きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

株を1年やって変わったこと!株は魅力的ではない!安くなったら買ってあげてもいいんだからね!!

株をはじめてもうすぐ1年になります。

いろいろありました。

 

f:id:totonototo:20190417002636j:plain

 

1年やって経験を得たわけですが。

この1年で変わったことといえば、株が魅力的なものから、なんか恐ろしいものに変わったことです。

 

 

そりゃそうなんですよ。

株を始める人は、株で儲かると思っているから始めるわけで。

株がキラキラした、魅力的なものに思っているはずです。

 

 

でも株をやって1年。

株なんて、まったく魅力的でもないし。

お金が損しますし。

なんで現在株を持っているのか意味不明で。

 

変な話、株をやっていないと、株をやっている人が

「なんで株を買わないの?」

みたいな感じで煽ってきますけど。

 

株をやっていると、株を持っていない人が

「なんで株なんて買ってるの?ノーポジ最高」

と煽ってくるわけです。

 

 

じゃあなにが悪かったのかというと。

根本的に株をやっていないと、株で儲けられると勘違いしてしまう点だと思います。

だから個人投資家の9割が損をするっていうのは当然だと思います。

 

 

株の初心者は株が魅力的だと思っているからスタートするわけで。

魅力的だと思っている株を高値掴みするわけですね。

 

でも、株を1年やって、株がまったく魅力的に思わなくなったので。

上がっていく株はほとんど掴まなくなりました。

まぁ下がっている株を購入して、落ちるナイフを掴むことはたびたびあるんですけどね…。

 

 

 

 

 

安い高い

 株を始める前は

「優秀なところの企業の株を買えば儲けられる」

なんて思っていましたけど。

そんなのではないんです。

 

株なんて言うのは、どんなに優秀な企業の株でも落ちるときがありますから。

安くなった時に買えばいいんです。

 

逆にいえば、どんなに優秀な企業の株でもずっと上がり続けることは絶対にないっていうのがわかりました。

 

株っていうのは、ジグザグしています。

どんなに優秀な企業の株でも、ジグザグして上がっていったり下がっていったりするわけです。

 

なので、優秀な企業の株が下がってきたときに購入する。

これが株の買い方であって、優秀な企業の株を買うっていうのは、確かに大事なんですけど。

 

優秀な企業の株なら、いつ買っても大丈夫ってわけではないというのを知りました。

 

 

1年ぐらいやると、こういうのがわかってきます。

自分が売った株はほとんど売った時より上がっています。

 

つまり、自分が目をつけた株は間違っていなかったと思いますし。

自分が買った時は、どちらかというと割安だったはずなんです。

 

でも、株はジグザグしていますから。

自分の買値より大きく下がるときもあって

「あれ?高いところで買ってしまったのかな?」

なんてことを思ったりするので…。

 

 

そういうのはよくチャートをみないと駄目ですね。

自分が買ったところが、高いところで買ったのか、それとも安いところで買ったのか…。

自分しか見えていないと、そういうのは見えなくなってしまうと思います。

 

 

株というのはどんなに優秀な企業の株でも下がってくるので。

その下がってきたときに買わないといけません。

もしかしたら、その株が下がってこないかもしれません。

 

そういうときは買わなければいいんです。

別の優秀な企業が下がってくるかもしれませんし。

1つや2つぐらい、下がってくるのを待っていて、下がってこず。

買えなかったとしても、別に悔やむことでもないと思います。

 

 

 

 

 

余力と買値

 そしてもうこのブログでは、ここ最近こればっかり言っていますけど。

 

自分が株を始めた時は

  • 含み損
  • 確定益

こういうのを気にしていました。

でもこんなのは意味がないんです。

 

これは、売り時がいつなのかの判断みたいなものでしかないです。

 

 

株を1年やって株でみるべきところは

  • 買値
  • 余力

この2つだというのに気づきました。

 

 

用は含み損が30%ぐらいになっているとしても。

余力がたくさんあるのなら、その人は余裕だと思います。

 

ただ含み損がたくさんあるっていうのは

【買うタイミングがミスっている】

ということなので、もうちょっと買いを気をつけないといけないってことですね。

 

株は安く買って高く売るとされていますけど。

初心者はどうしても安く買うことができません。

 

 

それが最初のほうに書きましたけど。

初心者は株をはじめたときは、株が魅力的なものだと思っているからだと思います。

 

株が魅力的なものだと思っているから。

株が上がっていくと

「急いで買わないと!」

って気になって、高値掴みをしてしまいます。

 

 

でも、株を1年やってわかりました。

さっきも書きましたけど

【株なんて魅力的でもなんでもない】

です。

むしろ株なんて買わないほうがいいです。

 

 

初心者はそれに気づくことができれば、買値が低いところで購入することができると思います。

 

初心者は株を持ってしまうと、含み損になるとゴミ株に見えますし。

含み益になると、売るのがもったいない魅力的な株に見えます。

だから、株を持ってからいろいろ考えるのは無理です。

 

 

初心者は株を持っていないとき、そのときに力を発揮すべきだと思います。

株を買ってしまうと、走り出したことになるので…。

株を買う前、そこでたっぷり時間をかけて、最高のタイミングで買うべきだと思いました。

 

 

 

 

 

 株を1年やって成長を感じる

 自分は株を1年ほどやって、自分でいうのもなんですけど

【成長している】

っていうのを感じます。

 

