きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

信用取引は不利!空売りで儲けることができても、借金するのは厳しい

信用取引は不利です。

これは空売りをするとわかります。

 

f:id:totonototo:20190321195528j:plain

 

実を言うと、この1か月は空売りでの利益のほうが大きいように感じます。

そう聞くと

「やっぱり空売りって儲かるじゃん!」

って思うかもしれません。

 

 

でも空売りを入れることができたのは

両建て

したからであって、もし現物株を持っていなかったら。

その株を空売りするなんて怖くてできないです。

 

 

ヤフーファイナンスの掲示板なんかを見ると。

空売りで儲けたようなことを書いている人が多いですけど。

それ自体がミスリードです。

 

空売りっていうのは、不利な勝負であって。

それに足をつっこんだら、やばいことになるのでおすすめしません。

 

 

空売りをすることはいいと思うんです。

空売りをすることで、信用取引のやばさに気づけると。

その後大きいと思いますね。

 

 

 

 

 

信用取引は借金

 なぜ信用取引が不利なのかというと。

これは簡単で、信用取引は借金をしてやっているようなものだからです。

 

まぁそんなことを言うと、クレジットカードもぶっちゃけ借金みたいなものなんですけど。

クレジットカードは、使った額以上に取られるっていうことは。

リボ払いとかそういうのを選択しないと、基本ないですよね。

 

逆にクレジットカードを使うことで、ポイントが貯まったりしてお得です。

 

 

でも信用取引っていうのは、お金を借りて取引しているようなものなんです。

空売りっていうのは、株を借りてそれを売って、買い戻すって感じになるので。

まぁ借金というより、借株なわけですけど。

結局はその株の金額分の借金みたいなものなんです。

 

 

借金をすれば、当然利息っていうの?

払わないといけないですよね。

なので、手数料的な話もそうなんですけど。

そういう小さい額でも結局不利な勝負になるんです。

 

 

空売りが厳しいのは、たしかに

「空売りの損失は無限大」

とか言うのも正しいと思いますけど。

 

根本的に借金になるからだと思っています。

借金して、損を増やすとか、考えただけでも気持ち悪いです。

 

 

もちろん空売りをしてうまくいくこともあると思います。

最近は下げ相場ということで、空売りをしたほうが儲けやすいかもしれません。

 

それでも、空売りっていうのは不利なゲームなわけで。

気をつけたほうがいいと思います。

 

 

頭のいい人は、信用取引っていうのは不利なゲームだとわかっているから。

現物株だけで勝負をする人もいるわけで。

 

そりゃ信用取引がほとんどリスクがないのなら。

みんなやっていると思いますけど。

不利な勝負になるのなら、やらなくてもいいと思います。

 

 

 

 

 

信用取引をすることで現物株の有利さを感じる

 ただ現物株しかやったことがない人は、信用取引をやってみるのもいいかもしれません。

 

そうすることで

【現物株がどれだけ恵まれているのかわかる】

からです。

 

 

信用取引をしないと、現物株の有利さを感じられないというか。

現物株の魅力が見えず、現物株でも気持ち悪いものに思えてしまうかもしれません。

 

 

現物株の魅力っていうのは、まぁ単純に

「放っておいても大丈夫」

ってところがあります。

 

いや、信用取引になると放っておくというのは。

ゲオのレンタルビデオを放置するみたいなものなんですよ。

 

気が付いたら

「やべ、延滞料がやばい!」

な感じになってしまう可能性もあるので。

信用取引っていうのは、不利なわけですね。

 

 

でも現物株は、確かに株価が下がって

「気が付いたら半値になっていたわ」

ってなるかもしれませんけど。

持っていて手数料がかかったりすることはないです。

 

 

今の世の中、土地でも車でも持っているだけでお金がとられます。

でも現物株は持っていれば、配当が入ってくるわけですね。

だから株って魅力的だと言えるわけで。

それは現物株に言えることなんです。

 

 

株は

「売って儲けるもの」

なイメージが強いですけど。

 

放置していても、特にお金がとらない…。

むしろお金が入ってくるものなわけで魅力なわけで。

 

 

逆に信用取引は、放置していたらお金がとられるもの。

だから不利なわけですね…。

 

 

だから空売りっていうのは単発でやるのなら損切りは必須だと思います。

自分みたいに

「現物株を持っているから、売りを入れよう」

みたいなことはしやすいと思います。

それならもし大幅上げしても、現渡すればすむことですからね。

 

まぁ両建てって基本意味のないことのように感じますけどね。

現物株を持っているのなら、それを売って安くなったのなら買い戻せばいいだけなわけですから。

 

 

でも自分はどうも一度株を売ると、また買う気になかなかなれないので…。

今後も保持しようと思った株で、利確しようか迷ったのなら

「空売りを入れて様子をみるか」

って今後はしようと思います。

 

 

もし下がらず上がっていってしまったのなら。

現渡をすれば、空売りを入れる前の含み益分を利確できます。

そこで手じまいするか、また株を買うのか考えればいいわけで。

 

もし空売りを入れて下がったのなら、空売りだけを利確して。

現物株はそのまんまにしておけばいいわけですね。

 

 

こうすることで、利確するかどうか迷ったときに。

延命できるというか、考える時間が長くなるように感じます。

 

 

それでも信用取引って不利なわけで。

そんなことをするのなら、現物株を売ったり買ったりすればいいんですけど。

 

 

気持ちの問題なんだと思います。

空売りだったら

「早くどうにかしないと」

って決心がつきますけど。

 

現物株だと売るのは積極的に。

買うのは消極的な感じなので。

あまり売買したくないのかも。

 

 

ただ、そう思ってもやっぱり投資っていうのは

【自分自身に向いている投資法】

っていうのがあるものだと思います。

 

単独の空売りは怖くてできませんけど。

現物株を持っている銘柄への空売りは、危険というより安全が高まるイメージがありますからね…。

 

 

まぁやっていることは、優待クロスと理論は同じなんですけど。

優待クロスはINとOUTが同じなのに対して。

自分はINとOUTがばらばらってことなのかな…。

 

でもばらばらにする必要もなく、INを同時にしてもいいですし。

OUTを同時にしてもいいわけですね。

 

 

信用取引は不利な勝負なのはわかっていますけど。

使い方次第では、保険というかな。

そういうものになりうるってことですね。

 

電化製品の延長保証みたいな感覚で使えばいいのだと思います。

「プラス1000円で、1年延長保証」

こういうのは1000円損をしていますけど。

1年間の安心を得ることができますから。

 

まぁ信用取引っていうのは、そういうものだと思えばいいのかと。

 

 

でも、そう思っても株の基本はやっぱり現物株ですね。

現物株っていうのは恵まれているのに、現物株だけ触っているとそれがわからないのだと思います。

 

逆に今は下げ相場なんて言われていますけど。

安易に空売りに熱心になると、いつか痛い目をみそうな気がして怖いです。