きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は資金管理(現金)が大事だからこそ損切りが重要なのでは?大損とかはまったく別な話

「損切りしないと結果大損する」

これは間違っている気がします。

 

いや、損切りしないと大損するのかどうかなんてわからないでしょ。

だから、損切りしないと大損するから、損切りが大事っていう人は。

ちょっとずれているというか、単に周りと同じことを言っているように感じます。

 

f:id:totonototo:20190517025217j:plain

 

じゃあ、損切りが大事な理由はどこにあるのかというと。

自分は

【資金管理が大事なゆえに、現金を増やすために損切り】

すべきなんじゃないかとつい最近思いました。

 

 

結局株をやるのは現金を増やすためなんですが。

株を持っていないと、株が魅力的に見えますけど。

 

株と現金、どちらが強いのかというと。

文句なしに現金だと思います。

そもそも株は現金を増やすためにやっているわけですから。

 

 

じゃあ損切りする理由というのは

【現金を取り戻すため】

だと思います。

損切りをすることで、株を現金に変えることができます。

これがすべてな気がします。

 

損切りをしないと大損する…。

これはわからないです。

結果どうなるのかなんて、だれにもわからないんですよ。

だから、違和感を感じます。

 

 

でも株を売ることで現金に変えることができるわけで。

それをためらうというか、それができないのがダメなのでは…。

現金がないとどうにもなりませんから。

 

 

 

 

 

最終的に株は売る

 最終的には株は売ることになります。

どんな株でも最終的には売却します。

 

だから、含み損で配当をもらっているのもいいんですが。

最終的にはかならず売ることになるわけで。

それを考えないといけないわけですね。

 

 

株を持ち続けていれば、それは現金は拘束されたままで。

お金がなくなっている状態なわけですから。

現金を取り戻すためには、株を売る必要があるわけですね。

 

 

たしかに株を買ったのなら、高くなった状態で売るというか。

十分な恩恵を感じたら売ればいいわけで。

含み損でも株を持っていていいんです。

むしろ含み損なら株を売らないで、持っているほうがいいと思います。

 

 

ただ含み損株でも含み益株でも、株の状態っていうのはお金が拘束されていますから。

損切りが大事っていうのは、別に含み損だから売れってわけではなく。

 

【株は売るもの】

だというだけな気がします。

 

 

 

 

 

株より現金

 たしかに株も売れば、すぐに現金化できます。

でも、本人が売らなければ株はずっと株のままです。

 

上がっている株でも、下がっている株でも、株は売らないとお金にはならないです。

含み益でも、含み損でも、株は売ることでお金が増えるわけで。

株は売るべきなわけですね。

 

 

損切りが大事なのは大損を避けるためではなく。

現金が大事だからだと思います。

 

もちろん、損切りしないで株を保有し続けるのもいいわけですが。

それは若い人には言えることだと思います。

 

でももし高齢で、株を持っていてもうまみが少ないのなら。

現金にして、いろいろ使ったほうが人生楽しいかもしれません。

 

 

結局現金も使わないと意味がないわけで。

だからこそ株を買ったわけですが。

 

株も売って現金にしないと意味がないわけで。

配当だけでは限界があると思います。

 

たしかにJTとかになると、現在配当利回りが6%ぐらいになっていますけど。

約20年も株を持ち続けるということは、20年間現金を拘束されているっていうのと同じことです。

 

もちろん20年使わないお金っていうのも存在します。

自分は子供のころから貯金をしているので。

ずっと使っていないお金というのも存在しているはずですし。

今すぐお金が必要ってわけでもないです。

 

 

ただ株を買える環境にあるのなら。

現金があれば、好きなだけ株を買えるわけですね。

含み益になっている株だって、売った後にまた買うこともできます。

 

 

株の本質は

  • 売ること
  • 高値掴みをしないこと

この2つなんだと思います。

含み損や含み益は関係なく…。

 

 

少しでも株を安く購入して。

少しでも現金余力を増やすことが大事なわけです。

 

当然最終的には株なんて持っていないほうがいいわけで。

現金100%のほうがいいに決まっています。

 

株を持っていて、配当や議決権とかをもらえますけど。

その額は、株を売って得られるものと比べれば小さなものだと思います。

 

 

ならやっぱり売るべきなんだと思います。

株は売るべきもの!

 

たしかに売らないことでのメリットもありますが。

最終的に株は売らないといけないものであって。

大事なのは現金であるわけで、株って売るべきなんです。

 

 

なんかそれがわからないのは、含み損や含み益。

利確や損切り。

そればかりが注目されるからな気がします。

 

損切りは大損しないためにやるのではなく。

資金を回収するためにやることで。

たしかにそれによって、お金が減ったとしても。

お金が拘束されているよりは、お金は返ってくるわけですね。

 

 

自分的に大事なのは

  • 株の買値
  • 余力

当然株を安く買うことで、高く売れるチャンスが広がります。

安く買うことで、余力にも余裕ができます。

そして株を高く売ることで、余力があがります。

 

 

株は単純で

「安く買って高く売る」

なんて言われていますけど、それは正しいというか。

それをもっとわかりにくく言えば。

 

少しでも現金余力に余裕を持たせるために安く買い。

少しでも現金余力を増やすために高く売る。

大事なのは資金管理だと言われるのはそういうことなんだと思います。

 

 

たしかに現金があれば、チャンスで入ることができるなんて言われていますけど。

それもどうかと思います。

焦って株を購入して、損をしたらどうにもなりませんから。

 

 

株の得は

  • 安く買うこと
  • 高く売ること

これをセットだと考えていいと思います。

 

 

高く売れば、すべての人が満足すると思いますが。

安く買えたのなら、その時点で満足していいはずなんです。

それができるようになれば、株はもっとうまくなりそうです。

 

どうしても株を妥協買いしてしまうので。

そういうのを減らさないといけないですね。

 

株は買わなければ、少なくとも現金は残ったままで。

確かに高く売るチャンスを逃すわけですが。

株を買うっていうのは、それだけでリスクというか。

余力が減ってしまうことを頭に入れておかないといけないですね。

 

 

含み損や損切りが損なのではなく。

株を買った買値が損であって。

それを売らない限りは、損というかお金が減った状態なままですから。

 

少なくとも損切りをすると、損が確定しますけど。

お金は返ってきます。

 

株を持ち続けたままだと、お金は配当しか入ってきません。

でも株を売れば、買値に近い現金が戻ってくるわけですね…。

 

 

どうしてもこのメンタルを身につけることが難しく感じます。

自分に必要なのは、株を買った時点で

「安く買えたぞ」

と喜ぶような気持ちというかな。

それを身につけるべきなんだと思います。

 

 

株は上がるのか下がるのかはわかりませんけど。

少しでも安く買う努力や、株を売って現金化させる自由はこちらにできることですから。

 

 

損切りをしたら、確かにその時点で損が確定しますけど。

その損切りをしたお金をどう活用するのかが大事だってことなんでしょうね。

 

…。

よし!損切りするぞ!!

損切りと利確をたくさんして、現金を増やしたいところです。

 

やっぱ現金が最強なんだわ。

株をやっていると、現金より株のほうが魅力的に思えるのが負けパターンなんだろうなぁ。