きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は買いと売りのタイミングがすべて!銘柄は大手企業を買えばいい?含み損でナンピンする気がなくなる

なんか上がる株というか、銘柄を知りたい人が多いですけど。

株は買いと売りのタイミングがすべてだと思うんです。

 

f:id:totonototo:20190304001623j:plain

 

たとえばイオン株は、自分が購入したときは2300円ぐらいだったと思いますけど。

 

そこから2700円ぐらいまで上がって。

現在は2000円ぐらいまで下がっています。

 

用は2300円で買って、2700円で売っていればセーフ。

2300円で買って、現在まで持ち続けていれば2000円なわけでアウトなわけですね。

 

 

じゃあイオン株は買うべき株だったのか、それとも買わないべきだったのか。

それは買いと売りのタイミングがすべてなわけで…。

 

株っていうのはそういう物なんだと思います。

ドンキホーテの株は自分は購入して、その日のうちか1日ぐらい持ってすぐに売った気がします。

でも現在はずいぶん上がっています。

 

 

つまりドンキホーテの株とか、持っていればウハウハだったのに。

自分はドンキホーテの株で損をすることができたわけですね。

あ、今はパンパシフィックだっけか。

 

 

 

 

 

 

安いか高いかを見分けろ

 株は買いと売りのタイミングがすべてだとするのなら。

 

安いのか高いのかを考えて。

安いところで購入して、高くなったら売ればいいんです。

 

 

株というのは、買いのタイミングと売りのタイミングはこちらに決定権があります。

なので安くなったと思ったら購入して、高くなるまで待てばいいわけですね。

 

 

株で大事なのは株を買うタイミングだと思います。

底で買うことができれば、どんなタイミングで売ったとしても儲けられます。

なので理想を言えば、底で買うことなんですけど。

そんなのは無理なわけで。

 

 

じゃあ考えるべきことは。

【その株をずっと保持していられる値段で買うこと】

になるかと思います。

 

大事なのは、その企業の株をいくらならずっと保有する気になるのか。

それが株のコツってことになるのかな。

 

だから株の購入のコツは

「その企業が好きだから」

っていうのも大事な点なのかもしれませんね。

 

愛着のない企業の株になると、含み損になったら

「こんなのいらんわ!」

って狼狽売りというか、やけくそになって売りそうですからね…。

 

 

変な話、好きな企業の株でも高く買ったらうんざりすると思うんです。

でもあまり好きでもない企業の株でも、安く買えたのなら、それは魅力的に映ると思うので。

 

やっぱり買いのタイミング…。

これが重要になってくると思います。

 

 

 

 

 

 

株価が下がってのナンピンはきつい

 株価が上がるのか下がるのかは、絶対にわからないです。

そんなのがわかるのなら、全力投資をすればいいわけですから。

 

 

でも、株価を見て

「この値段ならずっと保持していよう!」

と思えるのかどうか、自分の中で決めることはできます。

 

 

変な話、株っていうのは。

自分がどう思うのかがすべてだと思うんです。

 

株価が下がったとしても、本人の中で

「安く買ったぞ!」

と思えば、それを損切りする理由なんてないと思います。

 

 

だから、株の買いのタイミング。

その企業の株はいくらなら納得して保持できるのか。

 

ダメなパターンは

「株価が下がってもナンピン買いすればいいか」

みたいな妥協買いは、やや残念な結果になりそうな気がします。

 

 

それは株価が下がると、その人の中でその株がダメ株に思えるからです。

株を持っていないときは、その企業が魅力的に思えても。

含み損を抱えると、その企業がいまいちに思えます。

 

 

そういう点からも、よくわからない企業…。

名前も聞いたことがない企業はきつい気がします。

 

自分がアメリカ株をあまり買わず、日本株を買っているのも。

そういう愛着の点もあるのかもしれません。

 

 

日本人なので、テレビを見ていれば日本のテレビCMが放送されていて。

テレビ番組のスポンサーも日本の企業です。

 

そういうところで持ち株のものを見れば、うれしくなったりするのかも?

 

f:id:totonototo:20190424234211j:plain

 

でもどんなにその企業に愛着があって。

テレビCMとかばんばんやっていても。

含み損を抱えていると

「このくそ企業が!!」

なんて気持ちになるので。

 

 

やっぱり買値が大事に思います。

株っていうのは含み損が損なのではなく

【買値の金額が損】

だと思ったほうがいいです。

 

 

イオン株でいえば、2300円で購入したのなら23万円損をしているってことです。

2300円で購入した株が2700円になっても、23万円の損。

2300円で購入した株が2000円になっても、23万円の損。

 

 

結局含み益も含み損も売却しなければ関係ないわけで。

株の損の額っていうのは、買値だと思うんですけどね…。

実際買値の分だけお金は減っているわけで…。

 

含み益になっても、含み損になっても。

売らない限り、買値の金額がなくなっているわけで…。

少しでも安く買うことが大事に思えます。

 

 

そう思ったら、株価が上がることをうれしく思う人が多いですけど。

実際は株価が下がって、少しでも株が安く買えることを喜んだほうがいいのかもしれません。

 

そして株価が上がったら売れ!!

そして少しでも安く買うことを目標にすべきなのかと…。

そう思えば、資金管理が大事だって言われるのも納得です。