きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株は余力を増やすために損切りをして、余力を戻すことでメンタルを保てる!チャンスは余力がないと無理

現在下げ相場で、株が安くなっています。

安くなっているのに手がでないのは、単純に

【余力が少ないから】

です。

 

f:id:totonototo:20190428015602j:plain

 

もしここで信用取引に手を出せば、当然不利なゲームに飛び込むことになるので。

信用取引での信用買いはやりません。

 

 

下げ相場が来てわかりますけど。

なぜ下げ相場が来ているのに株を買えないのか。

 

あれほどチャンスだとわかっていて、そのチャンスが来ているのに買えないのは。

単純に余力がないからです。

 

 

つまり株は余力がすべて。

余裕資金で株をやるっていうのも、余力がすべてだからです。

 

損切りも余力がすべてだから。

株は余力がすべてなんです。

 

 

余力があれば、チャンスでも買っていけるわけで。

逆にいえば、余力がないならチャンスが来ても

「怖い」

となって株を買うことができないです。

 

 

これは下げ相場が来てわかります。

下げ相場が来る前は

「まぁ大丈夫でしょ」

とか思っていましたけど。

 

下げ相場が来て

「あ、塩漬けになったら詰むんじゃね?」

なんて思ったわけで。

株は余力がすべてだわ。

 

 

 

 

 

 

生き残るではなく、チャンスを待つ

 株というのはチャンスを待つものだと思います。

 

なんかこれは情報が錯そうしているので、あほなんですよ。

買いより売りが難しいっていいますけど。

これは確かなことだと思いますけど。

 

売りより買いのほうが絶対的に大事です。

その買いを中途半端にするから、負けるんですよ。

 

 

たしかに買いより売りのほうが難しいです。

でもそれは買いを軽視しているからであって。

買いがうまければ、その後はどうにかなるんです。

 

 

株なんて、たくさんの銘柄があるわけで。

本当にチャンスが来るまで待っていればいいんです。

 

暴落がきて、すべての株が安くなるか。

なにかのきっかけで1銘柄だけが安くなるのか。

理由はなんでもいいから、チャンスが来たらINをすればいいわけですね。

 

 

もちろん、株価が下がるっていうのはなにか問題があって下がっているわけで。

そこで株を買うっていうのもどうかと思うんですけど…。

 

株が上がるのか下がるのかは絶対にわからないのなら。

株が安くなった時に買うしかないわけで。

そう考えると、余力がないと安くなった時に買う勇気がでないわけで。

 

 

たしかに株を持っていれば、それを損切りすれば余力が増えます。

だから、大損というかな、大きな損切りをしなければ生き残っているともいえるんですけど。

 

資金拘束されている時点で、その現金は使えないわけで。

生き残っているというのは、余力が残っているのかの話になると思います。

だから損切りが大事なんです。

 

逆にいえば、損切りでも、利確でも、どっちでもいいので。

それをしないと資金拘束されているわけで、お金がない状態だと思わないといけないでしょ。

 

 

ここ最近特に思っていますけど。

株なんて言うのは、含み損や損切りしたら損なのではなく。

株の買値が損なんですよ。

 

いや、これ当然でしょ。

もう何度も言っていますけど。

100円で株を買うのと、100円の株が50円になってから買うのでは。

やっぱり違うんですよ。

 

 

だから株で大事なのは

  • 余力を残すために1円でも安く買うこと
  • 余力を増やすために株を売ること

この2つなわけですね。

 

とにかく株は含み損や含み益。

確定益や確定損が注目されていますけど。

そうじゃないんです。

 

 

株を買っている総額と、残りの余力。

この2つだけを注目すればいいんです。

いや、じゃないとおかしいんだって!!

 

 

前もちょっと書きましたけど。

空売りなんてする必要ないんですよ。

 

なぜなら株が安くなってから買えば、ほぼ空売りと同じことをしていることになるので。

買値が安く買えるわけで、空売りなんてしなくても。

株を安くなってから買いを入れれば、空売りと同じ感じになるわけですね。

 

 

もちろん空売りを入れておけば、儲けるスピードが2倍になりますけど。

空売りは100%信用取引になるので、それは不利なゲームなわけですね。

 

 

 

 

 

 

 下げ相場のために余力を残す

 株は安いときに買うのが正しいのであって。

現在のような株が安くなっているときは絶好のチャンスなわけです。

 

で、そのチャンスに株を買うことができないのは。

余力が残り少なくて、買う勇気がでないからです。

 

 

さらに下がっていったら、さらなるチャンスが来るのに。

そのチャンスで株を買うことができないわけですね。

 

 

なので株で大事なことは、チャンスのときに十分な余力があるのかどうかで。

もちろん、そのチャンスが再び来るのかどうかはわからないですが。

個人投資家は時間があるわけで、チャンスが来たら買っても問題ないというか。

そのほうが、確実にうまくいくと思います。

 

 

もちろん、下げ相場がこなければ、その間ずっとチャンスを逃すことになるわけで。

それはいまいちなわけで。

資金管理が大事ってことなんでしょ。

 

 

やっぱり株っていうのは経験が大事ですね。

もし資金のほとんどを株にあてているのなら、下げ相場が来た時に株を買うことができないです。

それはやっぱり悔しいというか、チャンスが来ているのに株を買えないと儲けることが難しいでしょ。

 

 

じゃあどうすればいいのかというと

【まずは余力を増やすために、持ち株を売ること】

自分はここからスタートしないといけないです。

 

もちろん損切りすれば、一気に余力が増えます。

現在含み損が60万ぐらいありますけど。

30万ぐらい損切りすれば、おそらく300万ぐらいの余力は取り戻せるはず。

ただそれでも結構微妙な気がしないでもない。

 

 

うーん。

たぶん3分の1、3分の1、3分の1。

そんな感じでやらないといけないんだと思います。

 

常に保有している株が3分の1。

暴落が来たら買い付ける現金が3分の1。

後はなにかがあったときの現金3分の1。

 

となると、自分は大体1000万ぐらいの資金でやっているとすれば。

常に株をやりとりできるのが333万。

暴落が来た時に買う現金333万。

で、後はフリーな現金333万。

まぁ実際は1000万もないような気がしますけど。

 

こう考えると…。

現在は

常に株のやりとりの株が700万。

暴落が来た時に買える金額が0万。

フリーな現金が300万。

こんな感じなわけで。

 

 

あかん!!!

