きんとうし~株で大損するの?~

乳酸菌や投資など日々徒然!これまでの含み損の最高額は60万

【投資】売買しない参加方法!ポジションとらないのは空売りしているのと同じ

一時期は800万ぐらい株を買っていたんです。

まぁ、それは別にそのぐらいポジションを増やしたかったというより

「これは安い」

「あれも安い」

なんて感じで買っていたら、800万ぐらい株を買っていたんです。

 

それが上げ相場が来たことで、現在は600万ぐらいかな。

600万以下になっています。

 

用は一時期は800万ぐらい株を買っていたのに。

上げ相場で200万以上の株を売り払ったということになります。

 

f:id:totonototo:20190929153842j:plain

 

まぁほとんど早売りになっちゃったんですけどね…。

売らなかったら、いまごろもっとウハウハでした。

 

 

最近は

「上げ相場すぎるだろ」

っていうことで、株を買うことはしていません。

 

でも、下げ相場が来ず。

いまだに上げ相場ということで、持ち株を少しずつ減らしています。

昨日も2銘柄を売却して、さらに現金が増えました。

 

 

こうやって株を減らすと

「投資をしていない」

って思うと思います。

いや、そうですよね。

 

 

「私はなにも株を持っていません」

っていう人は、投資をしていないことと同じに感じます。

 

でもこれは違うと思うんです。

「私はなにも株を持っていません」

という人でも、この後に

「安くなったら買うつもりです」

っていうのなら、それは株を持っていない状態でも、投資はしていると思うんです。

 

そしてこの状態が強い状態であり。

この状態になるためには、投資への経験が必要な気がします。

 

 

 

 

 

 

投資をしていないときは、とにかく株がほしい

 自分が投資をはじめたときは、とにかくなにか株がほしかったです。

 

それは株を買うことで、その銘柄が上がると思っているからであって。

変な話、株を買うことで投資に参加していると思うわけです。

 

株をやったことがない人は、株を持っていないと株に参加していると思えないわけですね。

株を買うことで

「投資をしている」

と思えるわけです。

 

 

でも、なにも株を持っていないのなら。

暴落が来たら、株を買えばいいだけで。

 

たしかに暴落がこないのなら、いつまでも株を買えないわけですが。

もし暴落が来たのなら、買っていた株は含み損株となって、含み損でメンタルがやられてしまうはずです。

 

 

個人投資家が勝てないのは、こういうところもあると思うんです。

安いところで買えばいいのに、株をやっていない人にとっては

「なんでもいいから株がほしい」

って思うというか。

 

 

自分は株をやったことがないときは

「あの銘柄を買おう!」

な感じで、買う銘柄ばかり考えていました。

 

で、自分ははじめは楽天を勢いで買ったんですけど。

それは置いといて、自分はアサヒの株を買おうと思っていました。

アサヒビールですね。

 

f:id:totonototo:20190424234211j:plain

 

 で、ちょうど株が安くなった時が来て、株を買ったんですが。

見事に落ちるナイフを掴んでしまって、アサヒ株でいきなり2万円ぐらいの損切りをしました。

 

当時は損切りが大事なんて言う人のことを信じていましたから。

含み損がでたら、損切りしたわけですね。

 

 

こうやって書くと

「馬鹿だなぁ」

って思います。

 

でも、はじめて株をやっているときは、大真面目なんですよ。

安いときに買えばいいってことはわかっていても、なかなか我慢ができないわけというか。

 

そのとき購入したときも

「安いところで買ったぞ」

と思っていても、暴落中の落ちるナイフを掴んだわけですから、さらにどんどん株価が落ちていくわけです。

 

 

初心者にはそんなことはわからないんですよ。

株価が下がって、お手頃な値段のところまで落ちてきたら

「チャンス!買おう!」

な感じで、落ちるナイフを掴んでしまうわけですね。

 

今では、そんな暴落がきているときに落ちるナイフを掴むことはほとんどしなくなりました。

そもそもアサヒなんて1単元50万ぐらいする銘柄なんで。

そんな株に手を出すことは、今後はほとんどないと思います。

 

 

でも初心者ゆえに、そういう売買をしてしまったわけですね。

 

 

 

 

 

株を持っていない銘柄は空売り中だと思えばいい

 自分は空売りっていうのは、しなくていいと思っています。

 