それは株をやってこの1年、毎日が頭を抱えるような日々だったからです。

そんな日々でしたから、どうすればいいのか、ずっと考えていました。

 

 

今でも株でうんざりしていたりするわけで。

株について本気で考えたように感じます。

 

 

で、1年で

  • 買値
  • 余力

この2つにたどりつけたのはとても大きかったと思います。

いや、この2つにたどり着いたのはつい最近なんですけどね。

 

 

現在は含み損がでかいので、株の1年目は損を抱えて終えることになりそうです。

確定益やら配当やらもらっていますけど、それ以上に含み損がでかいです。

 

なので、株の1年目は自分は経験の1年だと思いました。

 

 

やっぱり1年目は100万ぐらいで、1単元10万以下の株を買うようにしたほうがいいと思います。

たしかに1単元10万以上の株に魅力的な株がたくさんあるんですけど。

10万円以下の株でも魅力的な株がたくさんあります。

 

最近は10万円以下の株を優先的に購入しています。

 

 

100万の資金で、10万以下の株を買うのなら。

10種類の銘柄を持つことができます。

それだけできれば、経験は十分に積むことができるはずです。

 

ただ、やっぱり1か月に1つ。

そうしたほうがいいと思います。

あ、でも、これは初心者には無理だと思います。

 

 

なぜなら、株を始めたばかりの初心者は、なんども書いていますけど。

株が魅力的に思っているから、たくさん株を買いたくなると思います。

どの株も魅力的に見えてしまうんですよね…。

 

 

そう思ったら、株をはじめて1年は

「株はなにも魅力的ではない」

ってことに気づくための1年なのかもしれません。

それに気づくために1年かかるってことか…。

ダメだぁ。

 

 

でも、今冷静に考えてみると。

自分の持ち株でも、魅力的な株ってなに1つ、ないような気がします。

 

もしすごく大事な人に、すごくおすすめの銘柄を1つあげろと言われても。

100%おすすめできる銘柄なんてありません。

自分が持っている銘柄でも、魅力的な銘柄ってないですからね。

 

持っていない銘柄が相変わらず魅力的に見えるんですよね…。

 

 

だから、まずはそんな感じで

【1年目は株が魅力的ではない】

ってことに気づくのが大事なのかもしれません。

 

逆に考えると、株が魅力的に思っている限りは、株で儲かるっていうのは難しいのかもしれませんね。

 

株を魅力的に思っているというのは、高値掴みする危険が高いですよ。

買ってから後悔するんですよねぇ。

 

 

自分は株を魅力的に語る人は、馬鹿だと思っています。

株にはリスクがあるわけで。

 

自分が優待クロスなんかを紹介している人が嫌いなのも。

なんか紹介の仕方が馬鹿らしいから嫌いなのかも。

 

 

いや、自分も優待クロスをしますけど。

優待クロスとか、そんなに魅力的でもないだろ。

思考0なところだけはいいですけど。

 

自分は優待クロスの手数料とかも損だと思うので。

優待クロスしないで

「現物株を1日だけ持ったほうがいいんじゃないの?」

とかも思うんですけど。

 

優待クロス厨は優待クロスが絶対正義な感じで語っているから謎です。

まぁ優待クロスで満足しているのか、満足していますよアピールをしたいのかわかりませんけど。

 

 

でも株は魅力的ではないですし。

優待クロスとかも、魅力的には思えないですね。

 

まぁなら

「やめろよ」

って言われそうですけど。

なんかそういうのは、ゲーム民的な感じがするので勘弁してほしいです。

 

 

なんかゲームとかで、文句を垂れると

「文句があるのなら、やめればいいじゃん」

って言ってくる人いますよね。

 

というか人生とかでも、人生をぶーぶー文句を言うと

「じゃあ、この世から消えればいいじゃん」

とか、そういう人がいるじゃん!!

勘弁して!!

 

 

あほなの!?

「パンがなければ、食べなければいいじゃない」

みたいな感じは勘弁して!!

そういう人に限ってドヤ顔で言ってくるんですよね…。

なんかいかにも、すごいこと言ってやったみたいな感じで。

 

 

話が逸れましたけど。

株を1年やって経験っていうのは絶対に必要だと思いました。

 

それは株ブログのほとんどがポンコツというか。

楽天証券のおっさんの記事を全部抹消したいわ。

ああいうの見たら、100%遠回りでしょ。

 

後は、ヤフーファイナンスの掲示板ね。

あれも、負け一直線です。

だって、あれば叫ぶことができない空売り厨のたまり場だし。

 

用はオオカミの群れに、羊が顔を出しているようなもので…。

そんなの気分悪くなるに決まっているでしょ。

 

 

ただ、一部の人間は有用な情報を流しているので。

それは助かりました。

 

なんとなく多くの人に評価されている人より。

一部で評価されている人のほうが、正しいような気がしますけどね…。

 

 

この1年で、そういう

「ここは見る価値があるな」

ってブログが見つかったり、存在していたことが大きかったかもしれません。

 

 

もし楽天証券のおっさんどもの記事とか。

ヤフーファイナンスの掲示板とかしかから情報を得られなかったら。

もうたぶん株とかやめているわ。

 

ヤフーファイナンスの掲示板の空売り厨はしょうがないとして。

楽天証券のおっさんの記事は、どうにかしてほしいわ。

まじで負けに誘導されるからな!