きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

空売りできないのは問題ない?現物株だけで十分な理由!株は惑わされる

なんか空売りを最近はヘッジというかな。

現物株を持っている銘柄で、空売りを入れたりしているんですよ。

 

で、空売りをしていて

「あれ?」

って思うことがたびたびあるんです。

 

f:id:totonototo:20190514221838j:plain

 

それは

【空売りってぶっちゃけ必要なくね?】

ってことです。

 

たしかに下がる株に空売りをして。

下がりきったところで買い戻して手じまいすれば儲けられるわけですが。

 

空売りをしなくても、株は上がるのか下がるのかになるのなら。

下がりきったところで、株を買えばいいだけな気がするわけです。

 

 

たしかに長いこと下げ相場が来るのなら、現物株を買うより。

空売りをしたほうが有利だと言えますけど…。

 

根本的に、現物株の保有と、空売りになると。

断然現物株のほうが金利がかからない分、有利なわけですから。

 

 

空売りができなくても

【下がり切ったと思ったところで現物株を買えばいい】

って思うんですけどね。

 

うまい人になると、下がるところで空売りを入れて。

下がりきったところで買い戻し。

そこから現物株を買うっていう、ドテンっていうかな。

そういうことをするのかもしれませんけど。

 

 

根本的に、空売りと現物株なら、断然現物株が有利なわけですから。

空売りができなくても、下がり切ったと思ったところで有利な現物株買いをすればいいだけな気がします。

 

 

 

 

 

安く買えた時に得したと思えない

 なぜ空売りが人気なのかというと

【目に見える】

からだと思います。

 

たとえば、100円の株を空売りして50円になったしたら

「儲かった」

と思うと思います。

これは数字に出るので、儲かったとわかりやすいです。

 

 

じゃあ、100円で買おうと思っていた株を、50円まで下がったところで買えた時は?

これは決して

「儲かった」

とは思わないと思います。

 

50円から、さらに下がったのなら

「損した」

と思うはずです。

 

なので、100円で買おうと思っていた株を50円で買えたとしても。

それはお得だと思えないわけですね。

 

 

でも、実際は100円で買っていたら、含み損が50円分ついていたわけですから。

100円で買おうと思っていた株を、50円で買えたっていうのは。

空売りと同じように、儲かったということになるんですよね。

 

でも、それは数字にはでないわけですから。

空売りのほうが魅力的に思えるのだと思います。

 

 

株っていうのは、ここらへんがどうしても紛らわしいです。

前の記事でも書きましたけど、株で見るべき点は

  • 買値
  • 余力

この2つだと最近思いつつあります。

 

どれだけ株を買っている総額を小さくできるか。

逆にどれだけ余力を増やすことができるか。

この2つの勝負なわけです。

 

 

含み損や含み益、確定益は確定損はあまり気にしなくていいのかもしれません。

でも多くの人は、含み損や含み益、確定益や確定損を気にするので。

空売りっていうのが人気になってくるのだと思います。

 

 

 

 

 

総合的にプラスになればいいは正しい

 よく

「損切りが大事」

だと言っている人が言っている

「総合的にプラスになればいい」

ってことは、絶対的に正しいと思っています。

 

 

自分は

「損切りは大事」

っていうのは、意味不明だと思っていますけど。

 

「総合的にプラスになればいい」

っていうのは、絶対的に正しいと思っています。

 

 

でもこのプラスっていうのは、確定益や含み益を増やせばいいわけではなく。

株の総額を少なくして、株を買う余力を増やす。

ここらへんの話だと思っています。

 

 

なので、株っていうのはどんなに確定益を積み重ねていても。

株を買う余力が増えていないのなら、それはどうかと思うんです。

 

どんなに資産が増えていたとしても。

株を買う余力がまったくなくなってしまったら、身動きが取れないですからね。

 

もちろん、含み益になっている株を売ればいいだけですから。

そうすればいいわけですが。

それができないのなら、株の戦いは続いていると言えます。

 

 

 なので株っていうのは、株を持っているのならまだ戦いは続いているというか。

株を持っている総額が、確定益より少ないのなら勝ちってことになるのかな。

 

たとえば自分は今確定益が10万ぐらいありますけど。

なら、株を買っている総額が10万以下なら、勝ちが確定ってことになるわけですね。

 

 でも、確定益が10万で、株を買っている総額が700万ぐらいなのかな。

そう考えると、690万ほど負けているって表現は悪いですけど。

それと似たような感じだと思わないといけない気がします。

 

 

空売りっていうのは、売りから入るわけですが。

空売りができなくても、1円でも安く買っていれば、株を買っている総額がもっと小さかったと思います。

含み損っていうのは、それを表していると思います。

 

現在含み損が50万ぐらいあるわけで。

【自分は株を50万ほど安く買うチャンスがあった】

ということになるわけですね。

 

株を総額700万円分持っていますけど。

650万ぐらいで買うことができたってことになります。

今現在自分と同じ株を同じ数だけ買えば、650万で買えるってことですね。

 

 

だから、空売りなんてしなくても。

安くなったところで買えば、その時点で得しているはずなんですよ。

でもそれは数字にはでないので、空売りのほうが魅力的に感じるわけですね。

 

でも空売りができなかったとしても。

今自分が持っている株を全部同じものを買ったのなら

【50万も安く買える】

ってことになります。

 

 

