きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は上がったら売る!上がった時に売る勇気!1単元が高い株ほど早く売るべき?資金拘束がきつい

株は上がったら売るのが正解です。

売った後に上がっていったとしても、上がったときに売ればそれは勝ちなんです。

 

f:id:totonototo:20190512005610j:plain

 

株は長期的に見れば、上がっているものがほとんどです。

 

短期的に売った時より下がったとしても。

長期的に見れば株は上がっていくんです。

 

 

だから

「売った株が上がっていった」

なんて言っていたら、ずっとそんな後悔をすることになるので。

そこらへんは割り切るしかないと思います。

 

うまく言えませんけど。

株で儲かっている人は、買った株を売ることで儲かっていると思うんです。

 

ずっと保持で儲かる額っていうのは限られていると思うので。

株で儲かるためには、上がったら売ることが大事になると思います。

 

 

長期保有で、10倍やら100倍になる株を持っているのなら話は別ですけど。

そういうのは、かなり厳しいと思いますからね…。

ただ2倍ぐらいだったらありえるのかな…。

 

 

まぁそんなことはどうでもよくて。

株って上がったら売るべきなんです。

 

ここができるかできないのかは才能になってくるように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

株を売れるか?

 株を売ることができるか?

 

これは才能になってくると思います。

買うことより勇気がいるような気がしないでもない。

 

これは下がった時に売るっていうのは、できるというか。

危険を感じて売ることなので、売ってすっきりすると思うんです。

 

 

でも株が上がっている状態というのは、気持ちいいんですよ。

保有していて気持ちいい株を、見限って売るわけで。

これは勇気がいることだと思います。

 

 

その気持ちいい状態をぶったぎるわけですから。

普通に考えれば無理です。

 

でも株を買うときは、売るために買う人が多いと思うんです。

少なくとも株を買うときに

「この株はずっと保持していよう」

という覚悟を持って株を買う人は少数だと思います。

 

まぁほんとうは、どんな株もそのぐらいの覚悟を持って買うべきなんでしょうけど。

 

 

株は上がったら売るべきだと思います。

その株がその後どんどん上がっていったとしても。

それはしょうがないことであって。

 

株が上がって売るっていうのは、少なくとも損をしていないというか。

勝ち逃げできる状態になっているわけで…。

 

 

うーん。

うまく言えませんけど。

 

株っていうのは含み損含み益で考えられますけど。

やっぱり自分的には

【買値がすべて】

だと思っています。

 

 

それは1円でも高く買うことで負けであって。

1円でも安く買うことで勝ちっていうかな。

 

株を持っていないと無関係に思えますけど。

株を持っていない人でも、1円でも安く買うこと…。

これが株の損得というか、勝敗につながるというかな。

 

 

含み損や含み益にこだわる人が多いですが。

もっと買値にこだわるべきな気がします。

 

だから、やっぱり株を売った後、その株が上がっていったのなら…。

その株は見限るのがいいと思います。

変な話。

 

 

いや、なんか自分で書いていてちょっとおかしく感じますけど。

上がった株を買うっていうのは違和感がないか?

下がった株をナンピンというのはわかるんですけど。

 

 もちろん、売った後に上方修正や増配がなされて。

売った時より高い値段で買うっていうのなら話はわかりますけど。

 

なにも変わっていない株を、売った株をその後に高い値段で買うっていうのは違和感があるような。

 

 

 

 

 

 

現金を取り戻す

 株を売るっていうのは現金を取り戻す行為だと思うんです。

 

売って得をするとかではなく

【株を売って現金を増やす】

わけですね。

 

 

だから、含み損とか

「売らなければ損じゃない」

なんていう人がいますけど。

 

含み損は損ではないんですよ。

損は買値であって、資金拘束されている時点で損というか負けなわけですね。

 

 

株を売るっていうのは。

株を現金にするわけで、現金を取り戻す行為なわけです。

株を売るっていうのは、現金を増やすわけで。

 

株を売るっていうのは絶対的に正しい行為な気がします。

売った後に、その株が上がっていったとしても。

現金に換えるというのは、絶対的な気がします。

 

 

なら始めから

「現金を株に変えるなよ」

って話になるんですけど。

ここらへんが違和感があります。

 

 

いや、おかしいでしょ。

含み損とか含み益のしくみがちょっとおかしい気がするんですよ。

 

たとえば、含み損があったとしても、その株を一度売って。

次の日に売った値段と同じ値段で買い戻したら、含み損が消えるわけです。

 

昨日は含み損だった株が。

一度売って、次の日買い戻したら含み損が消えた状態で手に入るわけです。

 

 

そう思ったら、やっぱり買値なのでは…。

株っていうのは買値が大事なのであって。

考え方としては、現金と株の総量的な話な気がします。

 

どうしても含み損が気になりますが。

現金と、株を持っている総額の量が重要なのでは…。

 

 

株が上がったら売るっていうのは。

利確とかの話ではなく、現金を取り戻すってことが価値があるような。

 

だから、株を売るのに価値があるのは。

1単元が高い株を売ったほうが価値がないか?

 

逆にいえば1単元が高い株は、横横でホールドしていても損失が大きいというかな。

 

 

 

たとえば任天堂の株は、持っているだけで機会損失が大きくなるというか。

だから上がったらすぐに売ったほうがいいような気が…。

 

あれ?

