きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株を買わない勇気!買っていないと関係ないのか?空売りしていなくても下がるとうれしい

株を買わない勇気って必要な気がします。

株が下がったり、好材料が出るたびに買っていたら、現金がなくなってしまうので…。

 

「安い!」

「上がりそう!」

と思っても買わない勇気って必要な気がします。

 

f:id:totonototo:20190512005610j:plain

 

もし買わずに、その株が上がっていったとしても。

他によさそうな株を探せばいいわけで。

上がる株はほかにもあると思いますし。

 

見送った株が10倍や100倍とかになる可能性はほとんどないと思うので。

そんなに後悔することもないような気がします。

 

 

ただ、やっぱり下げ相場がくると、株を買いたくなるので。

まぁ、買ってもいいんですけど。

 

買わなくても、そんなに関係ない気がします。

自分は持ち株たくさんありますから。

買わなくても、ほかにたくさん株を持っているだろって話なわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

空売りしていなくても下がってくれるとうれしい

 株を持っていないと関係ないように感じますけど。

 

株を持っていないのなら、下がってくれると安く買えるわけでうれしいはずです。

 

 

だから、株って持っていなくても下がってくれればうれしいわけで。

自分みたいな初心者は

「買っていないから関係ない」

なんて思いますけど。

 

実際は持っていない株は下がってくれるとうれしいわけで。

どう考えても、持ち株より持っていない株のほうが多いはずなので、下げ相場のほうが喜ぶべきなのかもしれません。

 

 

でもそう思っても、ここ最近自分が特に重視している

  • 買値
  • 余力

この2つが大事だっていうのを痛感します。

 

 

そして空売りっていうのは、まったく無意味なことというか。

スピードを上げる、不利な危険な投資法だというのを感じます…。

 

用は車でスピードを出しまくったら、早く目的地に着きますけど。

危険も伴うってことですよね。

やっぱり株は安全運転ですよ。

 

 

持っていない株は空売りしていなくても、下がったところで買えば安く買えるわけで。

買った瞬間に喜べるようなメンタルを持ちたいです。

そうすればもっと株って楽しくできるはずなんですけどね…。

 

 

どうしても自分みたいな初心者は、株を買ってからがスタートだと考えるからダメなんです。

株を買っていなくても、株をすべて保有していると思うメンタルが必要なわけですね。

 

 

 

 

 

 株を持つのはリスク

 株のリスクの大きさ、それは

【空売り>株の現物保有>株を持っていない状態】

こんな感じだと思います。

 

で、メリットの大きさの点では

【株の現物保有>株を持っていない状態≧空売り】

こんな感じだと思います。

 

なんかこうやってみると、やっぱり空売りっていうのはメリットが少なく。

リスクが大きい投資法だと感じます。

 

そして現物株が一番メリットがあって、リスクもある程度小さいわけで…。

頭のいい人が現物株投資をするのは、利にかなっているのを感じます。

 

 

いや、これを見て

「お前の考えにすぎないだろ」

って思うかもしれませんけど。

このとおりじゃないか?

 

 

空売りがなぜ不利なのかというと、信用取引になるからで。

時間が経過すればするほどお金が取られるわけで。

横横でも金利を取られる分だけ、損をするわけで…。

 

ならやっぱり現物株という、まったく管理費がかからないものが有利な気がします。

もちろん現物株でも、株価が下がってしまうリスクがあるんですけどね。

 

 

現金は、リスクが0ですけど。

メリットもないです。

貯金っていうのが、とてもいいものに思えてきますね…。

 

お金が減ることはないですし、ごくわずかですけどちょっとだけお金ももらえますし。

 

 

そう考えると、やるべきことは

【現物株の購入≧貯金>空売り】

こんな感じになるのかな。

 

うーん、どう考えても空売りって不利に思えます。

もちろん短期でうまくいくのなら、そりゃいいですけど。

そんなことをいえば、現物株の購入だって短期でうまくいけば問題ないわけですし。

 

 

空売りで勝負している人は、おそらく株価の変動ばかり気にしていて。

金利みたいなものを考えていないというか、見て見ぬふりをしているというか。

気づいていないような気がしないでもない。

 

確かに短期なら、少額なわけで。

考えなくてもいいのかもしれませんけど。

どうなんだろ…。

 

 

まぁやりたい人はやればいいと思うんですけど。

不利なゲームに参加したら、勝ち目が薄いような…。

 

そして株をやっていると、底っていうのはなんとなく感じますけど。

天井っていうのは、よくわからないような…。

 

自分が売った株でも

「長期的にみれば、まだ上がるかもな」

なんて思ったりするので…。

 

 

あ、話がずいぶん逸れましたけど。

現物株が有利だったとしても、貯金っていうのも有利なお金の使い方だと思います。

減りませんからね…。

 

そして株を持っていなくても、株が下がってくれればうれしいわけで。

株を買っていなくても無関係なわけではないわけで…。

 

それに気づけるかどうかな気がします。

なんか下げ相場になると、どうしても株を買いたくなりますね。

たぶん余力がたくさんあったら、買っていたわ…。

 

チャンスを逃したのか、それとも助かったのか。

それはわかりませんけど、今だから思いますけど。

たしかに結構な下げっぷりでしたけど、いままでもっと強烈な下げがあったと思いますし、その下げが再び来る可能性は結構あるような。

 

 

だから、やっぱり中途半端な下げで買うよりは。

本格的な下げで購入したほうがいいのかも。

 

問題は中途半端な下げで買いたくなる欲求。

ここを買わない勇気を持ち、大暴落を待てるのかどうかな気がします。

買わない勇気は、チャンスを逃すことでもありますからね。

 

チャンスを逃す結果の数々に耐えれるのかどうかだろうなぁ。