あほ!!!

無理じゃん!!

 

まずは常に使える株のやりときの700万を半分にしないといかん!!

これを350万ぐらいに減らさないといけないわけで。

えええええええ、無理だ。

 

 

イオンで25万。

フランスベッドで20万。

これはしょうがないと考えて300万の余力を確保しないといけないのか…。

 

無理…。

暴落が来た時に300万も使えるはずないじゃん。

暴落が来たらすごいスピードで落ちていくわけで。

そのチャンスって一瞬なわけで。

そこで300万とか使えなくね…。

 

 

 

いろいろ書きましたけど。

余力って大事だわ。

 

ブロガーとかに、ほとんど現金を持たないで9割近くを投資にあてている人もいますけど。

それは配当で十分な人はそうなんですよ。

そして配当で十分な額をもらえる人は、それでいいと思います。

 

1億ぐらい持っていれば、配当4%で400万ですからね。

でも1000万も株を買う気がない自分にとっては、フルに1000万使っても4%でたった40万ということで…。

 

 

はっきりしました。

配当株投資っていうのは、ほとんど負けない投資法だと思います。

でも儲からないです。

 

そしてチャンスを逃す投資法でもあると思います。

配当をもらうためには、チャンスを待っていたら時間が過ぎてしまいますからね…。

 

 

だから限られたお金しかない人にとっては。

チャンスで大きく買うしかないのかと…。

そのためにお金を残しておかないと。

 

その結果チャンスがこなくて、なかなかお金が増えないかもしれませんけど。

そうするしか増やすことは難しいと思いましたね。

 

 

人によっては、買いと空売りをしてペースを早める人もいるのかもしれませんけど。

空売りはやっぱり不利なゲームですよ。

信用取引という名の借金をしてのやりとりですから。

1日なにもしなくても、金利という名のお金を取られますから。

 

 

そんな感じで、自分はまずは余力を増やします。

余力を増やすためには上げ相場がこないと助からないです。

 

上げ相場が来たのなら、株は安く買えないのでチャンスはまた半年後みたいになると思います。

その半年ぐらい、株を買わず我慢できるのかどうかが勝負なのかと。

 

 

もうとにかく今は余力を増やさないとどうにもならないこと。

そして余力を増やして気が大きくなって、適当な株の買いをしないこと。

ここらへんが大事だと思っています。

 

 

もう駄目だ…。

やっぱり1年目は経験ですね。

 

下げ相場がチャンスだとわかっているのに。

この下げ相場で余力が少なくて

「買うのが怖い」

な感じになって、手も足もでないです。

 

 

お金が余っていると、ついつい株を買いたくなりますけど。

買わなくてもいいんですよ。

 

いやお金があまっていたから、4月5月はタマホームやらサムティあたりを取引して、そこそこプラスを出せたわけですが。

それよりも下げ相場というチャンスで買いをしたほうがいいでしょ。

 

 

うーん。

やっぱり株は経験ですね。

 

12月の暴落を経験して

「安くなったら買うと儲けられる!」

というのが気づいて。

 

現在の6月の下げ相場では

「余力がないと勇気がでなくて買えない」

っていうのに気づいて。

 

 

次はできれば、余力がある状態での下げ相場がくるなんて状況にもってこないと駄目っぽいです。

 

当然下げ相場で買う勇気なんてなかなかでないので。

余力があっても、そんなに買えないと思いますが。

 

ちょっと現在は余力が少ないと怖すぎて…。

積立nisaの金額を100円とか200円とかあげるぐらいしかできないです。

ダメだぁ。

 

 

ただ、5万以下の株ならなんとか手がでる感じなので。

1557とか買おうと思っていますし。

円高なので、アメリカ株にも手を出していこうと思っています。

 

アメリカ株は1株単位で買えるからいいですね。

まぁ10万ぐらいで買っていかないと手数料が高くなってしまうので…。

自分は1回に8万~9万ぐらいで買っているんですけど。

 

 

いろいろ書きましたけど。

自分が言いたかったことは。

1年目は経験。

 

そして他の投資ブログの記事とかはまったく役に立たないってこと。

いや投資ブログにも書いてあったでしょ

「どんなに投資の本を読んでも、実際に投資をしないと無意味」

これは正しかったです。

 

 

投資なんて言うのは、自分にあった投資法があって。

そもそも投資でなにが大事なのかも、本人が気づかないといけないんですよ。

含み損とか含み益とかにこだわっていた自分がアホみたいだわ。

 

大事なのは株を買っている総額。

そして余力。

この2つです。

 

持ち株が含み損だらけでも、余力があるのなら一発逆転ができるんです。

だって、下げ相場で安くなった時に買えば、一気に逆転できるでしょ。

 

多くの人が1000円で買っている株を。

800円ぐらいで買えたら、その時点で200円分得をしているんですよ!!

なんでそれに気づかない!?

なんでそれを指摘している投資ブロガーがまったくいないのか?

ほんと謎だわ。