なんか意味がわからなくなってきたぞ。

 

 

株って1単元が安い株のほうが価値がないか?

逆に1単元が高い株は、資金拘束が大きくなるのできつくなるような…。

 

 

 

あああああああああああああああ!

そうだ!

 

やっぱりそうだわ。

株っていうのは安い株を買うっていうのは。

1単元とか関係ないように感じますけど。

 

 

株は高い株ほど売ったようないいような。

それは資金拘束が大きくなるからです。

んんんんんん?

 

 

いや、そうやって考えると、株の買う選択肢も変わってくるような。

たとえばJTは配当利回り6%ほどありますけど。

1単元が25万ほどします。

 

じゃあもう一方が配当利回り5%だけど。

1単元が10万ぐらいだったら、後者のほうがよくないか?

 

たしかに1年保持していたら、JTのほうが多く配当をもらえますけど。

1単元が10万ぐらいの株なら、JTを買うより15万ほど自由なお金があるわけで。

じゃあ安い株のほうが、動きやすいってところがあるような。

 

 

あれれれれ?

なんかよくわからないけど。

そうじゃないか。

 

 

たしかに1単元が高い株は、上がり方も豪快で短時間で大きく稼げるときもありますが。

その逆もありますよね。

短時間で大きく下げて、含み損がでかくなることも多いので。

 

 

なら、売るべき株というのは

【1単元が高い株】

というか。

1単元が高い株ほど、積極的に売るべきなのでは。

知らんけど。

 

 

あちゃー。

なんか株をやってまだ1年経過していませんけど。

こういうのって、もっと早く気づくべきでした。

 

でもアメリカの株って1単元から買えるわけで…。

そういうのも金額を合わせることができるのが魅力に感じます。

アマゾンとかは1800ドルとかで、1株買うのも18万ぐらいかかりますけど。

 

 

ああああああ。

でも自分は無配株はもう買わないことにしたんです。

 

それは無配株ってなんかさみしいというか。

少額でもいいから、配当って入ってこないと寂しい気がします。

だから自分は積立nisaとかいまいちに感じたわけで…。

 

 

よし!

そう思ったら、今後は

1単元が安い株⇒買う

1単元が高い株⇒売る

こんな感じかな。

 

どうしても1単元だけ持っておきたい株は、高くても100株だけ保持しておくかな。

自分的には20万がラインになると思います。

 

ぶっちゃけ15万でも高いと思っているので。

15万以上の株は今後買値に戻ったら積極的に売っていこうと思います。

まぁ大型株になると100株だけ保持したくなるので。

そういうのはいいとして。

伊藤忠商事とかは100株だけ持っておこうと思います。

 

 

今後はできるだけ1単元が10万以下…。

できれば5万以下で買える株を買っていこうと思います。

 

というか、もう株とかやめたほうがいいんじゃないかな…。

一度すべて現金に変えて、株を見つめなおしたいです。

 

 

とにかく現在は株の量が多すぎるので…。

少し減らしたいところです。

 

買い付け余力が100万ほどしかないので。

株をできれば200万ほど売り払って。

買い付け余力を300万ぐらいにしたいところです。

 

 

もう含み損がでかくなって、売れそうもない株はしょうがないです。

でも、含み益になっている株は積極的に売って余力を増やしたいところなんですが。

 

現在の日本株って、かなり安いところにあるんですよね。

だから今売るのはあほらしいので。

どうにか日本株がもう一度上がってほしいところです。

 

騰落レシオが100ぐらいになったら、一度売るかなぁ。

現在80切っているぐらいかな。

 

 

いやぁ。

ほんとよくわからない。

 

でも株を買うのなら1単元が安い株を買っておきたいです。

JXTGやスカパーあたりは、配当利回り4%を超えているので…。

100株ぐらいなら買っておくか。

どちらもちょくちょく買っては、すぐに売っているので。

 

後は三菱UFJ銀行とか。

500円きってくれんかなぁ。

あまりこだわらず、さっさと買うか…。

 

 

1単元が安い株ってそれだけで価値があるような気がします。

2倍株とか3倍株とかいけそうな気がします。

まぁ勘違いですけど。

 

2倍株3倍株とかは、分割されて何倍にもなっているわけで。

元から安い株って限界がある気がします。

 

むしろ高い株のほうが、上がりっぷりが激しいので。

2倍株とか3倍株とかになったりするのかな。

 

 

そもそも1単元が安い株って、限界があるでしょ。

JXTGもスカパーとかも、限界感じます。

 

 

なんかだらだら長く書きましたけど。

今後もこんな感じかな。

 

いや、だって株がよくわからないんだもん!

ほんと、もうちょっとで1年ぐらいになるので。

株ってさっぱりわからないですね。

 

 

でも今日1単元が高い株は、それだけでリスクがあるっていうのに気づいたので。

JT株のナンピンはやめておきます。

キヤノン株も諦めるしかないか…。

 

いくら高配当でも、20万以上拘束されるっていうのはきついです。

まぁ安い株でも、たくさん買えば結局20万以上拘束されるので

「ダメ株をたくさん買うのなら、JTやキヤノン株を買ったほうがいいのでは?」

っていうのは確かなことだと思うんですけどねぇ。

 

うーん。

むしろそのほうが正しい気がしてきました。

 

安いよくわからない株を買うぐらいなら。

良い株にお金を集中させたほうがいいような。

あー、わからん。