのままやめていくのだと思います。

 

 

 

 

 

一生保持を考えて株を買う

 じゃあどうやって株を買えばいいのか…。

 

売るために株を買わないで。

一生保持を考えて株を買えば、下がったとしても納得できます。

 

 

うーん、これははじめの気持ちなんだと思います。

売るために株を買うっていうのは、お金が増えることを考えて株を買っています。

 

でも一生保持を考えて株を買うっていうのは。

株を買った瞬間

「お金を使った」

なんて感覚になるわけですね。

 

 

その差はかなり大きいと思います。

たとえば、日産は現在9万~10万(900円~1000円)ぐらいしますけど。

9万~10万円という金額をどう思うのか…。

 

もし売るために購入した人にとっては。

「9万円で買ったけど、きっと10万円になって返ってくるだろう。」

みたいな、多くなって返ってくることを考えています。

まさか9万円がなくなるなんてことは考えていないかと。

 

そうなってくると、含み損になると

「あれ?」

となって、そんなお金が減るような株は持っていたくないわけで。

損切りして、損をするわけです。

 

 

一生株を保持するっていう気持ちで株を買ったのなら。

株を買った金額が、使用金額ということで。

0になってもいいという覚悟というか。

そもそも売ることを考えていないので、使ったらその金額を消費したって感覚になるのかな。

 

 

でもこれは普通だと思うんですよ。

もしテレビでもパソコンでもいいですけど。

それを買うときに

「売るために買うぞ」

なんて考えている人はほとんどいないと思います。

 

テレビを買ったのなら、その金額を使ったと思いますよね。

テレビを買うときに

「すぐに売れば、ある程度は戻ってくる」

なんて考えてテレビを買う人はいないと思います。

 

 

株は買い物なわけで。

売るために買うっていうのは、確かに株の基本でもあるんですが。

長期で保有する気持ちがある株を買ったほうがメンタル的には持つと思います。

 

 

 

 

 

長期が有利なわけ

 長期投資が有利な理由は、単に配当やら優待があるからだと思います。

 

もちろん株価が上がってくれたほうがうれしいわけですが。

そうなると、売らないとどうにもならないので。

株がなくなってしまうんですよね。

 

 

だから、どんなにその後上がっていく株を持っていたとしても。

株を売らないと売却益っていうのは得ることができないので。

それはまた株を買って、株を売るってことの繰り返しをすることになります。

 

 

でも、株を長期で持っていれば配当や優待をずっともらうことができるわけで。

株を保持したまま、お金が入ってくるわけで…。

 

それは含み損株でもお金っていうのは入ってくるんです。

 

 

当然のことなんですけど、これは恵まれていると思います。

どんなに含み損株でも、損切りせずに持っていたほうが配当やら優待やら。

いろいろなものがもらえるわけで…。

 

どんなにダメ株でも、配当0円ではなければ。

それなりにメリットはあると思います。

 

まぁ配当0円でも、議決権やら郵便物が届くので。

その企業を応援しているのなら、うれしいのかもしれませんね。

 

 

これもこのブログでは何度も書いていますけど。

株っていうのは、買うタイミングと売るタイミングはこちらで決定することができます。

 

なので、1年365日中364日が含み損だったとしても。

365日中1日だけ含み益な日があったのなら。

その日に売却をすればプラスになるわけですね。

 

 

まぁ株価っていうのはじわじわと上がっていくものなので。

そんな1年のうち1日だけ含み益とかなる可能性はあまりないような気がしますけど。

 

長期投資なら含み益になるタイミングを待つことができるわけで。

株っていうのは、基本有利なものだと思います。

いや、手数料とかそういうのが不利なものなんですけどね…。

 

 

自分は別に長期投資をしたほうがいいとか言いたいわけではなく。

短期だと投機だと言われたりしますけど。

【短期でも利確ができたのならそれでいい】

と思っています。

 

 

だから株を一生保持するために購入したとしても。

買った10分後に、上がったから

「売ろう」

と思うのもアリだと思っています。

 

 

株を売るために買うと、上がらないとどうにもならないです。

でも株を一生保持しようと思って購入すれば。

もし株価が上がったのなら

「一生保持しようと思ったけど、やっぱり売ろう」

っていうのがOKになるわけですね。

 

そういう選択肢が増える点からも。

株は売るために買うのではなく、一生保持することを考えて買うのがいいと思っています。