もちろん自分はいままで株を持っていることで。

確定益があったり、配当や優待をもらっていますから。

実際は50万まるまるお得というよりも、それより少し少ないぐらいのお得って感じなんですけどね。

でもそういうところが、株は長期がお得ってことだとも思っています。

 

 

でも総合的にプラスになればいいのなら。

今から自分と同じ株をすべて同じ数だけ買えば。

自分よりは10万~20万ぐらいは確実にお得な感じになると思っています。

 

 

 

 

 

 

現物株を買った瞬間に「得した!」と思うメンタル

 空売りができなくても、株を安く買えた時に

「得した!」

と思えれば、空売りは必要ないと思ってます。

 

たしかに安く買えたとしても、そこからさらに下がってしまったら

「損した」

ってなるわけですが。

 

それは空売りできなくても、もっと待って。

さらに安くなったところで買えていれば、同じことだと思います。

 

 

たしかに現在は株は下げ相場なので。

買いよりも、売り…。

いわゆる空売りのほうが、うまくいきやすいのだと思います。

 

でも、現物株と空売りでは。

圧倒的に買いのほうが有利です。

 

 

なら空売りができなくても、下げ切ったと思ったところで。

現物株の買いを入れれば

「安く買えて、お得だった!」

となるわけで。

そのメンタルを持てるのかどうかだと思うんです。

 

 

株っていうのは、どうしても目に見えるものに惑わされることが多いです。

ミスターマーケットの話もそうですけど

【株価が上がったり下がったりしていても、企業は変わっていない】

わけです。

 

それなのに、株価を見て会社を判断する馬鹿がたくさんいるわけですね。

ヤフーファイナンスの掲示板なんかは、まさにそういう人がたくさんいるように感じます。

 

 

まぁ自分もヤフーファイナンスの掲示板をよく見ていたときは。

そういう株価で企業が変わっているように感じたんですけどねぇ。

 

 

企業はなにも変わっていないのなら。

安く買えたのなら、その瞬間に

「得した!」

って思う心が大事なんだと思います。

 

 

でもこれははっきりいって無理な気がします。

おそらく株の上級者でもこれに気づいていない人は多い気がします。

 

結局株っていうのは

【ソロゲー】

であって、自分自身がどうなりたいのか。

どうなれば、うれしいのか。

それがすべてだと思います。

 

 

空売りっていうのは目に見える得なので。

空売りを好む人は、そういう数字が好みな人なんだと思います。

 

自分自身の利益にこだわれる人は。

空売りをしなくても、1円でも安く買えたのなら

「得した」

って思える感じなのかな。

 

当然、INとOUTのタイミングが変わってくるので。

違ってくるところもあるわけですが。

 

空売りという信用取引と。

現物株っていうものでは、現物株のほうが圧倒的に有利です。

 

 

なら空売りをしなくても

「株を安く買えた」

ってなったのなら、それで十分なんだと思います。

 

もちろん、不祥事なんかを起こして

「もうどう考えても上がってこないだろ」

っていう株に対しては、空売りしか手がないように感じます。

いくら下がっても、買いたいとは思わないと思うので…。

 

でも空売りっていうのは、不利な取引になるので。

もう株価が上がってくることもなさそうな株だったとしても。

空売りっていうのは、できるだけ避けたほうがいいものだと思っています。

 

 

空売りで儲けた人は、とにかく声がでかい気がします。

それは空売りというのが不利なゲームなので。

それだけ必死だからだと思っています。

 

それゆえに、ヤフーファイナンスの掲示板なんかは。

見ていると株の根本的なところが見えなくなってしまうように感じます。

 

 

自分は空売りできるわけですが。

空売りっていうのは、本当に株がなんたるかをわかっているのなら必要ないと思います。

 

まぁ優待クロスの点だけで、空売りっていうのは価値があるのかもしれませんね。

でも逆にいえば、優待クロス以外では、あまり空売りって価値がないようにも感じますが…。

優待クロスの価値が大きすぎるのか…。

 

 

でも下がると思った株に空売りをするぐらいなら。

底だと思ったところで買いを入れれば、それで十分な気がします。

 

まだまだ下がると思ったのなら、本当に底だと思ったところまで待てばいいだけで。

個人投資家はその点で有利だといえるのかと…。

 

 

空売りっていうのは、急ぐゲームというかな。

そういうものな気がします。

 

自分のやっている現物株に空売りを入れるヘッジなんていうのも。

実際は現物株を一度売って、安くなったところで買い戻せばそれでいいわけで…。

それができるのなら、空売りなんてやる必要がないんですよ。

 

 

空売りは、まぁ、なんていうの。

メンタル的な安定剤というか。

決断の引き延ばし…。

そういうのなのかもしれませんね。

 

ヘッジを入れなくても、現物株を売って、安くなったところで買い戻せばいいってわかっていても。

空売りでヘッジを入れて

「下がっても儲けることができる」

なんて思ったほうが、メンタル的には余裕がでますからね。

 

でも、実際は現物株を売って。

安くなったところで買い戻すのと、同じことをやっているというかな。

株っていうのは、数字に惑わされますね…。

 

 

自分的には株でこだわるべきは

  • 株の買値を少しでも安く(低く)すること
  • 余力を増やすこと

この2つだと思っています。

 

そう思ったら、損切りもありなのかも。

なんていう気になってきます。