株価が下がれば儲かるのが空売りですけど。

空売りしなくても、株を持っていない状態なら、安くなったところで買いをいれればいいわけですね。

 

もちろん、その後その株が上がっていくのかはわかりません。

さらにどんどん下がるかもしれないので。

それなら、空売りのほうが魅力的だと思う人もいると思います。

 

 

でも、株なんて言うのは底で買えば、そこから株価は上がっていくので。

別に空売りしていなくても、その銘柄の株が安くなっているのなら、安く買うことができるので、こちらにはメリットがあるわけですね。

 

だから、ノーポジはほとんど空売りしているのと似たような感覚だと思っています。

空売りをしている人は、株価が下がったら嬉しくなると思います。

ノーポジの人も、株価が下がってもこちらにはなにも影響がないですよね。

むしろ安く買えるのでうれしくなると思います。

 

 

だからポジションをとらないっていうのは、空売りしているのと似たようなものだと思っています。

そして現物買いと、信用取引をしないといけない空売りなら。

手数料の点で、現物買いのほうが有利なのは当然なわけで。

そういうところの感覚は大事だと思います。

 

 

ヤフーファイナンスのキッズみたいな人を見ると。

どうしても株価が下がるときに空売りすることで儲かるみたいなことを言っていますけど。

実際空売りっていうのは、ほとんど不必要な手法だと思うんです。

スピードを早める手法でしかない。

でもそれは不利な戦いなわけですよね。

 

 

現物株を持っている人、そして売買をしないで安くなるのを待っている人。

そういう人は、有利な立場にあると思います。

 

それは現物株なら、いくら長時間で保有していても、管理費とかはかからないですからね。

株を持っていることで、命を失ったら、遺族にいろいろ連絡がいってめんどくさいところがデメリットかもしれませんけど。

 

 

ポジションをとらないっていうスタンスも、これも有利な状態だと思います。

株が安くなるを待つことができ、それは決してお金がかかるわけではないですから。

 

だから、なんかいろいろおかしい気がするんです。

「ポジポジ病だから株を買ってしまう」

って感じのことを言われますけど。

 

株を買っていなくても、保有していない銘柄が下がったら嬉しくなると思うんです。

株をやった経験があるのなら、その感覚は持っているはz。

 

 

だから経験者はそういう

【株を持っていないけど、投資に参加している】

って状態になれるところが強みだと思います。

 

うまくポジションを調整して、常にこういう状態であるのが理想なのかもしれませんね。

株を持っていて、上げ相場でもうれしく。

株をある程度売って現金を持っていて、下げ相場でもうれしい。

 

 

でも、基本これは無理な気がします。

個人投資家というか、自分もそうですけど凡人ですから。

株を持っていたら、とにかく株価が上がってほしいと思うものかと。

 

そういうところが、株にはメンタルが大事と言われていて。

初心者には、そのメンタルを持てないからこそ負けてしまう理由なんじゃないかと思ったりします。

 

 

今の自分に必要なものも。

そのポジションをもうちょっと減らして

「株を持っていないけど、投資には参加しているぞ」

って感じなんだと思います。

 

 

うーん、なんかいまいちな記事になりましたけど。

株っていうのは、売買しなくていいのかもしれませんね。

 

少なくとも売買するのは、ほんとうに下げたとき(買い)と、本当に大きく上げた時(売却)。

現在はどう考えても、大きく上げているわけで、株を売って。

もし株がすべてなくなっても、そこで投資は終わりではなく。

その状態が有利な投資の状態なのかもしれません。

 

 

変な話、投資をしていない人は、すごく有利な状態にあると思うんです。

でも、投資をスタートした瞬間から、株保有者になるわけで、すごく有利な状態が終わったところから、初心者は投資がスタートするっていうかな。

 

そういうところが個人投資家が負けてしまう理由なのかもしれません。

まぁ投資をしていない人が

「株を持っていないけど、いつでも株を買える状態で待っている」

とか言っていたら、ちょっとおっかないでしょ。

 

株の初心者は、株をはじめるのはなんでもない日だと思うので。

いきなり株が大きく下げたところから

「よし、今日から投資をスタートするぞ」

な感じでスタートする人は、もうメンタルが上級者のメンタルな気がします。