きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株で失敗しても、後悔してはいけない?メンタルが弱いと落ち込みやすい

なんとなく思うのは。

株で失敗というのは数多くすると思うんです。

 

そもそも株で失敗というのは、含み損になった株すべてがそうだと思うんです。

含み損ではなく塩漬けが当てはまるのかもしれませんけど。

 

f:id:totonototo:20190504013322j:plain

 

ただ株で失敗するのはしょうがないとしても。

株で後悔するのはダメなのかもしれません。

 

 

それは後悔っていうのは、弱いメンタルゆえにでる感情な気がするからです。

含み損がでても、塩漬け株がでても、失敗したと思うのは良くても。

それを後悔するのは、メンタルがやられてしまう気がします。

 

 

逆に言えば、含み損がでたり塩漬け株ができてしまって失敗したと思っても。

後悔をしなければ、それは次につなげられると思います。

 

後悔をするっていうのは、そこから反省などをすればいいのかもしれませんけど。

後悔っていうのは、投資への自信というかな。

そういうのを失ってしまうように感じます。

 

 

 

 

 

強がりではなく納得

 株で後悔をしないというのは、強がりではなく納得な感じというかな…。

 

株を購入して失敗したけど、それに納得するというかな。

そういうメンタルが必要な気がします。

 

もし後悔してしまうと、そこで立ち止まってしまうように感じます。

 

 

これはなんていうか。

たぶん株をはじめたばかりな人は

【他人の株での失敗を求める】

と思うんです。

 

 他人が含み損株を持っていたり、塩漬け株を持っているとうれしくなるかもしれません。

 

でもその人が株を購入したことを後悔していないのなら。

その人を脅威に感じるところはあると思うんです。

 

 

株を購入しても、その株が含み損だったり塩漬け株だったとしても。

その後どうなるのかはわからないです。

 

だから、もし含み損株だったり、塩漬け株になっていたとしても。

その人が後悔していないのなら、その株には希望があるように感じます。

 

 

他人からしたら、そういう株は脅威に感じるというか。

その人にとっては、なにも悪い点がないというかな…。

 

 

だから株を購入して失敗することは多いと思うんです。

でもそれで後悔しなければ、それはなにも悪くないというかな…。

 

人間、普通の買い物でも

「買って失敗したな」

って思うことはあっても、それを後悔せずに次につなげることができたのなら。

それってそこまで悪いことではないと思うんです。

 

 

株で失敗することはしょうがないことだと思います。

でも後悔をするっていうのは、その人次第というかな…。

 

わざわざ後悔をして、自分のメンタルを傷つけなくてもいいと思うんです。

 

 

だから、これは

「後悔するな」

とか、そういう強がりを見せろとかいうわけではなく。

 

失敗しても、後悔をしないメンタルというかな。

素でそういうメンタルを身につけることが大事なんじゃないかと思ったり。

 

 

難しいことだと思うんですけど。

後悔しても、なにもいいことがないですからね…。

 

株での失敗はだれにでもあると思うんです。

でも後悔しなければ、その株には希望があるように感じます。

 

 

 

 

 

損切りしなければ希望がある?

 自分はこのブログで何度も書いていますけど。

もし嫌いな人がいて、その人が含み損株をたくさん持っていたとしても。

 

その人が

「損切りはしない!」

なんて投資法だったら、損をしなそうな気がします。

 

 

用は損切りしなければ、損する可能性は低く感じるんです。

嫌いな人に

「損してほしい!」

って思っても、損切りしなかったら、その株は上がっていく可能性があると思います。

 

 

結局株なんて言うのは、どのように動くのかわからないので。

嫌いな人が持っている株が現在含み損だったとしても。

長期的にみれば、上がって含み益になる可能性もあると思うんです。

 

 

損切りっていうのは、なぜか褒められる行動に思われていますけど。

損切りっていうのは、投資家のメンタルが折れた時にするものだと思っています。

 

 

そういう点でも、投資家は失敗を認めることはしても。

後悔をしてはいけないように感じます。

 

 

株っていうのはお金を使っているから、お遊びでやったらだめだと思うんですが。

株で必要なのは

【お遊び感覚でやるメンタル】

なのかもしれませんね。

 

本気で株をやると、後悔しがちだと思います。

でも、そこまで本気でやっていないのなら、後悔するってことはせずに。

失敗から次につなげるようにするかと思います。

 

 

株っていうのは真面目な人ほど難しいものなのかもしれません。

たしかに真面目な人のほうが、1つ1つの投資先がしっかりしていると思いますが。

含み損になったときメンタルがやられそうです。

 

 

そういうところが経験の重要性なのかもしれません。

やっぱり

「損切りが大事」

っていうのは嘘でしょ。

 

たしかに損切りもしますけど。

損切りは本当にダメになった時にやるだけであって。

損切りが大事なのは確かだと思いますけど

【頻繁な損切りはNG】

だと思うんですよね。

 

 

じゃあ投資の経験でつかむべきものっていうのは。

株を購入して、いちいち後悔しないことな気がします。

 

株の購入で失敗を認めるのはいいと思うんです。

でも後悔していたら、次に悪い影響が残ってしまうような…。

 

 

ま、大損してお金がなくなってしまったのなら後悔するのもしょうがないと思いますが。

それは根本的にダメでしょ。

 

 

だからそう思っても、やっぱり株で大儲けとか無理ですよ。

大儲けは、逆に大損の可能性があって…。

それは後悔をする投資法なわけですから。

 

株で大儲けしたい人は、大損する覚悟を持たないといけないってことですね。

そう思っても、やっぱり株って駄目だわ。

 

 

いくら上がる株を掴んだとしても。

高くなるまで長期で株を保有しているっていうのは、怖いものだと思うんですけどねぇ。

 

むしろ長期で株を保有できる人っていうのは、かなり懐がいい感じな気がします。

 

 

デイトレはやっぱり楽ですよ。

株を持ち越さないわけですから。

楽なゆえに儲からないのだと思います。

 

損切りも楽な行動というか。

逃げの行動だと思うんですけどね。

 

いや、大きな含み損を損切りするのは確かに勇気がいりますけどね。

 

 

株って楽なメンタルのほうに流れてしまうと駄目な気がするんですけど。

どうなんだろ。

 

株って下がって安くなった株を買うっていうのも勇気がいると思うんですけど。

だから悪いイメージが頭をよぎるリスクを乗り越えたところに儲かる可能性があると思うんですが。

 

うーん。

株ってそんなに難しいものでもない気がしますけどねぇ。

 

いくらメンタルが強くても、ダメなときはダメですし。