きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

【俺的株の格言】くそ株でも上がる

株をやって気づいた自分的株の格言を書いてみます。

 

今回は

【くそ株でも上がる】

です。

 

f:id:totonototo:20190417002636j:plain

 

まんまなんですけど。

くそ株でも株価は上がるんです。

 

業績が赤字でも株価はジグザグしていて、上がるときがあるんです。

 

 

だから良い企業の株でも下がるときもありますし。

悪い企業の株でも上がるときがあります。

 

自分は悪い企業の株を持っていたんですけど、株価が上がっていたので

「この企業は期待できる!」

と思っていたんですよね。

 

でも、くそ株ですから。

当然、決算で結果がでなければどこかで暴落が来ます。

 

だから、くそ株でも上がるわけで、株価が上がると

「この株は期待できる!」

なんて思ったりするんですが、ちゃんと決算とかを見て危険を感じたら逃げるのがいいと思います。

 

 

やっぱり減益を出しているところから、急に増益を出すのは難しいですし。

通期予想とかけ離れた決算だったのなら、下方修正でる可能性が高いと思ったほうがいいです。

 

 

 

 

 

良い株でも下がる

 くそ株でも上がるっていうのは、逆にいえば

【良い株でも下がる】

ってことでもあります。

 

株価が下がると

「この企業ダメなんじゃね?」

と思いますが、良い企業は最終的には値が戻ってきます。

 

 

だから下がってくると、安く買えなかったことを後悔しますけど。

配当をもらって、値が戻って、含み益になるのを待っていればいいんです。

 

 

なので株価が下がると

「この株ダメじゃね?」

と思って損切りしたくなりますけど。

我慢我慢で待っていれば、どうにかなる可能性は高いと思います。

 

 

まぁ良い企業と悪い企業がわかっているのなら苦労はないんですが。

株価が上がっているから良い企業。

株価が下がっているから悪い企業。

こういうわけではないってことですね。

 

株価というのは、ダメ株でも上がりますし。

良い株でも下がったりするわけです。

 

株価というのはジグザグしているので、ずっと上がりっぱなし。

ずっと下がりっぱなし。

こういうのはありえないってことです。

 

 

だから

「上がる株を教えてくれ」

なんて言われても、ずっと上がり続ける株なんてないんです。

 

日によっては下げるときもあるわけで。

そこで自分みたいに狼狽していたら、良い株も売ってしまうってことですね。

 

 

 

 

 

 タイミングがすべて

 くそ株でも上がるっていうのは、逆に考えれば

「良い株でも下がる」

と言えるんですが。

もう1つ言えることがあります。

 

それは

【株はタイミングがすべて】

ってことです。

 

 

くそ株でも株価が上がったり、良い株でも株価が下がったりするのなら。

そのタイミングによっては、くそ株でも儲かることができますし。

良い株でも損をすることができるってことです。

 

つまり株というのは、タイミングさえあえばどんな株でも儲けられるってことです。

 

 

よく

「下げ相場なら空売りをすればいい」

なんて言いますけど。

 

空売りなんて必要ないんです。

「ここまで下げたのなら、そろそろ上がるだろ」

ってところで、買いを入れればいいだけですから。

 

 

空売りは信用取引という借金での取引になるので、その取引は現物買いと比べれば不利です。

借金すれば、日にちがたてばたつほどお金を取られますから…。

 

 

くそ株でも上がるっていうのは、タイミングがすべて。

そしてタイミングがすべてっていうのは、どんなに下げ相場でも、株価が上がる瞬間があるってことでもあります。

 

だから

「下げ相場には空売り」

っていうのは、自分は違和感があります。

 

 

下げ相場なら、下がりきったところで買いを入れればいいんです。

現物買いなら、株を持っていても手数料はかかりませんから。

むしろ持っていれば配当やら優待が入ってきますから。

長期で勝負することができます。

 

良い株なら下がったとしても、いずれは戻ってきますから。

そういう点でも、空売りするより現物買いのほうが有利だと自分は思っています。

もちろん儲けのスピードは落ちますけど、損する可能性は小さくなります。

 

 

くそ株でも上がるっていうのは、ほかにも

「くそ株でもあげているんだから、持ち株は大丈夫だろ」

っていう精神的安定にもなります。

 

個人投資家は、購入した銘柄より、購入していない銘柄のほうが絶対に多いはずです。

購入した銘柄は自分が

「これは良い株だ!」

と思って購入したはずです。

 

一方の購入していない株は

「こんなの魅力がない!」

と思って、買っていないはずなんです。

 

でもそういう購入していない株を見ていても、それらの株がどんどん上がったりしていると思います。

なら自分自身が

「この株は買い!」

だと思った株だって、いずれは上がると思えばいいんです。

 

 

どうしても人間は、自分が買った株が残念に見えて。

自分が購入していない株が魅力的に見えますけど。

 

株なんて言うのは

【くそ株でも上がる】

わけですから。

 

 

もし自分自身が持っている株が

「なんだこのゴミ株!」

と思っていても、くそ株でも上がることがあるわけですから。

チャンスは残っていると思います。

 

まぁ正真正銘のゴミ株だったら、さっさと損切りしたほうがいいんでしょうけどね…。