きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

損を取り戻したら、いますぐ株をやめるのか?個人投資家の9割は損をしているのでは?

「個人投資家の9割は損をしている」

そんなことが言われていて。

 

実際自分も株で大きな含み損を抱えています。

 

f:id:totonototo:20190622163815p:plain

 

今、すべて手じまいをすれば損をして株を終えることになります。

個人投資家の9割は損をしているっていうのは、正しいと思ってます。

 

これが2年3年とやっていけば、おそらくプラスになってくるはずです。

含み損株でも配当がでますから。

その配当を考えると、いつかはプラスに転換するはずです。

 

 

それでも個人投資家の9割は損をしているというのは。

おそらくそこまで気長に投資ができないのだと思います。

 

そして自分もそれは正しいというか。

その気持ちがわかるように感じます。

 

 

個人投資家の9割が損をしているというのは、ちょっと大げさだと思います。

でも、株を続けている人が儲かっていて。

株を損をした人は、おそらくやめていると思います。

 

逆に株で儲かっているのに、株をやめるって人はいない気がします。

 

 

儲かっているとやめれず。

損をすることでやめる決心がでてくるのかと。

そう思えば、個人投資家の9割が損をしているっていうのは正しい気がしますし。

 

株を続ければ、続けるほど、余力の点で苦しくなってくるのを感じます。

 

 

 

 

 

もし株が損をして当然ならやめるか?

 株が損をして当然の場なら、株をやめるのか?

これはぶっちゃけ

【やめる】

と思います。

 

個人投資家の9割が損をしていると言われているのに。

株をやりはじめたり、株を続けたりする人がいるのは、株に対して

「正しくやれば儲かる」

と思っているところがあるからな気がします。

 

 

でもパチンコや競馬といったものは、やる前から

「無理でしょ」

と思って、やろうとも思わない人はたくさんいるはずです。

 

だから、株も

「損をして当然」

と、本人が本気で思っているのなら、株をやめると思うんです。

 

 

株で儲かることができると感じるのは、実際に儲けている人がいたり。

株は投資であって、ギャンブルとは違うと思われているからかと。

 

 

個人投資家の9割は損をすると言われている投資。

でもそれでいけると思ったりするのは違和感があります。

 

だから、まず目指すは

【損得0】

この状態に戻すことなのでは?

 

 

だからそう思ったら、やっぱり持っている株を売ることを優先すべきな気がします。

ポジションが減れば含み損も減るはずなので…。

ある程度利確や配当をもらった自分は、ポジションを減らすことで、株でも勝ちが見えてくるように感じます。

 

 

 

 

 

 

損を取り戻したらやめる

 「損を取り戻したらやめる」

その感情は、損が出ている人なら考えると思うんです。

そして自分もそう考えました。

 

でも今では

「株で儲けていきたい」

なんて欲まででているから、これがダメなのでは?

 

 

今ではもう損はつくらないように、株の買いには慎重になっています。

これは正しいというか、今後もずっとこんな感じでいくべきなんだと思います。

 

 

自分がよくわからないのは。

もし自分が損を取り戻す…。

株をすべて売却したらプラスになる状態で終えるときがきたとき

【すっぱり株をやめることができるのか?】

ということです。

 

これは間違いなく無理な気がします。

株でプラスマイナス0になったのなら、ここからはプラスにしてやろうと思うでしょ

 

 

で、株でもし儲けが増えていったら

「こんなおいしいものはない」

って感じで、株を続けると思います。

 

 

株は別に終わらせる必要はないのかもしれませんけど。

株で損をして

「損を取り戻したらやめよう」

って感情は、損がなくなったときには消えている気がします。

やめれないでしょ。

 

 

でも、それに気づけた分だけ、自分はここから手じまいに向かおうかと思っています。

なんどか

「損をとり戻したらやめよう」

なんて思ったわけですから。

 

 

人間って不思議なものです。

個人投資家の9割が損をしていると言われても

「儲けられるでしょ」

と思っていて、投資ブロガーなんかを見ては

「株で儲かる」

なんて思って、株をはじめる人は多いと思いkます。

 

 

 

 なんか同じことをなんども言っているだけな気がしますけど。

株の考えも、毎回いったりきたりな気がします。

 

損を取り戻したらやめれるのか?

やめれないだろうなぁ~。

 

 

 

 ただ、なんとなく思うんですが。

一度0にする必要っていうのはある気がします。

 

そうしないと、余力がどんどんなくなるので。

一度株を売らないと

「なんでこんな株もっていたんだろ?」

なんて株もわからない気がします。

 

株を持っていると、その株が高値掴みだったのか、安値で買ったのか。

それがわからないと思うんです。

 

 

だから、初心者ほど、一度株を全部売って。

いままでの経験を得た状態からスタートするっていうのは大事というか、必須な気が。

 

ゲームにはリセットボタンがあるからいいですけど。

株は自分の過去のミスを、今現在の自分がカバーしないといけないわけで。

含み損というのは、そのミスの数々だと思います。

 

 

そう思ったら、やっぱり上げ相場は株の売りだな!

経験を得たまま、また株をスタートすればいいわけで。

「損を取り戻してやめたい!」

っていう考えは悪くないのかもしれません。

 

その考えではやめることになりますけど。

「損を取り戻して、ポジションも0になってやめようと思ったけど、ここから再スタートだ!」

ってことにすればいいのでは…。

そこからもまた経験ってことか。

 

 

なにが言いたかったのかというと

「損を取り戻してやめたい!」

って考えは悪くないと思うんです。

 

ポジションが0になったところで

「やっぱりまた株をやりたい!」

って思ってもいいわけですから。

 

 

そう考えると自分の目標は

「損を取り戻して株をやめる」

これになるのかな。

 

株を持たなくなって、そこで

「もう一度株をやろう!」

って思うのか

「よし、株をやめるぞ!」

ってなるのかは自由だと思います。

 

 

これも他人にあーだこーだ言われる必要はないと思うんです。

「おまえ、株をやめるって言ったじゃん」

とか、言われる筋合いはないと思うんです。

 

少なくとも損を取り戻してやめたというのなら。

もう一度株をはじめても、なにも文句を言われないはずです。

 

これが莫大な損を出して、また再スタートするのなら

「頼むからやめてくれ」

って言われるのかもしれませんけど。

 

損を取り戻してからやめたのなら。

その後再び株をスタートするのも自由でしょ。

 

だから、やっぱり株を売るわー。

安くなったら株も買いますけど。

ここからは、現物株を売ることに集中していきます。

 

うーん、この記事書いていてとにかく眠かった。

また同じことを何度も書いていた気がするな。

 

眠くて眠くて、頭が変になりそうだったんですけど。

でもだからこそ、正しいことというか。

本質を突いた気がします。

 

そうですよね。

「損を取り戻して株をやめる!」

でやめた後に

「やっぱりもう一回やってみる!」

でもいいんですから。

 

「損を取り戻して株をやめる」

って発言に、責任というか、それが絶対だと思う必要はないはずなんです。

 

ポジションを0にしてやめる準備ができたとしても

「やっぱり株をやります!」

っていうどんでん返しもありなのが、株でしょ!

これが個人戦のいいところですよね。